最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 1391 ニックネームのススメ | トップページ | 新刊のカバーです »

2013年7月18日 (木)

ネット研究委員会?

1374149784012.jpg
最近、気になってるのがユーチューブです。
見逃していたHKT48の番組をあとから見られるのがとても便利で、
ってそんな話ではなく、
例えばフェイスブックなどを見ていると、
ユーチューブに動画をアップしている企業、
結構多いんだなあ、と思うのです。

ちなみに、AKB48グループが人気を集めた一因に、
ユーチューブがあるらしいです。
あとから来た新しいファンも、
話題になった番組や伝説のコンサートをユーチューブで見られるから、
なんだそうですよ。
ま、その話は置いといて。

最近は、自分の本の宣伝を動画で作成し、
ユーチューブでアップする著者さんも、
時々いらっしゃいます。
こういう事例は、当然のことながら、
これからますます増えてくると思うのです。

私自身、担当本のコマーシャルをユーチューブにアップしたことがありますし、
今後、もっと増やしていきたいと思っているわけで。

こういう動画関係だけでなく、

フェイスブック、
ツイッター、
本の一部が無料で読めるサイト、
メールマガジン、
文庫編集部主体の編集部ブログ、

……などなど、
弊社が行なっているネットでの情報発信、
結構あるのです。

そして、上記の動画のように、
この動きはますます増えてくると思います。

しかし、ちょっともったいない部分もあります。

例えば、著者さんのサイン会があるとして、
そのアナウンスを各部署のツイッターやフェイスブックで行なおうとしたら、
担当者がそれぞれの中の人に、メールでお願いする必要があります。
どこかにアップすれば自動的に送信される、
といった仕組みにはなってない。

あるいは、
著者さんの動画と、
その著者さんの本のまえがきが読めるサイトが
連動してる、とか。
そういうふうには、まだなってない。

しかし、
こういうことをきちんと行おうとしたら、
やはり専従の人間が必要なんでしょうねえ。

あるいはせめて、
そういったことを研究する委員会を立ち上げるとか。

私自身は、こういうの考えるの嫌いではないのですが
(というか、好きなのですが)
(こういうふうにブログもやってるわけですし)
しかし本も作らなきゃいけないわけで、
専従はまだ、ちょっと…、
というのが正直なところであります。

他社さん、どうしているのかなあ。

とりあえず、委員会のたち上げは
ちょっと考えてみたいです。

※写真は、セブンイレブンで買った淹れたてコーヒー。
これが100円で飲めるんですから、ありがたい。

【本日のアマゾン】
・『ホテルローヤル』1位。おお。
・『無印良品は、仕組みが9割』日経新聞で宣伝してたなあ。

« 1391 ニックネームのススメ | トップページ | 新刊のカバーです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/52508021

この記事へのトラックバック一覧です: ネット研究委員会?:

« 1391 ニックネームのススメ | トップページ | 新刊のカバーです »