最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の26件の記事

2013年8月31日 (土)

若い人向けのビジネス本が目立つなあ。

1377955399056.jpg
ビジネス書のオーソドックスなテーマとして、
若いビジネスパーソン向けに仕事のやり方を教える、
というのがあります。

これ、昔からあったと思いますが、
最近、特に増えているような。

今日、自宅で読了した
『僕が電通を辞める日に
絶対伝えたかった79の仕事の話』
なんか、まさにそうですし、
まだ読めてませんが、
『世界のエリートはなぜ「この基本」を大事にするのか』も、
そういうテーマらしいです。

以前だったらリアルな先輩が教えてくれたと思うのですが、
今はどの会社も人が少なくなって、
後輩に教える余裕がなくなっているから、
という分析もあるようですね。

こういう本の需要があることは十分わかりますが、
私としては、
逆に定年目前のおじさんたちに向けたビジネス書が作れないかなあ、
と夢想するのであります。

まあ、定年目前となると、
その立ち位置がまさに千差万別でしょうから、
誰に向けたらいいのか、
悩みそうではあります。

【本日のAmazon】
•『揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る』お! 84位。自社本です。
•『向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)』ランクイン。これって今朝の朝日新聞効果か。
•『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』27位。

2013年8月30日 (金)

パーティのお手伝いでした

1377862663690.jpg
今月は、ブログ更新できてない日が多いです。
そのほとんどが、お酒飲んでたからなんですが、
昨日もそうでした。

昨日、林望先生の『謹訳 源氏物語』完結をお祝いする会が東京会館でありまして、
そのお手伝いに行きました。

同僚が担当編集で、仕事ぶりを見てましたが、
とにかく長丁場。全10巻、3年半かかりました。
大変だったと思います。

私たちは受付係で、
お客様にお名前を書いていただいたり、
会費を集めたり。
そういうことをしてました。

で、終わった後、お手伝いスタッフで遅めの晩御飯を食べ、
そのあと、さらに少人数で飲み会へ。

気づいたら、自宅で寝てました。

ま、そんなことはいいんですが、
こういうパーティ、遅刻すると受付が大変だなあ、
ということを痛感しました。

自分自身への戒め、であります。
最近、どうも時間にルーズになってますので。

【本日のアマゾン】
・『N字回復』ちょっと気になる。


2013年8月28日 (水)

【本】『消失グラデーション』

1377689126258.jpg
今週は名古屋出張が急に入ったわけですが、
行き帰りの新幹線では、
知り合いの書店員さんに教えていただいた、
『消失グラデーション』を読んでました。

ちょっと厚めなので、新幹線の時間だけでは読み終わらず、
結局2日がかりで読了。

読み始めて割とすぐに、
「こいういうオチではないのか」
と思ったのですが、いろいろ確認して、
「いやいや、考え過ぎ。その可能性はない」
と読み進めました。

ところが。

ラスト近くになって、
私の思っていた展開に。

「え!」
と思ったのですが、私の確認を上回る伏線、というか説明があって、
「なるほど」
と感激しました。
描写のそこかしこに、「ああ、なるほど」と思わせる部分があります。
非常に緻密に作り上げています。
こういうの、好きです。

ただ、ミステリとして読むと、メインとなるトリックが弱いような…。
ううむ。
ただ、本格ミステリというよりは青春小説なので、
あまり気になりませんでした、私は。

この著者さん、この作品で横溝正史ミステリ大賞を受賞してデビューしたらしいですが、
2011年にデビューして、まだ2作。
もうすぐ3冊目が出るらしいですが、
ちょっと寡作すぎるのでは。
そこが気になります。

【本日のアマゾン】
・『マンガ 尖閣・竹島・北方領土』ランクイン。ん?

