最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の31件の記事

2013年1月31日 (木)

半年前の本が、再びうれてます

1359634744679.jpg
昨年出版した、若杉友子さんの『これを食べれば医者はいらない』が、
ここに来てまた売れています。
ネット書店アマゾンで35位。
リアル書店でも、売れてます。

これは、理由は明らかでして、幻冬舎さんから出た若杉さんの最新刊『長い気したけりゃ肉は食べるな』がとても売れているのです。
ちなみに、アマゾンでは総合1位。
紀伊國屋書店チェーンでは、1日で100冊以上(!)売れてます。
新聞宣伝もここ数日で、かなり出てます。

その影響で、弊社の本も売れている、ということのようです。


こういうケースって、
実は、最近ではかなり珍しいように思うのですよ。

ある著者さんの本が、ドーンと売れだして、
ベストセラー驀進中、となっても、
その著者さんの過去の本まで売れるということは、
あまりなくて、
その本だけが売れる。
ということの方が、多いように思うのです。
どの本がどう、と具体的には書けませんが、
そういう印象があります。
(あ。小説は違うかも)

それだけに、今回、若杉さんの自社本まで売れているのは、
とても嬉しい半面、なぜだろう、という気がします。

若杉さんの本、過去の本も読みたいと思う人が多いのか。
火この本も、読みたくなってしまうのか。
若杉さんの本の読者の多くを締めると思われる女性読者は、
以前の本まで読む傾向があるのか。
ちょっと分析してみたいです。

ともあれ、売れているのは、ありがたいです。

【本日のアマゾン】
・『統計学が最強の学問である』これも売れてます。

2013年1月30日 (水)

セミナーに参加してました

1359540771437.jpg
今日は某セミナーに参加してました。
結構長めの話だったので、
復習しないとまずいのですが、
(と言いつつ、これから飲み会なんですけど)
印象に残ったフレーズだけ、書いておきます。

「今は、シンプルなものが求められる」
「すぐれたコミュニティの存在は、マーケティングを不要にする」

ノート10ページゆわたってあれこれメモしたのですが、
この2点は仕事に活かしたいなあ。

【本日のAmazon】
・『長生きしたけりゃ肉は食べるな』3位。凄い。
・『これを食べれば医者はいらない』73位。上記幻冬舎さんの新刊の影響だわ。ありがたい。

2013年1月29日 (火)

原稿書き終わったからおしまい、とはならないのです

1359465944524.jpg
『1年で成果を出す P&G式10の習慣』の見本本を、
著者の杉浦里多さんにお渡ししました。

杉浦さんには、手書きポップをつくっていただいてます。
書店さん店頭に置いていただこう、という作戦なのであります。

もちろん、実際に使うかどうかは、書店さんのご判断になりますが、
作らなければ、置いてもらうこと自体ないわけで。

そういうわけで、著者の杉浦さんには、
本ができてからも、いろいろ動いていただくつもりです。
本ができてからの方が、大変かも…。

本に対する熱い思い。
著者さんと担当編集者が持ち、
それを周囲にじわじわと広げていく。
そうやって周囲も熱くしていく。
そういう地道なことをしなくてはいけないんだろうなあ、
と思います。

そういうわけで、著者さんも、お原稿を書き終わったらおしまい、
とならないのが、大変に恐縮でありますが。

その点、杉浦さんは【本のことをたくさんの人に知ってもらいたい」
という思いが強くて、大変にありがたいです。

場合によっては、
「俺は熱くならなくてもいいや」という人も出てくるかもしれませんが、
そんな時は、相手を見て、
場合によっては怒り、場合によっては説得し、
場合によっては無視し、進んでいくんでしょうね。

ちなみに、この本のフェイスブックページを展開してます。
じわじわっと「いいね」が増えていて、
とてもとても、嬉しいです。

【本日のアマゾン】
・『たくらむ技術』あ。ランキングが上がっている。
・『長生きしたけりゃ肉は食べるな』14位。強いなあ。

2013年1月28日 (月)

1235 カウントダウン0日(をちょっと過ぎました…)

408523_145283828963031_205051932_n


さてさて。
『1年で成果を出す P&G式10の習慣』(杉浦里多著)の見本本が、
本日編集部に、ドーンと届きました。

本当は先週金曜にできているはずだったんですが、
ちょっとだけオーバーしてしまいました…。

この見本本を各方面に郵送し、
新聞宣伝のことを考え、
販売促進のあれこれ手配し。

というわけで、まだまだ終わりませんよ。

まあ、
正直なことろ、書店に並ぶ直前の1週間、
つまりこの時期は、
あれこれ妄想が広がってとても楽しいのですが、
実際に並んだら、いろんなデータが出てきて現実に直面するわけで、
一喜一憂するのであります…。

