最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 売り子になりまして | トップページ | この団扇には、深い意味があるのです。 »

2013年5月30日 (木)

【本】『なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか?』

1369914304903.jpg
ツイッターやフェイスブックで話題になっております、
『なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか』
実際、売れているみたいですね。
夕方、会社近くの書店さんに行ったら、
ビジネス書の中で、この本の山だけぐっと低くなってました。

何と言ってもこの本、タイトルに惹かれます。
真冬にかき氷?
しかも行列ができている?
なにそれ?
という感じ。

神奈川県は鵠沼海岸に実在する小さなかき氷屋さん。
かき氷専門店で、冬でもかき氷しか出さない。
そこに、日本各地からお客がやってくる。

その理由を、分析しています。
著者は、川上徹也さんと、
このお店の店主である石附浩太郎さん。

効率的な商売に伸びしろはない。
あえて、多すぎるくらいのスタッフを抱える。

信用しているのは、変えるときのお客さんの顔。

テレビの取材を積極的には受けない。

……なるほど、とか、ん? と思うことなどなど、
実践に基づく言葉が満載です。

実は、
編集者として猛省すべき点がありまして…。

このかき氷屋さんのこと、川上さんはこれまでのご著書で、
しばしば言及されてます。
それを私は読んでいて「へえ、面白そうなお店だなあ」
と思ってはいたのですが、
書籍の企画にできるかなあ、できるかもなあ、と思っているうちに、
他社さんから出されてしまったわけで。

もっと行動のスピードを上げなくては。
と猛省してます。

【本日のアマゾン】
・『敗者の条件』2位。ん?

« 売り子になりまして | トップページ | この団扇には、深い意味があるのです。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/51841429

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか?』:

« 売り子になりまして | トップページ | この団扇には、深い意味があるのです。 »