2013年8月27日 (火)

名古屋に行ってました

1377609733895.jpg
昨日はなんだかバタバタしていました。

名古屋に日帰り出張して、
夕方帰ってきて仕事をちょっとして、
飲み会に参加。
出張の疲れと楽しいお酒で、
ついつい飲みすぎてしまったのでした。

名古屋出張というのは、
9月発売の本の最後の打ち合わせ、だったのです。

著者の河合先生、伊勢神宮のお近くにお住まいなのですが、
これまでは河合先生の東京出張の際に、東京駅近くでお時間をいただいていました。

で、最後くらいは私が伊勢へ、と思っていたのですが、
ちょうどこの日、名古屋にお仕事、ということで、
お仕事の後、1時間ほどお時間をいただきました。

細かい言い回しや、写真の説明文などなど、
専門の方に見ていただいた方がいい箇所を、
あれこれお聞きしました。

今回の本、綱渡りのようなと申しましょうか、
ギリギリのスケジュールだったなあと改めて思うのですが、
何とか形にできたのは、
河合先生のフットワークの軽さ。これが凄く大きかったです。
伊勢の方なのに、何度も東京でお時間をいただいて…。
本当に、助かりました。

そしてこの本、来週には見本本ができてきます。

ううむ。実感が湧かない。

写真は、名古屋土産の海老せんべい。
駅から100歩ほどの喫茶店で打ち合わせをして、そのまますぐに新幹線に乗りましたので、
ひつまぶしも味噌カツも食べられず。
それは次回だ…。

【本日のアマゾン】
・『犬から聞いた素敵な話 涙あふれる14の物語』20位。
・『心配事の9割は起こらない』また9割だ。
・『「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』2010年の本だ。


2013年8月25日 (日)

売れ筋のテーマ

1377440985406.jpg
最近、健康に関する本が売れてるみたいです。

私が担当させていただいた若杉友子さんの本もそうですし、
他にもいろいろ出ています。

写真の本は、本日読了。
50歳から、と年齢で切っているのが面白いです。
125歳まで元気ハツラツと生きるノウハウが載っています。

まあ、ご本人もまだ、その年齢にはなってないわけですが。

今、こういうテーマが売れ筋みたいだから自社でも出そう、
と考えても、形になるのは半年くらい先。
その時に、そのテーマがまだ売れ筋かどうかはわかりません。
(この件、テーマを著者としても通用するかもしれませんが、長くなりそうなのでそのうち改めて)

というわけで、今売れているテーマより、
近いうちに売れ筋になるテーマを見つけたいのですが、
これが猛烈に難しいわけでして。

結局、自分の勘に頼るしかないという言語化しにくい問題になってしまうんですよね。

せめて、その勘を鍛えるために、
人気の映画をみたり、
話題の場所に行ったり。

そういうわけで、
今最も売れているアイドル、AKB48のコンサートにも行かねばならないのです。
(←言いたかったのはそこか!)

【本日のAmazon】
•『ものぐさ精神分析』12位。ん?

2013年8月24日 (土)

Amazonのレビューで

ネット書店アマゾンって、
細かいところがちょこちょこ変わります。
基本的に、売り上げが増えるためのさまざまな実験を行っている、と理解してます。

で、最近気づいたのですが、
読者のレビュー、動画でもできるようになったんですね。

これで思ったことがふたつ、あります。

影響力の大きい書評ブロガーさんたちが何人かいらっしゃいますが、
今後は、動画書評ブロガーで影響力を持つ人が出てくるのではないか、と。

文章で本を買わせるのって、
率直に申しましてかなりの文章力が求められます。

つまり、参入障壁が高いのですが、
動画であれば、少なくとも文章力は必要ないわけで
(もちろん、他の力が必要になりますが)
新規参入が増えるのではないか、と。
そこから、人気動画ブロガーさんも出てくるのではないか、と。

版元で、何かできることないかなあ。

もう一点は、
動画のアップが随分簡単になったことの象徴というべき現象だと思うわけでして。

電話回線の進化と、
スマートフォンの普及。
これによって、動画のアップが非常に楽になりました。
私自身、本の紹介動画をスマートフォンで撮り、
ユウチューブにアップしたことは、
以前記事にしたとおりです。

本に関して、読者の立場の人も動画をアップできるようになった今、
版元は動画をどのように活用すべきなのか。

とりあえず、本の紹介動画はこまめにアップした方がよさそうですね。

【本日のAmazon】
•『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1』気になる。

2013年8月23日 (金)

1425 東京ドームに行ってきました

今年は現場に行く!
ということで、あちこちに行ってます。
今日も、仕事をぶん投げて(比喩ですからね、あくまでも)
東京ドームに行ってきました。
AKBグループのコンサートをやっているのです。

3時間ノンストップで、今最も勢いのあるエンターテインメントの現場を見てきました。
(と書くと、なんだかカッコいい…)