【本日のアマゾン】
・『不連続の日本経済』2位。ちょっと気になる。
・長生きしたけりゃ肉は食べるな』在庫切れでも28位。凄い。
・『面白い本』これも気になる。読まなきゃ。
・『統計学が最強の学問である』お。ランクイン。これも気になる。

2013年1月27日 (日)

コロコロコミックのイベントに行ってきました

1359297979703.jpg
小学4年のわが子のリクエストで、
幕張メッセにいきました。
「ワールドホビーフェア」というのが行なわれているのです。

これ、雑誌コロコロコミックのイベントです。
正確には、少年サンデーなど、他の小学館のコミック誌も
絡んでますが、まあ、メインはコロコロコミックといっていいでしょう。

コロコロコミックのキャラクターや、
雑誌で紹介されているゲームなどが紹介されていて、
実際に遊ぶこともできる。
というわけで、わが子、かなり楽しんでました。

小冊子やカードが、結構立派なバッグに入っていて、
お土産として入場者全員(といっても、子供のみですが)がもらえます。

お金、かかっているなあ、
と思うのですが、さらに凄いのは、
東京だけでなく、名古屋や大阪でも行なうそうで、
これ、手間もお金もかかってますねえ。

評論家の宇野常寛氏が
「情報はコピーできるけど体験はコピーできない」
と某対談で指摘してますが、
まさに、ワールドホビーフェアは、小学生にとっては忘れがたい体験のはずで、
結果的に、コロコロコミックのファンになるんでしょうね。

こういう体験を、弊社でもできないかなあと思うんですが…。
まあ、普通に考えれば、著者さんのサイン会、ですかね…。

【本日のアマゾン】
・長生きしたけりゃ肉は食べるな』本日24位。強いなあ。

2013年1月26日 (土)

1233 【本】『ビブリア古書堂の事件手帖』

1359209543107.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ、売れているらしいですね。
1巻目が100万部を突破し、
シリーズ3作累計だと230万部、とのこと。

売れている本には、売れているだけの理由があるに違いない。
ということで、先日読みました。

たしかに、面白いです。
本をめぐる謎、というのがモチーフで、
古書店に持ち込まれた本の背後にある謎を、
主人公の篠川栞子が解明する連作集。

本が重要な小道具のミステリー、という点が、
本好きにはたまらないのではないか、と。

栞子さんと、語り手の大輔のなかなか進展しない恋愛関係も、
じれったくていい感じです。

連作でありながら、最後は篠川さんと大輔、
それぞれの秘密にかかわる問題が解決され、
それまでの登場人物もゲスト出演をするという、
大変にいい感じで終わります。
ここら辺の構成が巧みであります。

カバーイラストもかわいいし。

ちなみにこの小説、テレビドラマになっているそうですが
(私は未見です)
微妙に設定が異なるみたいですね。
(栞子さんの兄弟は弟でなくて妹ですし、栞子さんは入院中、とか)

【本日のアマゾン】
・『「将来有望」な子どもの育て方』ちょっと気になる。
・『長生きしたけりゃ肉は食べるな』お。若杉友子さんの新刊だ。

2013年1月25日 (金)

仕事の合間に白隠展へ

1359122983060.jpg
夜、会社を抜け出して、
渋谷の展覧会を見てきました。

この美術館、金曜、土曜は夜9時までやっているらしいのです。
そういうわけで、入館できる午後8時半ギリギリに入りました。
ちょっとあわただしかったのですが、
見ることができてよかったです。

最近、美術館とか博物館に全然行ってないなあ、
と年始にふと思いまして、
今年はできるだけ行くようにしよう。
と思ったのです。

で、思った以上、せめて年の初めの1月くらい行かなくちゃ、
と思いまして、少々強引ながら、行くことにしました。

今年はとにかく、フットワーク軽く。
悩む前に、行く。
その方針で行きたいと思います。

それはともかく。
白隠の絵って、現代風というのでしょうか、
線が伸びやかで表情も面白く、
とても江戸時代の絵と思えません。

【本日のアマゾン】
・『永遠の0』1位。強いなあ。

2013年1月24日 (木)

1231 スタジオにて

Sutajio

今日は会社近くの録音スタジオにこもってました。
2月新刊『1年で成果を出す P&G式10の習慣』の
読者特典として、著者の杉浦里多さんにミニセミナーの収録をお願いしたのです。

かなり濃くて、面白い内容になったと思いますよ。
こちらのリクエストに瞬時に応えていただき、
場合によってはアドリブもあり、
杉浦さん、かなりお疲れだったと思いますが…。

読者特典だけでなく、
杉浦さんご本人による本書のPRも録音しました。

どちらも、用意ができ次第、
このブログでご報告します。

【本日のアマゾン】
・『新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている』ランクイン。ちょっと気になる。

