最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 見本本ができるまでに | トップページ | 1399 新橋こいち祭で考えた »

2013年7月24日 (水)

1398 著者が作ったコマーシャル

Aoyama__

先日、「ネット研究委員会?」についての記事を書きましたが、
今日、社内数人で話し合い。

まあ、打ち合わせというか雑談というか。
大袈裟な会合ではありません。
とりあえず、やれる部署からやれる範囲でやって行き、
そこからじわじわ広げましょ、ということになりそうです。

となると、私が所属している編集部から、
ということになりそうで。
ま、できるだけ省力化するつもりですが。

今回のそもそものきっかけは、
著者さん自ら、ご自身の本のコマーシャルを作成し、
それをユーチューブにアップしたので、
社としてうまく宣伝に使えないか、
ということなのです。

著者自ら自作の動画を作るなんて、
凄い時代になったなあ、
と思うのです。

その動画のこと、
文芸編集部のツイッターではなぜかまだつぶやいていないらしく。
一足先に私が所属している編集部アカウントのツイッターで
つぶやきました。
ついでに、文庫や雑誌のアカウントでもつぶやくように、
それぞれの中の人に、メールでお願いしました。

この本、私の担当でも何でもないのですが、
再生回数がちょっと少なめでして、
もっと増やしたいなあと思ったものですから。

こうやって、ネットがらみのあれこれの仕事が増えていくんだろうなあ。
HKT48関連のサイトを見る時間、減るんだろうなあ。(←そこか!)

というわけで、
このブログにも貼っておきます。

『ジャッジメント』
著者・佐藤青南さん自身制作編集のPVはこちらです

【本日のアマゾン】
・『消されたマンガ』ランクイン。
・『最新版 投資信託はこの9本から選びなさい』9という数字、よく見るなあ。

« 見本本ができるまでに | トップページ | 1399 新橋こいち祭で考えた »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/52589112

この記事へのトラックバック一覧です: 1398 著者が作ったコマーシャル:

« 見本本ができるまでに | トップページ | 1399 新橋こいち祭で考えた »