最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1205 この著者さん、どうやって知ったんですか | トップページ | 1207 大晦日に思うこと »

2012年12月30日 (日)

1206 年齢的に仕方ないかも…

先日、会社の同僚と晩ご飯を食べに行きまして、
そのときに思ったネタを昨日、書きましたが、
もうひとつ、思ったことがありまして。

私は同僚、特に年下の人たちと会食する際に、
ついつい偉そうな口の利き方になってしまうなあ、
と改めて思ったのでした。

この著者さんにはこうやって接触した、
とか、
そこをそうしたらうまく行った、
とか、
あの本のタイトルはこうやって考えた、
とか。

で、家に帰ってから、
「ひええ、えらそうなことを行ってしまったあ」
と煩悶する。

そういうパタンがやたら多い。

ただ、私も年齢的に後輩を指導する立場になりつつあるわけで、
後輩との会食の際には、
ついつい、自分のノウハウを教えることになってしまうのですよ。

昼間の時間帯にそういうノウハウを口にする時間、というかタイミングがないので、
晩ご飯やお酒のときに、そうなってしまうのですね。

で、これは私の年齢的に、ある程度は仕方ないかなあ、
と最近は思うようになってきました。
(まあ、単なる開き直り、という気もしないではないですが…)

ただ、そのノウハウを口にする際に、
数年前の成功例を語る、
というのは極力避けたい、
と思います。

常に新しい試みを行い、
それが数字という結果を出したので、
そのノウハウを後輩に伝える。

ちょっと現実的ではないのですが、
できるだけそういうつもりで、
動きたい。
と思った晩ご飯だったのでした。

【本日のアマゾン】
・『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』お。ここに来て急浮上。
・『なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか』ランクイン。ふむ。


« 1205 この著者さん、どうやって知ったんですか | トップページ | 1207 大晦日に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/48535673

この記事へのトラックバック一覧です: 1206 年齢的に仕方ないかも…:

« 1205 この著者さん、どうやって知ったんですか | トップページ | 1207 大晦日に思うこと »