2013年1月23日 (水)

1230 美味しいお昼ごはんをいただきました。

1358952210604.jpg
今日は、出張でした。
昨年、『これを食べれば医者はいらない』を上梓された
若杉智子さんのところにお邪魔して、
いろいろお話を伺ってました。
お会いするたびに思うんですが、
ますますお元気でした。

お話をお聞きしているこっちまで、
元気になります。
明日からの仕事、頑張ろうっと。

お昼ごはんは、若杉さんお手製のお料理を頂きました。
炊き込みご飯、味噌汁、切り干し大根、お漬物、
どれもが美味しくて、ご飯はかなりお代わりをしてしまいました。
しかも、囲炉裏のすぐ脇で、
若杉さんのお話を伺いながら。
これは、取材者の特権かもしれませんね。
ありがたいことです。

【本日のアマゾン】
・『すべては今のためにあったこと』ランクイン。

2013年1月22日 (火)

1229 今年のマイルール

1358846102210.jpg
昨年末に読んだ『冒険に出よう』(安藤美冬著)。
その中に、会社でのマイルールを決めていた、
という記述があります。

それに触発されまして、今年はいろいろマイルールを決めているのですが、
そのひとつが、「毎週1軒、新しいランチのお店を開拓する」。

お昼ごはん、ついつい知っているお店に行ってしまうのですが、
それでは面白くないので、
新規のお店を毎週1軒は開拓しよう。と思っているのです。

で、先日、会社の近くのすし屋さんに行きました。
ここ、九段下界隈でも有名な老舗なのですが、
なかなか入る機会がありませんでした。

カウンターがメインのお店で(テーブルもありますが)、
私が入ったときはちょうど馴染らしいお客さん2人組が、2組。
つまり、常連さんが4人いまして、
そのカウンターに座ったわけであります。
これはなかなか、ヒリヒリするような経験でありましたよ。

もちろん、お店の人は常連さんにも私にも、
全く同じように接してくれましたが。

こういうヒリヒリする経験を、
たまにはするのもいいのでは。
と思ったのでした。

安心ゾーンにずっといては、
人間、楽なほうに行ってしまいます。

【本日のアマゾン】
・『永遠の0』また売れているような。

2013年1月21日 (月)

1228 カウントダウン4日(の予定)

Siroyaki
さてさて。2月新刊『1年で成果を出す P&G式10の習慣』(杉浦里多著)、
もう本当に大詰めです。
何しろ、来週には見本本ができてきますから。
(予定では金曜だったんですが、たぶん無理です…)

というわけで、今朝、印刷所さんにゲラ(お原稿を活字組みしたもの)を戻しました。
で、それを反映した白焼きが、さっき印刷所さんから出てきました。
これはもう本当に、印刷直前、ギリギリの最後の確認となります。
この白焼きを印刷所さんに戻したら、
印刷開始、となるわけです。

実は、明日になるかなあと思っていたんですが、
今日出してくださるとは。
印刷所さんの素晴らしいお仕事に、度肝を抜かれました。

で、明日からは、この本をいかにして売り伸ばすか。
それをあれこれ考える日々となります。

あ。3月発売の本もあるんだ…。

【本日のアマゾン】
・『受いれる』ランクイン。なぜ?
・『毎日○×チェックするだけ! なぜかお金が貯まる手帳術』ランクイン。


2013年1月20日 (日)

『聞く力』ミリオン達成までの軌跡、という記事

1358688963161.jpg
業界紙「新文化」に、
「『聞く力』ミリオン達成までの軌跡」
という記事が載ってます。

ご存知のとおり、昨年唯一の100万部突破本。
そのヒットの秘密を探っています。

興味深いのは、当初、それほどまでに売れていたわけではないということ。
もちろん、かなりいい感じで重版しているんですが、
当初は「数あるベストセラーのひとつ」。
勢いがついたのは、著者である阿川佐和子さんのテレビ出演、らしいです。

しかし、それじゃあ、
簡単にはテレビ出演できないであろう著者さんの本の参考にはならないなあ、
と思いながら記事を読んでいたら、
最後のほうに、興味深い指摘がありました。

担当編集者による「多くの読者に支持された理由」です。

その1 「読み物」としても面白いこと。

面白い題材を、非常に洗練された文章で読者に届けることができた。
ただ広告を打っただけでは、動かない。

その2 類書の不在。

コミュニケーションのノウハウ本は、
「話し方」に焦点が当てられることが多かった。
つまり、この本にはコンテンツの独自性がある。

いわれてみると、
どちらも「なるほど」と思うことなのですが、
いわれてみないと、気づかない。
こういうあたりまえのことをきちんとしなくては、
いけないんですよね…。

【本日のアマゾン】
・『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』ここに来て、12位。
・『医者に殺されない47の心得』15位。気になる。

