最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 弊社の会議室にて | トップページ | 出版業界ちょっといい話 »

2013年2月28日 (木)

【本】『社長は少しバカがいい。』

1362060964806.jpg
エステー会長・鈴木喬氏のご著書『社長は少しバカがいい。』。
書店で初めて見た時に、タイトルがいいなあ、と思いました。
読んでみると、これが実に面白い。

エステーのことを強く意識したのは、
同社宣伝部長の鹿毛さんの本『愛されるアイデアのつくり方』が
きっかけです。
3・11後に流れて話題になった「消臭力」のコマーシャル、
あの舞台裏を描いていて、「へえ」とかなりびっくりしたのですが、
今回の鈴木氏の本は、
鹿毛さんの上司、というかトップの本ですから、
さらに面白い。

で、このコマーシャルのことも、最後の方に出てきます。

いろんなところに配慮して作ったコマーシャルではありますが、
コマーシャルを流すことで、
お金をかけすぎ、とか、ふざけている、とか、
会社にバッシングが来るかも、と鹿毛部長がためらうのですが、
その時に社長が言ったセリフがカッコいいのです。

「俺が社長だ。お前が社長じゃない。俺が命かけるんだ。お前は関係ない。
お前は、心だけ込めりゃいいんだよ」

というわけで、読んでいて非常に痛快なビジネス書です。
ただ、あまりにカッコいいんだよなあ。

失敗をたくさんした、とのことなんですが、
その具体例も知りたかったような…。

ちなみに本書、1ページ14行組で、かなり読みやすいです。
今後は、このくらいの時組の本が普通になるのかも。

【本日のアマゾン】
・『国循の美味しい! かるしおレシピ』ずっと一位のような。
・『伝え方が9割』気になる。
・『いつやるか? 今でしょ!』1年前の本なのね。


« 弊社の会議室にて | トップページ | 出版業界ちょっといい話 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/49730869

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『社長は少しバカがいい。』:

« 弊社の会議室にて | トップページ | 出版業界ちょっといい話 »