細かな感想はおいときまして。
ドームですから、出演者の詳しい様子はわかりません。
ですので、正面に大きなスクリーンがどんと置いてあって、
そこに歌っている人たちの様子が映し出されるわけですが、
歌詞もそこに映ります。

そういうわけで、AKBグループの歌詞を否応なく読むことになったのですが、
いい歌詞が多いんですね。
ま、だからこそ売れているんでしょうが。

流行り言葉を巧みに取り込んだものや、
女性が書いたとしか思えない文言(もちろん、すべて秋元康氏が作ってます)、
そして、聞いているこちらが元気になる歌詞も。

今回、歌詞で一番印象に残ったのは、
「ファーストラビット」。

これを聞いて、仕事をがんばろうっと。

(一部抜粋します)

傷付くことを恐れはしない
何があっても怯まずに
自分の夢を探しに行く
最初のうさぎになろう

まだ見てない世界を偉そうに
語ってるより泥を跳ねろ
孤独な夜も星を味方に
自分の足跡残すんだ

どんなに不安になっても
僕は誰よりも走る

【本日のアマゾン】
・『無印良品は、仕組みが9割』1位だ。
・『お腹からやせる食べかた』ランクイン。


2013年8月21日 (水)

【本】『その英語こう言いかえればササるのに!』

1377095415629.jpg
わが子との山陰旅行、先ほど帰ってきました。
境港と出雲大社を見てきたわけですが、
60年後の遷宮の際に、わが子が自分の孫と一緒に出雲に行って、
「おじいちゃんも子供の頃、親に連れられてきたことがあってね…」
と話してくれたら嬉しいなあ、と思うのですが、
そんなことはさておき。

わが子との旅行では、まとまって本を読む時間はあまりありません。
細切れ時間にちょっとずつ読む感じです。
というわけで、どこからでも読める、そして読んだ分だけ身につく、
『その英語、こう言いかえればササるのに!』
を読んでました。
関谷英里子先生の最新作です。

ビジネス英語の現場で、
日本人がつい言ってしまうちょっと場違いな英語の表現。
それをどう言いかえたら相手に刺さるのか、
詳しく解説しています。

1テーマが数ページなので、
細切れ時間に読むのに最適。

読んでいて、あまりに自己卑下や謙遜が過ぎるとよくない、
ということを痛感するのですが、
これからの日本企業内部でも、そうなってくるのでは…。

英語から学ぶ、「上手に自分をアピールする」日本語の表現や発想、
という切り口、考えられないかなあ…。

「刺さる」がタイトルとして使える、
というのも、個人的には発見でした。

【本日のアマゾン】
・『それでも前を向くために be SOUL 2』4位。自社の本だ。

2013年8月20日 (火)

遷宮にもいろいろありまして

1377010151254.jpg
今回、伊勢神宮の本を担当させていただいたわけですが、
伊勢神宮は今年、
20年に一度の式年遷宮です。

一方、60年ぶりの大遷宮を行ったのが、
出雲大社。

だから、というわけではないのですが、
我が子との旅行の二日めとなる今日、
出雲大社に行って来ました。

伊勢神宮は、お社の隣が空き地になっていて、
そこに新しいお社を建てます。
それが20年ごとに行われるわけで、
建物そのものは20年の歴史しかありません。
そこにこそ、古くて新しい伊勢神宮の秘密があるわけですが、
その詳細はもうすぐ出る新刊を読んでいただくとして、
出雲大社は、本殿は江戸時代に作られたもので、国宝。
それを60年に一度、メンテナンスします。
その間、神様には仮殿に入ってもらいます。
仮殿、本来は拝殿なんだそうです。

というわけで、
遷宮とは言うものの、
伊勢と出雲ではかなり違うんですねえ。
と、改めて勉強になったのでした。

【本日のAmazon】
•『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』2位。

2013年8月19日 (月)

漫画で町おこし

1376918536430.jpg

1376918556024.jpg
なんとか夏休みが取れたので、
我が子と旅行に来てます。

羽田から米子まで飛んで、
その後、境港へ。

ここは水木しげるさんの故郷として知られてますが、
水木さんの作品群で
見事に町おこしをしてるんですね。

水木しげるロードが駅から800メートルほどできていて、
その両サイドに、水木さんの妖怪たちのブロンズ像が並んでます。

スタンプ帳もあって、
かなり楽しめます。
お土産屋さんやお菓子屋さんにも、
水木作品のイラストがたくさんあって、
完全に水木作品ワールド。
さらに、境線の車両には、
猫娘とねずみ男のイラスト
が。