目的地のわからないバス


※この記事、1月19日に書いたのですが、子供を寝かしつける時に自分も寝てしまい、アップし忘れてました。

他社の編集者さんが主宰している勉強会に、
時々参加してます。
先日も参加したのですが、
そこで耳にした一言が、非常に印象に残ってます。

「目的地のわからないバスには乗らない」

これ、本来は経済こと国際政治で言われるフレーズなのかもしれませんが、
会では、
「目的地のわからないバスに、乗ろうとする人はいない。
同じように、目的地のはっきりしない本を買う人はいない。」
という意味合いで、使われました。

これ、言われてみるとなるほどなあ、
と思うのです。

また、確かに、売れている本の多くは、
読者をどこに連れて行くつもりなのか、はっきりしている。

目的地を指し示すのは、
タイトルか、
帯のコピーでしょうね。

その点で、私はまだまだできてないなあ。
と思ったのでした。

そして、それ以上に、
こんな大事な、
そして、シンプルなことがわかってない私、編集者として大丈夫なのか。
と、我ながら心配になりました。

勉強しなくては。
と、帰りは結構重い足取りでした。
目的地かあ。


2013年1月18日 (金)

1225 ペーパーレス時代

Photo


今進めている新刊の編集作業、
かなりギリギリの段階です。

今回、しみじみ思ったのですが、
時代はペーパーレスですねえ。

著者校のやり取り、編集部から気になる部分をPDFで著者に送り、
それに対するお返事をメールでいただく。

以前だと、
印刷したものを郵送するか、ファクシミリするか、
場合によってはどこかで待ち合わせて話をするか、
だったのですが、
PDFのやりとりは、正直、楽です。

楽すぎるのはよくないんじゃないか、
という気もなんとなくするんですけど、
こういうやり取りが、ごく近いうちに普通のことになるんでしょうね。

で、昨夜、新橋で打ち合わせ。
リアルに顔を合わせての打ち合わせでしたが、
そこで、ギリギリまで粘りましょう、
ということになりました。

進行的には、正直、しびれるような感じですが、
ここでの粘りがよい本になるのではないか、と
何の根拠もないのですが、
思うのですよ。

写真は、打ち合わせの帰りがけに、
公園の入り口で見つけたイルミネーション。
年を越しても、やってるんですね。

【本日のアマゾン】
・『これからすごいことになる日本経済』ふむ。
・『愛着障害』ちょっと気になる。

2013年1月17日 (木)

1224 忙しい人ほど仕事は早い、は本当らしい

1358409530291.jpg
さてさて。
2月発売の本のお仕事で、
なんだかバタバタしておりますが。

先日、かなりびっくりしたことがあります。

文庫時代にお世話になった著者さんの新刊(他社本)が出たので、
正月休みに読んだのですが、
この方、食べ物の「陰陽」にご興味があるらしいのですよ。
そういう話が、新刊に出てきます。

昨年編集担当させていただいた、
『これを食べれば医者はいらない』(若杉友子著)に、
「食べ物の陰陽」の話、かなり詳しく出てきます。

そういうわけで、先日、その著者さんに、
あくまでもご参考までに、というつもりで、
『これを食べれば』をお送りしたのです。


で、ビックリしたのはこのあとでして。

恐らく届いたであろう次の日に、
「ありがとうございます」というメールが、その方から届いたのです。
しかも、簡単な感想付きで。

正直、ビックリしました。
この著者さん、とんでもなく忙しい方なのですよ。
ご本業のほかに、ご講演、ご執筆、そして日本各地への出張。

そんな状況の中、頼んでもいない本が突然届いたにもかかわらず、
それを送った人間にすぱっと御礼メールを送るとは…。
丁寧な人だなあ、と改めて感じました。

この人の忙しさに比べたら、私の仕事っプリなんて全然比較にならないのに、
やるべきこと、できてません。
やっていることも、丁寧ではありません。

非常に、反省してます。

【本日のアマゾン】
・『abさんご』2位。『何者』3位。ふむ。
・『mini版 英会話の9割は中学英語で通用する』昨日の日経夕刊に載っていたなあ。


2013年1月16日 (水)

1223 講演会へ

1358347698870.jpg

夕方、会社近くの公園会に行ってきました。
講師の方が気になっていたのですが、
テーマ自体は結構固め。
しかし、場内は100人くらいの聞き手がいて、
正直、びっくりしました。
多いなあ。

それはさておき。

講演会とかセミナーって、なぜかバッティングすることが多いように思います。
ネットなどでセミナー情報を入手し、
「お、このセミナー、面白そう」
と思って手帳を見てみると、
すでに別のセミナーの予定が入っている。
こういうパタン、何度かありました。

