最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« カウントダウン0日 | トップページ | 素晴らしき著者さんたち »

2013年3月19日 (火)

完全宣伝モードです

1363703828791.jpg
さてさて。
本日は完全宣伝モードです。すいません。

昨日、見本本ができた2冊。
それぞれの帯の文章、ソデに入れた文章、です。

実は、2冊あるので今日明日の2回に分けて掲載、と思ったのですが、
それだと宣伝モードが続くので、本日一気に。
よろしくお願いします!


『仕事は6倍速で回せ!』
石塚孝一著

【帯オモテ】
22歳 米国の大学を飛び級で卒業
29歳 ロイター通信社最年少部長
34歳 マザーズ上場企業社長
38歳 東証二部上場企業社長
39歳 ハーバード大学経営大学院AMP卒業

ありえない結果を出すために、まず動け! 

「ビジネスの加速装置」を手に入れる60のヒント

【帯ウラ】
人生は思っている以上に短い。だから、6倍速で駆け抜けよう

●ビジネスマンにとって、スピードは武器である
●最速で行動する第一歩は「目標の設定」
●1日16時間を全力で働くスケジュール
●移動時間は「宿題」を考える
●仕事ができる、できないは「能力」の問題ではない
●マルチタスクは、実は効率が悪い
●CCメールを活用して、自分の仕事の「見える化」を行なう
●人生の流れが悪いときは、エクセルで行動を分析する
●情報量を倍にする「アユの友釣り」テクニック
●誰もがしたがらない仕事を引き受けると、大きなチャンスを引き寄せる
●鏡の前で「優秀そうに見えるか?」と自らに聞く
●自分の体調を管理できない人間に、優れた仕事など期待できない
(6倍速で仕事を回すためのポイント)

【ソデ表1側】
まわりと同じスピード、同じ仕事量で満足していたら、生き残れない

 「時間がない」「仕事が多すぎる」と不満を抱えている人は、効率の悪い働き方をしているのだろう。私は会社勤めのころ、人の倍の仕事を抱えていたが、時間が足りないとは思わなかった。時間はつくり出すものであり、誰かが与えてくれるものではない。
他の人ができそうもないこと、つまりビジネス超人にならないと成功などほど遠いのだと、競争の激しい外資系の企業で学んだ。
 仕事ができる人になるのに、才能などいらない。アーティストやトップアスリートとは違い、ビジネスマンは人より働けば誰でも仕事のスキルは高くなるし、出世できる可能性も高い。まわりに評価されない人は、その方法が間違っているだけなのだ。
 (「はじめに」より)

『あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中』
関谷英里子著

【帯オモテ】
入門ビジネス英語
NHK人気講師が教える、ビジネスの現場で使える英語の学び方

今度こそ! と思っている人、必読
英語を伸ばしたければ、
「ふたつの力」を鍛えなさい。

【帯ウラ】
カリスマ同時通訳者の毎日の習慣には、英語学習のヒントが満載!
1章 同時通訳者の頭の中
2章 まず押さえておきたい英語学習の3ステップ
3章 同時通訳者が実践! 英語のプロの勉強法
4章 同時通訳者は道具を使い倒す
5章 英語はコミュニケーションのツール

【ソデ表1】
1%の努力を続けるだけでいいんです。
●同時通訳者に求められる「イメージ力」と「レスポンス力」
●イメージ力で、話者のことばの本質をつかまえる
●「パラフレーズ」はイメージ力強化に必須のトレーニング
●文法と語彙を勉強すると、レスポンス力がアップする
●「シャドーイング」でレスポンス力を鍛える
●英語初心者が絶対言ってはいけないふたつのフレーズ
●とりあえず封を切る、これが継続への道
●私が実践しているツイッター学習法
●単語帳はエクセルでつくる
●英字新聞・雑誌、読むならこれがお薦め
(本書の内容から)

【本日のアマゾン】
・『非選抜だった私を救った48のことば』目の付けどころがシャープだわ。
・『大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌』むむ。

« カウントダウン0日 | トップページ | 素晴らしき著者さんたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/50846811

この記事へのトラックバック一覧です: 完全宣伝モードです:

« カウントダウン0日 | トップページ | 素晴らしき著者さんたち »