水木しげるロード、20年前にできたようでして、
それ以来にぎわっているのですから、たいしたものです。

漫画でここまで町おこしがうまくいった地域って、
他にあるのかなあ。

【本日のAmazon】
•『脳はこんなに悩ましい』ちょっと前の本。
•『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』気になる。10月の本なのね。

2013年8月18日 (日)

今朝の東京新聞の気になる記事

今朝の東京新聞に、気になる記事が載ってました。
政治学者の中島岳志さんのお原稿に、橋下徹大阪市長への批判がふくまれていたため、
出版元のNTT出版が出版を中止。という内容です。

そのお原稿は、新潮社から6月に刊行されたそうなんですが、
2ヶ月も前のことがなぜ今頃新聞記事になったのか、
ちょっと不思議です。

ま、それはともかく、
発売3週間前に中止が決まったそうで、
私が担当編集だったら胃に穴が空きそうです。
このタイミングだと、各方面に情報を流しているはずで、
それが全部ムダになってしまう。

こうならないように、
早い段階で上司に話を振っておく、
といった根回しが必要だったんでしようね。

ちょうど今、「根回し」についての企画を進めているので、
その点では大変興味深かったです。

結局新潮社から出ているそうなんですが、
問題になったという話は寡聞ながら聞いてません。

東京新聞の記事はこちら。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013081802000119.html

【本日のAmazon】
•『人間にとって成熟とは何か』1位。
•『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』ちょっと気になる。

2013年8月17日 (土)

生活のリズムを元に戻すために

1376751391027.jpg
今月は泊りがけの出張が二度あったり、
休日出勤があったりで、
なんだか生活のリズムが崩れてました。

生活のリズムが崩れると、
私の場合、記録をつけなくなります。

基本的に、なんでも記録をつけるのが好きで、
その日どんな仕事をしたのかノートにつけ、
何を食べたか小さいノートに書き、
読んだ本を携帯アプリで記録し、
思いついた企画を書き留め、
普通の日記も書いているのですが、
それらが今月は、
どうもうまくいってません。
結構、記録できてません。

で、そうなると、やる気がグッと下がってしまい、
仕事の能率が落ちて、
その結果、記録、をつける時間が取れなくなる、
という、まさに悪循環。

というわけで、
本日土曜に、あれこれ思い出せる範囲で、
記録をつけてました。

これで、生活のリズムも元に戻り、
月曜から仕事をバリバリと、
となればいいのですが
月曜から、夏休みなんですよね、私。

写真は、熊本出張で取材先からいただいた、焼酎。
熊本には球磨焼酎というブランドがありますが、
その球磨とクマもんの洒落ではなかろうか、と。

【本日のAmazon】
•『人間にとって成熟とは何か』2位。朝日新聞の広告、目立っていたなあ。

2013年8月15日 (木)

熊本に来ました

1376576924824.jpg
熊本に、出張中です。
詳しくは、明日にでも。

2013年8月14日 (水)

1418 小学館ビルに行ってきました

1376475023743.jpg

1376475025263.jpg

1376475026267.jpg

お昼休みのついでに、小学館ビルに行ってきました。
このビル、改装のため9月には取り壊されます。
で、その壁に、漫画家さんたちが「落書き」をしてます。
小学館がらみの漫画家さんたちですから、
かなり有名な方たちばかり。

このことがテレビなどでも話題になっているらしく、
結構な人だかりになってました。
ただ、中には入れませんし、
すりガラスになっているので、
すりガラスの細い隙間から覗き込むしかありません。

子供たちも数人来ていて、
覗き込んでは「○○見つけた」(私、キャラクターの名前がわかりません…)
と喜んでました。

元々、内部のイベントだったみたいで、
外から見られることは想定していなかったと思うのですが、
せっかくの「落書き」なのに、
きちんと見ることができないのは、
正直、もったいないです。
子供たちだけでも、中に入れたらいいのに。
(ちなみに、小学館の社員は入れます)

