最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1315 武道館にいってきました | トップページ | 丸善さんにて »

2013年4月27日 (土)

【本】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

1367074428365.jpg
東野圭吾さんの、ほぼ一年前の小説です。
人間ではなく、手紙がタイムスリップするという設定です。
こういう設定の韓国映画があったなあ、
と思い、なかなか手が出なかったのですが、
実際に読んでみるとかなり面白かったです。

第1話でこの小説の設定がわかり、
い、そういう話が続くんだな、
と思ってたら、
第2話でいきなり、これまでとはまるで違う話に。

あれ? と思っていたらだんだんと第1話との関係が見えてくるのですが、
さらに読んでいくと、
雑貨店の過去がわかってきます。

そして、最終話でこれまでの話が繋がり、
なるほどと思うと同時に、
あたたかい気持ちになれます。

と同時に、伏線の絶妙さに感動します。

というわけで、
「この話は、前の話のあの辺に出てきたぞ」と、
前のほうを何度か見返すことに、

これが楽しいのですよ。

と、と同時に、こういうパラパラめくる楽しみは、
紙の本でないと難しいのかも。
と思うのでした。

« 1315 武道館にいってきました | トップページ | 丸善さんにて »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/51403517

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』:

« 1315 武道館にいってきました | トップページ | 丸善さんにて »