最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 1141 サイン会について考える | トップページ | 1143屋形船 »

2012年10月25日 (木)

1142 キンドルのアプリを携帯に入れてみました

キンドル、いよいよ日本上陸、なんですね。
電子書籍を読む道具としてはキンドルが本命視されてましたし、
私もずっと気になってました。
たぶん、買います。
(むしろ、4種類あるデバイスの、どれを買うかで悩みそう…)

デバイスは、来月から12月にかけて発売、ということらしいんですが、
すでに「キンドルストア」はアマゾンのサイト内にできてますね。
デバイスがないからまだ読めないんじゃないの?
と思っていたのですが、
スマートフォンなどで読むことができるんですね。

というわけで、
iphone用のアプリを、自分の携帯にダウンロードしました。
これ、昨夜というか夜中というか、
午前1時ごろはまだできなかったんですけどね。

そして、何冊かダウンロードしてみることに。
青空文庫経由なんでしょうか、
無料のものも結構あるんですね。
そういうわけで、タダで読める「ごんぎつね」と「蟹工船」を。

それから、有料版でも、最初の方は無料サンプルが読めるらしいので、
『テルマエ・ロマエ』や『清州会議』の冒頭をダウンロード。
キンドルストアで扱っている本は、
すべてサンプルが読めるかのような表示になってますが、
どうしてもダウンロードできない本もあるようで、
たぶん、すべての本で無料サンプルが読める、わけではないようです。

ダウンロードした電子書籍の読みやすさは、
これまで何冊か読んでみたiphoneの電子書籍と同じ感じで、
特に読みやすくも、読みにくくもないのですが、
まあ、これはiphoneだから当然でしょうね。
専用のデバイスで読むと印象が変わるのではないか、と思います。

というわけで、読みやすさはわかりませんが、
とにかく買いやすいですね。
アマゾンで本を買ったことのある人にとっては、
ストレスをほとんど感じることなく、
注文してダウンロードして、読む、
という一連の流れを体験できるのではないか、と。

本の定価のところを見ると、
紙の本よりいくら安くなっているかが表示されていて、
「お得!」と思ってしまいます。
キンドルで扱っている本は、
全点、紙の本より安くなるのかしら…。

今のところは、紙の本と電子書籍、別のサイトになってますが、
今でも、マーケットプレイス(中古)と新品が同じサイトに載っているわけですから、
そのうち、電子書籍も同じサイトに載るのではないかなあ、
と思います。

つまり、全く同じ銘柄に対して、
紙の新品、紙の中古、電子書籍の3つの選択肢がある。
そういう状況。

こうやって、電子書籍がじわじわと増えていくんだろうなあ。
でも、そうなったときに、街の書店さんはどうなるのだろう…。

【本日のアマゾン】
・『落語の国からのぞいてみれば』ランクイン。あれ。なぜだろう。
・『世界は言葉でできている Book Edition』売れてるなあ。

« 1141 サイン会について考える | トップページ | 1143屋形船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47586700

この記事へのトラックバック一覧です: 1142 キンドルのアプリを携帯に入れてみました:

« 1141 サイン会について考える | トップページ | 1143屋形船 »