このビル、「おばQビル」という別名があるくらいで、
つまり小学館が「おばけのQ太郎」で大ヒットした時に新築したビル、
らしいのです。

ということは、子供たちは大事なお客さまであるはずで、
内部公開なんて最初は想定してなかったと思いますが、
子供たちだけでも中に入れてあげたら。
と思います。
きっと、感激すると思いますよ。

もったいないなあ。
ま、いろんな事情があるのでしょうけれど。

【本日のアマゾン】
・「いい人生だった」と言える10の習慣』お。気になる。

2013年8月13日 (火)

1417 夏休みが取れるか否かという問題

今朝の通勤電車、空いてました。
自宅最寄り駅から会社最寄り駅まで、
乗り換えが一回あるのですが、
ずっと座れたのって、かなり久しぶりな気がします。
世間はお盆休みの季節なんですね。

私、今週は働いて来週3日間、夏休みを取る予定です。
ただ、9月発売の新刊もちょうど佳境でして。

忙しさのピークとピークの狭間で
休みを取るつもりです。
したがいまして、
ピークがずれるとかなり厳しいことに…。
机上のシュミレーションでは、
絶妙なタイミングで休めるはずなんですが、
あくまでもシュミレーションだからなあ。

とりあえず、
明日から金曜までの3日間で、
カバー類に載せる紹介文を作り、
目次原稿を作り、
前書き原稿の草稿を作り、
印刷所さんから出てくる活字組み(ゲラと呼んでます)を各方面に送れば、
なんとかなるはずなんですが。

もっとも、メールやファクシミリを使えば、
会社にいなくても、
かなりのことができますけどね。

10年以上前、休み中にカバーの打ち合わせをしなくてはならなくなり、
帰省先にファクシミリでラフを送ってもらったことがあります。
実家にはファクシミリがないので、
親戚の家に送ってもらったんですけどね。

たぶん、それ以上のことがいまならできるんじゃないかなあ。

とりあえず、
我が子が旅行につき合ってくれるのは後2年。
と思ってますので、そっちも大事にしたいのですよ。

【本日のアマゾン】
・『「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。』このタイトル、気になる。


2013年8月12日 (月)

カウントダウン28日

1376308990594.jpg
9月発売の新刊、編集作業が大詰めであります。
今日、著者さんから著者校をいただきました。
ワードをプリントアウトしたものに、
赤が入ってます。
この修正をワードに反映させて、
印刷所さんに渡せば、とりあえず一区切り。
印刷所さんから活字組み(ゲラと呼んでます)が戻ってくる間に、
デザイナーさんとカバーの打ち合わせなどをするわけで。

いつにもまして、かなり厳しいスケジュールになってますが、
とりあえず、なんとか最終的には帳尻が合う予定。

まあ、そのために、
著者さんにかなり無理をお願いしましたし、
デザイナーさんにも無理をお願いするんですが。

この仕事の傍ら、来年の企画の打ち合わせもじわっと入ってきてます。
というか、打ち合わせておかないと、
来年出す本がなくなるわけで。

時間のやりくりって難しいです。
編集者としてではなく、
読者として、時間術って永遠のテーマだわ。

【本日のアマゾン】
・『心の壁の壊し方』ちょっと気になる。

2013年8月11日 (日)

歌舞伎座に行ってきました

1376232057061.jpg
なんでも現場に行かなくては。
ということで、4月にこけら落としとなった
新しい歌舞伎座に行ってきました。
ま、一番大きい理由は、
我が子を歌舞音曲好きにしようという策略なのですが。

地下鉄から直結している地下のお土産売り場、
劇場の上の屋上庭園、
それらをのんびり見たあと、
芝居見物。
写真は屋上庭園なよ階段から見た、歌舞伎座の屋根です。

私、10年ほど前はしばしば行っていたのですが、
今回、かなり久しぶりの歌舞伎見物となりました。

で、久しぶりに行ってみると、
また行きたくなるんですよね。

まあ、8月以外は、
夜の部の公演が午後5時前に始まるという、
平日のサラリーマンは客層と思ってないらしいタイムスケジュールなので、
当分無理ですが。

屋上庭園の階段から見える瓦に
一個だけ左右反対の模様があるそうで、
お客さんたちが盛り上がってました。

こういうクイズのようなこと、
盛り上がるんだなあ。

新刊の新聞宣伝などで使えないかな。

(歌舞伎座の場合はクイズという意識ではなく、完成したらあとは崩れるしかないのであえて完成させない、という発想からだとおもいますが。日光東照宮の逆さ柱みたいな

【本日のAmazon】
•『英語で働け! サラリーマン読本』朝日新聞書評効果だ。

2013年8月10日 (土)

