最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1170 日帰り出張でした | トップページ | 1172 こんな小冊子を作ってみたい »

2012年11月24日 (土)

1171 読者の使用イメージを喚起する写真

1353765657780.jpg
業界紙「新文化」の最新号に、
雑誌「モノマックス」の快進撃の記事が載っています。

今年の9月発売号で、36ヶ月連続販売部数アップを記録しているんだそうです。
いまの編集長になってから、躍進しているとのこと。

もっとも、私は書籍の編集しかしたことがなく、
最初は軽い気持ちで読んでいたのですが、
印象的な話が2つ、ありました。
書籍にも使えるんじゃないか、と思ったわけでして。

まず、雑誌に載せる商品の見せ方。
写真を変えたらしいのです。

財布を紹介する場合は、
カードやお金が入っているカットを必ず掲載する。
帽子を紹介する場合は、モデルが着用して撮影。
つまり、読者が、実際に自分が使っているシーンを想像できるような写真、
を使う、ということです。

なぜそうするのか、と言う理由も詳しく書かれていますが、
長くなるのでカットします。

また、こういう写真の撮り方って、
女性雑誌では普通に行なわれていることのように、
以前聞いた記憶がありますが、
それはともかく、
読者が、「自分が使っているシーンを想像できるように」
というのは、書籍にも応用できそうです。

著者の考え方やノウハウを読者が応用する場合に、
どんな感じになるのか、具体的に説明する。

あるいは、料理の本や英語の本だったら、
写真の中に人物を配置して、
読者の使用イメージを喚起する。

こういう小さな工夫が必要なのではないか、と。

それから、ふたつめ。

新編集長は就任の際に、
「部数が伸び悩んでいるんだから、今まで同じことをやっていてはダメ」
と思ったそうです。

また、会議でも、
「これまでのやり方を踏襲する必要はない」
と言われたのだそうです。

それで、紙面の刷新を行なうわけですが、
売れ行きが伸び悩んでいる時は、
これまでのやり方を全面的に見直す必要もあるのではないか、と思うのです。

私の場合で言えば、
企画会議やタイトル会議、これらをこれまでどおりでやっていていいのか。
と言う疑問につながるわけで。

もちろん、会議と言うくらいで、
私一人の思い付きでは急激な変化は難しいですが、
いままでと同じでいいのかという疑いの気持ちは、
持っていたいと思います。

【本日のアマゾン】
・『武器としての決断思考』ランクイン。何かあったのかな。

« 1170 日帰り出張でした | トップページ | 1172 こんな小冊子を作ってみたい »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47966270

この記事へのトラックバック一覧です: 1171 読者の使用イメージを喚起する写真:

« 1170 日帰り出張でした | トップページ | 1172 こんな小冊子を作ってみたい »