最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【本】『社長は少しバカがいい。』 | トップページ | キャラメルボックスの芝居見物でもらったチラシ »

2013年3月 1日 (金)

出版業界ちょっといい話

1362145091384.jpg
今週号の週刊文春に載っていたのですが、
非常に印象深かったので、
ツイッターに書きました。

このブログにも書いておきます。

現在、10万部突破の『採用基準』(伊賀泰代著)。
ダイヤモンド社さんから出てます。
当初の初刷部数は6千部だったそうです。
これを1万部にしようと思い、担当編集者が原稿を営業担当に読ませたところ……、

初刷部数が、1万5千部になったそうです。

これ、いろんな意味で、凄い話だと思います。

単純に、スタート段階で部数が1万を超えているというのが凄いですし、
その決断をし営業も凄い。
最初の部数をもっと増やそうと思った担当編集の思い、
そして、じゃあ、中味を知ってもらえばいいんだという判断。
これらも素晴らしいと思います。

そして、実際によく売れているという現実が、
何とも素晴らしい。

これを、「出版業界ちょっといい話 その1」とさせていただきます。
(その2はあるのか…)

【本日のアマゾン】
・『これから世界はどうなるか』気になる。

« 【本】『社長は少しバカがいい。』 | トップページ | キャラメルボックスの芝居見物でもらったチラシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/49751891

この記事へのトラックバック一覧です: 出版業界ちょっといい話:

« 【本】『社長は少しバカがいい。』 | トップページ | キャラメルボックスの芝居見物でもらったチラシ »