実は今日も、別の方のセミナーが都内某所で行なわれてまして、
そちらも凄く気になってました。
どちらも、非常に魅力的だったのですが、
早く予定を入れたほうを優先しました。
結局、それ以外に基準がないわけで。

と、理解はしているんですが、それにしても、残念。

【本日のアマゾン】
・『ひとたまりもない日本』ランクイン。ふむふむ。


2013年1月15日 (火)

1222 カウントダウン10日

1358250509731.jpg
『1年で成果を出す P&G式10の習慣』(杉浦里多著)
の編集作業、大詰めです。
2月頭発売で、今月中には見本本ができる予定です。
見本本出来る日まで、あと10日。
実感はまったくありませんが、たぶん大丈夫です。たぶん。
(書店店頭に並ぶのは、さらに1週間ほど後です)

先週は、ちょうど印刷所さんに活字組み(初校)を戻すところでして、
赤字の多さにちょっとクラクラしていたのですが、
印刷所さんの怒涛のお仕事ぶりで、
先週末、無事に再校が出てきました。

明日、これを印刷所さんに戻せば、
編集作業のほぼ8割が終了、となります。
逆に言うと、ほぼ8割は修正ができなくなるわけで。

著者(杉浦さん)のチェック、編集部の確認事項、校正会社さんの赤字、
これらをつきあわせます。
目次や本文に入れる図版、自社広告ページ、クレジット関係などなど、
本分以外のこまごまとした部分も、明日、確認をして印刷所さんに渡します。

これらは本文とは進行スケジュールが違っていて、
それぞれバラバラに進めているので、
毎回、緊張します。

で、そんな時に毎回つぶやくのは、
下記フレーズです。

「いつも感謝
冷静に丁寧に正確に
みんなの夢が
叶いますように」

…なんか、よくないですか?
印刷所さんや製本所さんにいつも感謝しつつ、
冷静に丁寧に正確に仕事を進め、
そして著者さんや編集者の夢が叶いますように。

…やはり、いい言葉だわ。

え? 出典がわからない?
なんですと!

AKBチームBが、公演の前に円陣組んで言うセリフ、です。
AKBのマーケティング戦略の研究が、こういうところで役立ってます。

【本日のアマゾン】
・『ビブリア古書堂の事件手帖』6位。テレビドラマの影響だな。

2013年1月14日 (月)

1221 寄席にいってました

1358168294335.jpg
3連休最終日ということで、
上野の鈴本演芸場に、わが子小4と行ってきました。
本当はやるべき仕事が残っているのですが、
子供と一緒に出かける時間もほしいわけでして。
大学時代に落語研究会にいた人間としては、
わが子に対するお笑いの英才教育、であります。

天気が悪い(最初は雨だったのですが、途中から雪に)中、
かなりお客さんが入ってました。
立ち見は出ませんでしたが、たぶん8~9割埋まっていたのではないか、と。
結構驚き。
こういう時代だから、面白いものを見たい人が多いのかなあ。

昼の部のトリは、古今亭菊之丞さん。
この人、本も出してまして、ロビーで売ってました。

芸人さんの本って、そのファンの人たちは買ってくれると思いますが、
ファン以外の人たちにも買ってもらうためには、
どうしたらいいのかな。
よほどの有名芸能人以外は、
本のコンセプトをどうするか、ということなのでしょうが…。

その著者のファンの人たち以外に、
どうやって買ってもらうか。
これ、芸人さんの本だけの問題ではないですね。

【本日のアマゾン】
・『冷えとり生姜かんたんレシピ』ランクイン。テレビの影響かな。

2013年1月13日 (日)

1220 手帳に書き込んだこと

1358082003941.jpg
成人の日があるので、3連休であります。

昔は1月15日が成人の日と決まっていたわけですが、
2000年からは1月の第2月曜が成人の日となりました。
つまり、必然的に3連休となるわけで。

以前は、「1月末発売の本の編集作業が1日ずれる…」
と閉口していたのですが、
最近は、正月休みにやり残した仕事をやれる貴重な日、
と位置づけることにしています。

読み残していたお原稿を拝読したり、
読んでおくべき書類をあわてて読んだり。

今日は今年の手帳に、
代休予定日を書き込んでました。

これまでは、仕事が一段落ついたら休もう、
という風にしていたんですが、
それだと結局取れずに終わることが多いことに気づき、
「この辺だったらたぶん休める」
という予定日を、年の初めのこの時期に、
手帳に書き込むことにしました。

もちろん、結果的に休めない可能性が高いのですが、
そのつもりで動いていたほうが、
取れるのではないか、と考えまして。

まあ、これは、休みだけの話ではないですけどね。

とりあえず、今月後半に1日、休みを取るつもりなんですが、
取れるかな?