オリコンのレポートによりますと

1376139767070.jpg
オリコン•リサーチ株式会社が「2013年上半期レポート」というのを発表しています。
音楽ソフト、映像ソフト、書籍に関する数値がのってます。

それによると、書籍の総売上額は5271.7億円。
対前年比98.5%。

これまでジャンルを牽引してきた銘柄が落ち着いてきたことと、
旅行ガイドの減少がその理由、なんだそうです。

一方で、自己啓発書が売上を伸ばしています。
コミュニケーション力をテーマにしたものも売れています。

そして、部門売上として唯一、前年同期実績を上回ったのが、
文庫部門。
ふうむ。
数字は、説得力があるなあ。

【本日のAmazon】
•『誰も戦争を教えてくれなかった』ランクイン。
•『あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!』こういうのって、NHKへの連絡、必要なのかな。

2013年8月 9日 (金)

1412 お洒落な会社を訪問

1009818_416761041762487_823699873_n


今日はタワーレコードの本社に行ってました。
年末くらいに出すことになるであろう、出版企画の打ち合わせ、
であります。

タワーレコードさんのようなお洒落な会社を、
まさか私が仕事で訪れる日が来るとは。
個人的に、かなり感激しました。

今週は熊本に出張しまして、
これまた来年出版予定の本の件で打ち合わせをしたのですが、
これも、編集の仕事をしてなかったら
たぶん行ってない場所での打ち合わせでした。

移動には時間がかかるので、
その分デスクワークができなくなりますし、
今日などは駅からタワーレコードに行く間が猛烈に暑かったのですが、
そういったこと以上に、現場に行けるというのは楽しいです。

あ。来週、また熊本だ。

【本日のアマゾン】
・『無印良品は、仕組みが9割』19位。
・『統合失調症がやってきた』ランクイン。ふむ。

2013年8月 8日 (木)

1411 他社の営業さんの話

昨日は出張帰りにも関わらず会社の近くで酒を飲み、
ヘロヘロになってしまいました…。


ネットで見つけた記事ですが、かなり興味深いです。
この記事です。最近ヒット作を連発している、
アスコムの営業さんのインタビュー記事。

1冊の本に対して、営業と編集が1人ずつタッグを組んで、対象の客層、店舗、冊数など、企画の段階から戦略を立てます。ただ、2人だけで進めると考えが偏ってしまう恐れがあるので、ミーティングなどで他の人の意見も聞いています。書店さんに相談することもありますね。
…これ、弊社はできてないなあ。もっと販売部の声を聞かなくては。

新聞広告は、徹底的に効果を調べて掲載をしました。
…効果、どういうふうに調べたのだろう。

新刊に関しては、売り伸ばしのデータを取るため、“仕掛け店”を作っています。“仕掛け店”は本の内容やターゲットによって店舗を変えています。
…仕掛け店を作れる、というのがそもそも凄いのではないか、と。

数字は事実なので、書店さんも納得してくれるんですね。
…数字、大事ですよね。やはり。この辺、もっときちんとしなくては。

2013年8月 6日 (火)

クマもんとの遭遇

1375795638179.jpg

1375795640474.jpg
本日は熊本取材でした。
朝9時から先方と打ち合わせ。
「朝は何時始まりなんですか」とお聞きしたら、
8時半から、とのこと。
早いなあ。
ホテル、先方の近くにしておいて、本当によかった。

打ち合わせ終了後、
鶴屋というデパートへ。

ここの一階に
クマもんスクエアというスペースができていて、
日に2回、クマもんが出演するらしいのです。

動くクマもん、確かに可愛い。

進行役の人が子供に聞いてましたが、
神奈川から来ている子もいるらしく、
クマもんの人気、 全国区なんですねえ。

クマもん関連本、世間にはすでにたくさん出ているので、
ストレートなクマもん本はもはや出しにくいですが。

【本日のAmazon】
•『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書』ふむふむ。

2013年8月 5日 (月)

