最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 同僚が担当させていただいた本です | トップページ | 1291 後輩担当本が! »

2013年3月28日 (木)

ツイッターを使って

ツイッターをどう仕事に活かしたらいいかなあ、
というのを時々考えます。

とりあえず、本の情報や編集部の近況をつぶやいていますが、
読者に直接役立つ情報かどうかは、微妙なわけでして。

そんな中、「あ。これはいいなあ」と思った事例があります。

後輩が担当させていただいた
『日本が世界一「貧しい」国である件について』

この本の著者である谷本真由美さんは、ツイッターでの情報発信を以前からなさっていて、
今回の新刊情報も積極的にしてくださってます。

ただ、ここまではまあ、想定の範囲内であります。

実際に書店に並び始めたら、
谷本さんのフォロワーさんたちが、
「○○書店はあと1冊しかない」
「○○店は売り切れ。もうない」
という情報を発信してくれたのです。

これ、とてもありがたいことだと思うのです。

在庫が切れそうになっているお店の情報が、
リアルタイムで出版社にわかるわけですから、
これは凄くありがたい。

加えて、例えば、
「○○書店××店に行ったけど、もう売り切れてた」
というツイートに対して、
「××エリアは、○○書店さんは売り切れてますが△△書店さんならまだあるはずです」
といった情報を、出版社がツイートできるわけです。

もちろん、これはあくまでも理論上の話ですし、
瞬時にぱぱっとできるわけではありません。
どの部署がするの、という問題もあるし。

ただ、本というのは、
在庫がなくなったお店に、他のお店から持って行くことができないわけです。
(ナショナルチェーンの視点同士なら可能だと思いますが)

そういう、市中在庫の不均衡を、少しでも平均化するための
手段として、今後使えるのではないかと思ったのでした。


それから、ツイッターといえば。

谷本さんのご本、弊社だけでなく、
朝日出版さんからも出ています。
で、そこの販売部さんや編集部さんも谷本さんの新刊情報をツイートしてますが、
とても嬉しいのは、弊社の新刊の情報(つまり弊社アカウントでツイートした記事)を、
朝日出版の販売部・編集部、それぞれのアカウントが拡散してくださるのです。

つまり、版元の垣根を越えての情報発信。
大変ありがたいことです。

出版のような斜陽産業では、
各社が協力できることは協力したほうがいい、
と思うんですよね。

あ。もちろん弊社編集部アカウントも、
朝日出版さんの情報、拡散してますよ。

ん?
弊社販売部アカウントは、どうかしら。

【本日のアマゾン】
・『SKE48 矢神久美 卒業写真集』いきなり1位か。
・『ともに戦える「仲間」のつくり方』ちょっと気になる。

« 同僚が担当させていただいた本です | トップページ | 1291 後輩担当本が! »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/50997751

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターを使って:

« 同僚が担当させていただいた本です | トップページ | 1291 後輩担当本が! »