最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 清澄庭園で講演会 | トップページ | 1375 カウントダウン31日 »

2013年6月30日 (日)

他山の石

1372602709307.jpg
今回の記事は他山の石、ということで。

先日、某ビジネス書を読んでました。
かなり面白いなあ、と思いつつ読み進めていたのですが、
終盤、思いがけない誤植が。

「デジタル分野の第ひとり者なのに」

これ、文脈から考えて、
「デジタル分野の第一人者なのに」
のはずです。

なぜこんな間違いが生じたのか。
最初はよくわかりませんでした。
「だいいちにんしゃ」と打ち込んで変換すれば
「第一人者」となりますから、
真ん中をわざわざ「ひとり」とする必要がない。

変だなあ、と思っていたのですが、
これ、たぶん、「一括返還」が原因ですね。

たぶん、この著者さん、「ひとり」というところをずっと
「一人」とかいていたのだと思います。
「一人で働く」
「一人だけ残った」
みたいな感じで。

で、作業のどこかで、
「やはり、一人は平仮名にしましょう」
と編集部に言われ、
あるいは自分の判断でそう思い、
ワード変換で
「一人」をすべて「ひとり」に変換してしまった。

その結果、「第一人者」が「大ひとり者」になったのではないか、と。
これ、出版社の判断で、つまり著者の知らないところで変換していたら、
大変な問題だと思います。
そうでないとしても、
出版社側が見落としたのは大きなミスだと思います。
だって、普通に読めば気づくレベルのミスですから。

こういう一括返還は私もしばしば行なうので、
(というか、昨日も会社パソコンでそんな作業をしていたような…)
注意しなくてはなあ、と思ったのでした。


【本日のアマゾン】
・『僕の仕事は YouTube』気になる。
・『人口減少社会という希望』朝日新聞書評効果だな。

« 清澄庭園で講演会 | トップページ | 1375 カウントダウン31日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/52251741

この記事へのトラックバック一覧です: 他山の石:

« 清澄庭園で講演会 | トップページ | 1375 カウントダウン31日 »