九州におります

1375714085770.jpg

1375714087420.jpg
いま、熊本におります。
出張です。
まず福岡に着いて、あちこち歩き回り、
新幹線で熊本に移動。
少し前に、ホテルに到着しました。
このホテル、取材先に近いのです。
熊本といえば、ゆるキャラのクマもんが有名です。
明日、会えるかな。

2013年8月 4日 (日)

1409 『東大生に最も向かない職業』の動画です

9784396614560

珍しく、休日出勤しております。
『東大生に最も向かない職業』の著者である落語家・春風亭昇吉さんに
弊社においでいただいて、本の紹介動画を作ったのです。

といっても、昇吉さんに小噺と本の紹介をお願いし、
私は携帯でそれを撮るだけ、だったんですが。
で、それをユーチューブにアップしてみました。

全部で5本あります。
全部見ても、10分かかりません。
お手すきのときにでも見ていただけますと、
嬉しいです。よろしくお願いします。

1本目。

2本目。

3本目。

4本目。

5本目。

2013年8月 3日 (土)

【本】『おさんぽ美術館』

1375540788018.jpg
杉浦さやかさんの最新刊です。
今回も、面白かったなあ。

雑誌連載がベースになっているらしいですが、
杉浦さんのことですから、
書籍化にあたっていろいろ加筆されてるのではないか、と。

今年、赤ちゃんが生まれ、
その分新刊はどうなるのかなあ、
と思っていたのですが、
これはファンにとって嬉しいプレゼントです。

美術館の単なるガイドブックではなく、
美術館周辺の食べ物屋さんや雑貨屋さんも紹介する、
美術館+お散歩という切り口が面白いです。

最初は東京、
次に日帰り旅行、
さらに泊りがけ旅行、
とどんどん広がって行きます。
長崎にも行かれたんですねえ。

イラストがかわいいのはもちろんですが、
杉浦さんの鋭い観察眼が面白いです。

そして、これだけの情報が入っているということは、
担当編集は確認するの、大変だったろうなあ。

【本日のAmazon】
•『日本の歴史をよみなおす』1位。

2013年8月 2日 (金)

2枚の領収書

1375448373138.jpg

うわ。
ブログの記事が消えてしまった…。

ええと、
来週、熊本に出張します。ライターさんと二人。
たぶん、出張としては最長です。

そういうわけで、ライターさんの分のチケットをまず取りました。
ホテルと往復の飛行機がセットになっているもので、
3万8千円。
これが7月26日。
l熊本までの片道代が4万円近くしますので、
ずいぶん安いです。

私の方はちょっとスケジュールが不確定だったので、
7月31日に、同じセットを取ったのですが、
8万2100円。

これでも、ホテル代込みであることを考えれば安いんですが、
ライターさんに比べたら、倍以上。
5日間で、それだけ高くなったわけです。

出張が決まったら、すぐに行動しなくては。
という自戒の記事でした。

【本日のアマゾン】
・『非常識な本質』気になってきた。


2013年8月 1日 (木)

忙中閑あり、と言いたいなあ

1375368033703.jpg
今週来週と、久しぶりにかなりバタバタしています。
(客観的にはジタバタかも)

で、そんな中、演劇集団キャラメルボックスの
「雨と夢のあとに」
を見てきました。
親と子の最後の夏を描いたお芝居、よかったあ。

芝居のチケットって、
予約するのは結構前で、
その時の忙しさは予想するしかないわけですが、
だいたいの場合、○月のこのころだったら忙しい、逆に暇、
というのは予想が付きます。

というわけで、今回も、
チケットを予約した段階では、
暇になっていると予想していたんですが、
見事に外れてしまいました。

新刊が書店に並び、
いつもだとのんびりできるんですが、
今回はその次の新刊が予想外に大変な展開になってまして…。

というわけで、
今回、ちょっとだけ行くのを逡巡したんですが、
まあ、なんとかなるでしょう。
という極めてあいまいな楽天主義のもと、
行ったのでした。
すべては、メリハリですよ。

さ。お仕事がんばろ。

【本日のアマゾン】
・『シャボンだまのきせき』ん? と思ったがテレビ関係本なのか。
・『人間にとって成熟とは何か』2位。強すぎる。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »