最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1303 著者さんの動画 | トップページ | 1305 新たなカウントダウンの前に… »

2013年4月14日 (日)

話題のあの新刊、ついに出ましたね

1365950254235.jpg

村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が
先週の金曜に発売されました。
発売前に重版が決まって計50万部、
さらに発売1日で10万の増刷決定とのことで、
最近の出版業界、久しぶりの明るい話題になってます。

まあ、村上春樹さんの新刊だからなあ、
と思っていたのですが、
そしてもちろん、そういう部分がかなり大きいと思いますが、
朝日新聞の記事によると、
版元の文藝春秋、ネットでの宣伝にも力を入れたようです。


2月中旬から、
つまり発売2カ月前から、
10回に分けてニュースを配信。
検索エンジンと連動した広告の実施。
フェイスブックでのイベント告知。

これだけみると、なんとなく真似できる部分もあるような。
で、記事の最後の方に出てくる文藝春秋の部長さんの肩書きを見ると、
「出版プロモーション部」

そういう部署があるんだなあ。
というか、これからドンドン必要になってくるのではないか、と。

あ。
写真は金曜の朝、
通勤途中で見かけた、
村上春樹堂の看板。
三省堂神保町本店さんの
宣伝活動の一環、
です。
他の著者さんに、
なんとなく失礼な気がするんですけど。

【本日のAmazon】
・『出世できなくても資産2億円』なんか、似たようなタイトルを聞いたことがあるような。
・『模倣の殺意』朝日新聞書評効果だろうな。

« 1303 著者さんの動画 | トップページ | 1305 新たなカウントダウンの前に… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/51233575

この記事へのトラックバック一覧です: 話題のあの新刊、ついに出ましたね:

« 1303 著者さんの動画 | トップページ | 1305 新たなカウントダウンの前に… »