最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 立ち読みページ、始めてます | トップページ | 伊勢神宮に行ってきました »

2013年9月 5日 (木)

1436 ストーリー仕立てのビジネス書について考える

『もしドラ』に代表される、ストーリー仕立てのビジネス書、
最近よく目にします。
私の担当本でも来年あたり、
ストーリー仕立てのビジネス書を出すことになるかも、です。

というわけで、最近よく売れている(と耳にする)本を何冊か読んでみて、
ざっくりとした傾向を分析してみました。

まあ、分析というほどではないのですが。

●主人公
主人公は女性、というパタンが多い。

●何が書かれているのか
ビジネスにかかわるお勉強トピック(マーケティングとか)が
わかりやすく書かれている。
ということが帯やタイトルでパッとわかる。

●カバー
主人公が表紙カバーに描かれていることが多い。

●ストーリー
主人公が絶対的なピンチに陥り、そこからⅤ字回復する様子を描くことが多い。
つまり、主人公は、スタート時点ではどこかが欠落している状態。
脇役がアドバイスすることでさまざまな知見を得る。

【本日のアマゾン】
・『地道力[新版]』ん? ちょっと気になる。
・『トラウマ恋愛映画入門』これも気になる。

« 立ち読みページ、始めてます | トップページ | 伊勢神宮に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/53157511

この記事へのトラックバック一覧です: 1436 ストーリー仕立てのビジネス書について考える:

« 立ち読みページ、始めてます | トップページ | 伊勢神宮に行ってきました »