最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【本】『人間にとって成熟とは何か』 | トップページ | 【仕事を洗い出す】言語化できるもの、できないもの »

2013年9月23日 (月)

芸の継承

1379948050424.jpg
三連休最終日の今日、鈴本演芸場に我が子と行ってきました。

川柳つくしさんの真打披露興行ということで、
満席でした。

落語の世界は、師匠から弟子に芸が継承されますが、
編集者の本作りのノウハウ(と言い切っていいのかどうか…)はどのように後輩に伝えたらいいのか。
そういうことを考えなくてはならない年齢になってきたんだなあ。と思うわけですが。

そもそも、師匠と弟子、という関係にはないわけで。
毎回必ず重版、とか、
ミリオンを出したことがある、とか、
そういう人なら師匠になりうるかもしれませんが、
残念ながら弊社には、
私も含め、そんな先輩はいません。

そんな中でどういうふうにノウハウを伝えるべきか。

この件、長くなりそうなので、
もう少し考えをまとめて、
改めて書きたいと思います。

« 【本】『人間にとって成熟とは何か』 | トップページ | 【仕事を洗い出す】言語化できるもの、できないもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/53365449

この記事へのトラックバック一覧です: 芸の継承:

« 【本】『人間にとって成熟とは何か』 | トップページ | 【仕事を洗い出す】言語化できるもの、できないもの »