【本日のアマゾン】
・『解錠師』ランクイン。朝日新聞書評効果だな。

2013年1月12日 (土)

1219 【本】『式の前日』

1357997799667.jpg
今朝の「王様のブランチ」で紹介していた『式の前日』。
「このマンガがすごい! 2013」の第2位なんだそうです。

担当編集者さんのインタビューを聞いているうちに、
読みたくなりまして、
近所の書店さんで、購入。

短編が6本入ってます。
で、表題作が、とてもよくできてます。面白い。

ああ、2人はこういう関係だったのかあ。
というのが最後の3ページでわかるのですが、
ここで、「あ、そうかあ」と思うと同時に、グッと来る。

同様に、「あずさ2号で再会」も、
最後で「あ、この2人、そうだったのか」と思わせると同時に、
ジワッと来るのですよ。
で、読み直してみると、
このセリフは実はこういう意味だったのね。
と膝を打つことになるわけで。

お話の語り口が、実にうまい人だなあ、と感じたのでした。
絵も、うまいし。

これがデビュー作とは、畏るべし。

これまで、あまりマンガは読んでないのですが、
こういう才能を知ってしまうと、
マンガも読まなくてはなあ、と思ったのでした。

【本日のアマゾン】
・『ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記』ランクイン。ふむふむ。
・『秒速で1億円稼ぐ条件』ランクイン。


2013年1月11日 (金)

年賀状

1357901004951.jpg

2013年1月10日 (木)

1217 東中野の書店さん

Nakano


仕事の合間を縫って、東中野の書店さんに行ってきました。
JR東中野駅の駅ビルの3階にある、
ブックストウキョウドウさんです。

ここ、神田神保町の東京堂さんの4号店。
神田神保町の方の東京堂さんは、
昨年3月のリニューアルの際にカフェを併設し、
結構話題になったのですが、
そのカフェが、東中野のブックストウキョウドウさんにもあります。

すごく大きな書店さん、というわけではないのですが、
新刊を並べているだけではなく、個性的な品ぞろえ、という印象。
そして、店の奥にあるカフェが、かなりいい感じなのです。
何しろ、広い窓から東中野の風景が見えて、
遠くには中野駅のサンプラザも見えて、
気持ちいいです。

私も、この本屋さんで買った文庫を、
早速コーヒー飲みながら読みました。
気持ちいいです。

こういうスペース、リアル書店に増えてくるのかも。


個人的に嬉しかったのは、
ようやくこのお店に行けた、ということです。

このお店、昨年の9月に、朝日新聞の夕刊で紹介されてました。
その時以来、行きたいなあと思っていたのですが、
ようやく行けたわけで。

「このお店、気になる」「この書店さん、面白そう」
と思ったら、できるだけ早く、実際に行ってみる。
それが、今年の密かな野望であります。
時間は、作ります。

【本日のアマゾン】
・『30日できれいな字が書けるペン字練習帳』1位。ふむ。

2013年1月 9日 (水)

1216 【本】『たくらむ技術』

1357725105790.jpg
ネットでしばしば書名を目にし、気になったので読んでみました、
『たくらむ技術』。
たしかに、かなり、面白かったです。

今、テレビ朝日がかなり元気ですが、
その牽引役のお一人は間違いなく、本書の著者である加地さん。
「アメトーーク!」や「ロンドンハーツ」のプロデューサーさんです。

これらヒット番組の秘密と仕事術を語ってまして、
芸人さんとのエピソードは単純に面白いのですが、
人気のあるコンテンツの作り手って、
やはりきっちり作っているんですね。
仕事の参考になります。

例えば。

担当番組がオンエアされたら、
その日のうちに録画を自宅でじっくりと見ているそうです。。
これで本当によかったか、という粗さがしらしいのですが、
凄いのは、これを毎回、視聴率が出る前に行なうという点。
視聴率が出てしまうとどうしても予断を持ってしまうので、
そうなる前に、ということなんですが、
ということはつまり、オンエア当日のうちに、となります。

こういうことを地道になさっているんですよねえ…。
これ、私の仕事で言うならば、
担当本が書店に並んだその日のうちに、
再読するということになりそうですが、
ううむ、毎回となると、自信ないなあ…

もうちょっと真似できそうなのは、
「会議は煮詰まったらやめる」(1週間後に行う)。

タイトルに関する社内会議の1週間前に、
一人会議をやってみたい…、と思いました。

「1つ頼まれたら2つやる」というのも、なるほどという感じ。


それから、驚いた記述がありまして。

担当番組が社長賞を取ったので、
その予算で番組スタッフ全員で温泉旅行に出かけた、
という記述があるんですが、
スタッフって、総勢60人なんですって。
社長賞、いくら出たんだろ…。

【本日のアマゾン】
・『ブラック企業』22位。
・『人間関係をしなやかにする たったひとつのルール』ちょっと気になる。

2013年1月 8日 (火)

1215 カウントダウン17日

431210_463052633758306_1561653090_n


『1年で成果を出す P&G式10の習慣』(杉浦里多著)
の編集作業、ゴリゴリと進めております。
2月頭発売で、今月中には見本本ができる予定です。

というわけで、昨日著者校をいただきまして、
これをひたすら転記しているのですが、
この作業、なかなか終わりません…。

明日には、印刷所さんに渡さないと
スケジュール的にまずいんですけど…。

著者校、予定では今日いただくことになっていて、
それが1日早まったのですが、
予定通り今日だったら、どうなっていたのか。

もうちょっとだけ、頑張ります。

【本日のアマゾン】
・『たくらむ技術』ランクイン。
・綺麗な字の本が3冊ランクしている…。

2013年1月 7日 (月)

本日、仕事はじめ

1357570395662.jpg

本日、小社の仕事始めでした。

例年ですと、仕事始めの日は年賀状を整理したり、
メールチェックしたりしているうちに時間がたってしまうのですが、
今年は白金山王と取手に仕事で行くことになり、
あまり編集部にはいませんでした。
明日、年賀状をチェックしなくては。

ところで、
昨年の反省のひとつに、
待ち合わせ場所に着くのがギリギリ。
というのがあります。

最近はネットで電車の接続がわかるので、
とても便利なのですが、
その分、出発ギリギリまで会社で別のことをやってしまい、
本当のギリギリになってあわてて出発、
結果的に時間すれすれか、最悪の場合、遅刻。
そんなこと、ありません?
(私だけかなあ…)

今年は、そんなことではいけない、と思いまして、
「1本早い電車に乗る」
をモットーにしたいと思います。

…といいつつ、そのうちぐずぐずになってしまうとは思うのですが、
年の初めくらいは、ちょっと高めのことを言っておかないと。

というわけで、久しぶりに白金高輪の喫茶店で、
のんびりとした時間をすごせました。

【本日のアマゾン】
・『お金を稼ぐ人が30代で「やったこと」「やめたこと」』やめたこと、というのが面白い。
・『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』これ、去年の9月刊だ。

2013年1月 6日 (日)

1213 町子手帖

1357476546136.jpg
「よりぬきサザエさん」、売れているらしいですね。
我が家でも買いました。
戦後すぐの風俗が普通に出てくるんですが、
それでも、小4の子供が楽しく読んでます。
サザエさん、凄いです。

セットで予約すると、
「町子手帖」というのがおまけでついてきます。

これが、かなり興味深いです。
サザエさんの原作者である長谷川町子さんの
アイデアスケッチとか、
ご自身の採点表、単行本未収録作品、
オリジナル絵本などなどが載っていて、
これだけでもかなり面白い。

収録されているインタビュー記事を読むと、
長谷川さん、まじめな人だったんだなあと思います。

【本日のアマゾン】
・『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2013』ランクイン。

2013年1月 5日 (土)

1212 初出社

1357377452036.jpg
仕事始めは来週月曜なのですが、
今日は会社に出てきまして、
ちょっとだけ仕事をしています。

お原稿や、印刷所さんからの印刷物は自宅でも読めますが、
パソコンで作る資料がありまして。

もちろん、やろうと思えば自宅のパソコンでできるんですが、
自宅のパソコン、ちょっとガタが来てまして、
使いづらいのですよ。
それよりは会社パソコンの方が、圧倒的にストレスなくできるわけで。

それに、休みの間の会社って、
人が少なくて静かなので、作業がはかどります。
まるで、受験生時代の図書館のような。

まあ、これも慣れてしまうと、ダメなんですけどね。
普段の会社でも、集中力が維持できるといいんですが…。

集中力の維持。
これ、結構重要な問題であります、私の場合。
何かいい手はないものか。

(写真は、本日の神保町風景。全然正月っぽくないですが)

【本日のアマゾン】
・『美しき日本の残像』15位。
・『プライド』ランクイン。

2013年1月 4日 (金)

1211 朗読ファイルをおまけにつける、という方法

58gazou


岩波貴士さんが電子書籍を出版されました。
正確には、アプリ、なんでしょうね。
iTunesで購入できます。

私も先日、購入しました。
岩波さんとは某勉強会でお世話になってますが、
購入の理由は別にあります。

1冊丸まる、前文を読み上げた音声ファイルが、
おまけとしてダウンロードできるらしいのです。
しかも、声優とかアナウンサーではなく、
ソフト(それも無料の)で作成したもの、とのこと。

ソフトでそういうことができるのか!
どんな感じなんだろう、聞いてみなくては。
というわけで、購入。
音声ファイルをダウンロードし、
携帯で早速聞きました。

たしかに、プロの声優さんのように滑らか、
とはいいがたいですが、
十分に聞けます。
ビジネス書であれば、全然不自然ではないです。

このファイル、アクセントの修正などで2日かかったそうですが、
ほぼタダでできているわけで。

今後、音声ファイルのおまけ、
増えてくるのかも。

ビジネスマンはますます忙しくなってくるでしょうから、
勉強する時間は通勤時間くらいしかありません。
となると、耳で聞けるコンテンツって、
需要が増えてくるのでは、と思うのです。
しかも、本の付録、おまけとしてついてくるのなら、
かなりいいのでは。

ただ、私個人としては、
そういう音声ファイルを、ソフトで作れるかなあ…。
だからといって、スタジオ借りて、となるとお金がかかるし。

ちょっと調べてみたいです。

あ。
大事なことを忘れてました。

この、音声ファイルがついてくる書籍アプリ、
タイトルは『お金を稼ぐ! 儲けのネタ58の発想』
詳しくはこちらのサイトで。


【本日のアマゾン】
・『世界の経営学者はいま何を考えているのか』強いなあ。

2013年1月 3日 (木)

1210 昨年、手帳に書き付けた言葉

1357218712086.jpg

今日は新しい手帳に、いろいろ書き込んでました。
その分、仕事と読書の時間が取れなかったような…。

使っているのはわりと大きめの手帳で、
基本的にここに、何でも書きます。
新聞の切り抜きも、貼ります。

メールマガジンやブログで気になった言葉も、
書いてます。

というわけで、昨年手帳に書き付けた、気になる言葉を書いてみます。
著作権的にちょっと微妙かもしれませんが…。
ご容赦ください。

「よい習慣は才能を超える」

「寝るのも仕事」

「利益の源泉は手間にある」(タニタ社長)

「プロセスを丁寧に、誰よりも丁寧に遂行するからこそ、
イチローは誰よりも結果を出せる」

「人と同じことをやっていて人と異なる成果が現れるのを期待している者を
狂人という」

【本日のアマゾン】
・ランキングのデザインが、微妙にまた変わっている。
・『勝ち続ける意志力』ランクイン。

2013年1月 2日 (水)

【問題!】これは、何のコマーシャル?

YouTubeにアップされている、テレビコマーシャルなんですが、
これ、なんという会社のコマーシャルでしょう?

こちらです。

最後になってようやく「なるほど」とわかる作りになっていて、
つまり企業名が全然出てこないのですが、
それがかえって面白いです。


答えはp&Gなんですが、
いま、ちょうど、P&Gに関する本を編集してます。
昨年出した翻訳本に続いての本となりますが、
昨年末にテレビを見ていたら、
偶然にもこのコマーシャルを紹介してました。

で、YouTubeを検索したら、
すぐに出てきたので、このブログに貼ったわけです。

こういうことが、
あっさりできるというのは、
よく考えたら凄いことだと思います。

テレビコマーシャルを作るとなると大変ですが、
著者さんへのインタビュー動画を作ってYouTubeにアップする、
といった程度のことは、
わりに簡単にできそうな気がします。

もっとも、そういう動画があることを、
何らかの手段を使って世間に知ってもらわないと、
意味がないわけですが。

その手段は後から考えるとして、
まずは動画を作ってみるかなあ。

賛同してくださる著者さんを
探さなくては。

【本日のAmazon】
・PLANETS vol.8」ランクイン。

2013年1月 1日 (火)

1208 謹賀新年

1357044639193.jpg

謹賀新年。


毎年、元日はボーっとしていて、
2日からゆっくり動き出す、
というパタンになってます。

これ、たぶん子供の頃からの習慣でして、
そういうわけで今日は11時ごろに起きだす、
というとんでもないのんびり具合でした。

しかし、例年と異なり、これから仕事をします。

2月頭に発売予定の本がありまして、
その本のフェイスブックページを展開しているのですが、
http://www.facebook.com/seikawodasushukan
そこに今日、著者さんが
「元日から著者校を進めてます」
という書き込みをなさっているのです。

著者さんが動いているのに、
担当編集がのんびりしているわけには行きません。

というわけで、
これから、私も仕事をします。

ネットによって、以前だと考えられないような
情報収集や仕事の進め方ができるようになりました。
以前だったら、著者さんが元日から動いているかどうかなんて、
わからなかったわけで。

その一方で、いろんな情報がでまわっているだけに、
ついつい時間をとられてしまう危険もあるわけで。
ユーチューブなんか、危険ですよ。
AKBのマーケティング研究のための動画、
ものすごくたくさんありますからね。

ネットを使いこなして、
よりよき1年にしたいと思います。

…元日早々、長くなってしまった…。


【本日のアマゾン】
・『2052 ~今後40年のグローバル予測』ランクイン。これって、ビジネスブックマラソンで紹介されていた本か。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »