最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の29件の記事

2013年11月30日 (土)

紙袋二つを持って

1385821179327.jpg
先日、大きなミスをしてしまいました。
ある作家さんから本のご注文を電話でいただいていたのですが、
それを販売部に伝えるのを完全に失念。
「明日ならまだ間にあうので持ってきて欲しい」とのことだったので、
北戸田の倉庫まで取りに行き、
それを次の日、持って行きました。

次の日でも間に合うということで、本当にホッとしました。

倉庫から会社までは段ボールで持ちづらかったんですが、
翌日は紙袋二つに分けたので、随分楽でした。

こういうミスをすると、
想定していなかった時間を使うことになるわけで。
それが一番つらいです。
(今回は、それに加えて腕も痛かったわけですが)

二日合わせて数時間のロスタイムが生じてしまいました。

忙しい時こそ、細かい仕事をきちんとこなしていかないといけないなあ。
メモ帳、わかりやすいところに置いておかなくては。
と改めて思ったのでした。

【本日のAmazon】
•『原発ホワイトアウト』1位。

2013年11月29日 (金)

試写室へ

1385736616429.jpg
今日は午前中、東宝本社に行ってました。
日比谷です。
弊社から出ている小説『蜩ノ記』(葉室麟著)の映画版が来春公開されるのですが、その試写会があったのです。
映画会社の試写室、初めて入ったので、
かなりテンションが上がりましたよ。

映画も、面白かったです。

『雨あがる』や『白紙の愛した数式』の小泉堯史監督。
主演が役所広司さん。
岡田准一さん、堀北真希さんも出てます。

ヒットすると、いいなあ。

【本日のアマゾン】
・『「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人』ロングセラーになりそう。

2013年11月28日 (木)

新刊キターー!!!

1385649585520.jpg
12月新刊『手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。』の見本本が、編集部に届きました。
山田真哉さんと花輪陽子さんの共著、ニコニコ生放送の人気講座「ニコニコ生活講座」の書籍化です。
お役立ち情報てんこ盛りで、
お値段税込999円。
よろしくお願いします!

2013年11月27日 (水)

ニコニコ生放送のスタジオへ

Burogu


昨夜は会社を抜け出して、神保町の撮影スタジオに行ってました。

ニコニコ生放送の人気番組、「ニコニコ生活講座」の11月分の放送が、
昨夜、あったのです。

12月新刊『「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」』は、
山田真哉さんと花輪陽子さんがニコニコ生放送で行なっている
この講座の書籍化なのです。

ニコ生って、見ている人たちのコメントがリアルタイムで流れるのですが、
山田さんたちはそれらに反応しながらの1時間ちょっと。
かなり、お疲れになるのではないか、と。
見ている分には、だからこそ面白いんですが。

ちなみに、本に収録したのは人気の4本、
「給与明細の読み方」
「給与明細の読み方その2」
「消費税」
「クレジットカード」であります。

【本日のアマゾン】
・『日本語の練習問題』あら? ランクイン初日?

2013年11月26日 (火)

眞鍋かをりさんサイン会

Manabe

弊社から、12月4日に眞鍋かをりさんの新刊
『世界をひとりで歩いてみた』が出ます。
後輩担当本ですが、私もちょっとだけ手伝ってます。

サイン会を東京と大阪で行なうことになりましたので、
ここにも書いておきますね。

●12月12日(木)午後6時半から
三省堂書店有楽町店(電話 03-5222-1200)

●12月18日(水)午後6時から 
紀伊國屋書店グランフロント大阪店(電話 06-7730-8451)


眞鍋さんご自身がツイッターでつぶやいてくださったおかげで、
物凄い数のRTです。
三省堂さんには昨日からお問い合わせの電話がかなりかかっているそうです。

ネット書店アマゾンでも、昨日から予約開始なんですが、
総合25位にまでなりました。素晴らしい!
(今、55位です)
この本のネットの話は、改めて書きたいと思ってます。

あ。サイン会には私も行きます。手伝いに。

【本日のアマゾン】
・『日本自立のためのプーチン最強講義』ちょっと気になる。

2013年11月25日 (月)

カウントダウン7日

9784396614775

今週末に、12月新刊の見本本ができてくる予定です。
で、来週には書店さん店頭に。
…展開の速さに、ついていけません。

というわけで、今週から来週にかけて、
宣伝臭の強い記事が多くなりそうです。
新刊ができてくる時期ですので、何とぞ御容赦ください…。

早速ながら、12月新刊のタイトルをご紹介させていただきます。
たぶん、著者名もタイトルも、このブログには書いてなかったと思うのですが、

タイトルは、
「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」(「 」もタイトルです)

山田真哉さんと花輪陽子さんの共著です

山田さんが、ブログでこの本のことを紹介して下さってます
ニコニコ生放送の書籍化なんですが、
ニコ生を本にするのは、これが最初らしいです。

出版記念イベントを、ただいま準備中です。
都内某書店さんで12月に行う予定です。
詳細は改めて。

この本と同じ時期に、眞鍋かをりさんの新刊が出ます。
こっちは後輩担当本なんですが、
こちらも出版記念イベントを東京と大阪の書店さんで行ないます。

で、私もそのイベントの手伝いに行きます。

というわけで、今、出版イベントの打ち合わせや情報の確認で、
結構バタバタしております。

【本日のアマゾン】
・『血管を強くして突然死を防ぐ! 』すばる舎さんなんだ。

2013年11月24日 (日)

タイトルって、改めて難しい

いま、『〜は9割』という感じの、
「9割」がタイトルについているもの、とても多いです。

『伝え方は9割』とか、
『心配ごとの9割は起こらない』とか。

このパタンのたぶん最初は、
『人は見た目が9割』
ではないか、と思います。

で、今日書店さんに行ってびっくりしたのですが、
このタイトルによく似た新刊があるんですね。

「見た目」が「外づら」になっているだけ。

これ、ほとんど言い換えにすぎないわけで。

私はかなりビックリしたんですが、
世間の多くの人たちは、
「ビジネス書のタイトルって、そんなもんでしょ」
と思っているのかな。

もちろん、先行作品のタイトルと新しいたいとるが、
どうしても似てしまうことはあります。

しかし、今回の本はなあ。
釈然としないので、ありますよ。

2013年11月23日 (土)

流行語大賞の候補50

1385211577739.jpg
写真は、会社から見た神保町の空。
たしか木曜の朝、あまりに天気がよくて撮影しました。

それはさておき。

もう数日前になりますが、
今年も、流行語大賞の候補50語が発表されました。

例年だと「なんだ、これ?」と思う言葉が結構あるのですが、今年はほぼ全て、どこかで聞いた記憶があります。

今年の特徴といえるのかどうか、
テレビドラマから出てきた単語がおおいような気がします。

これって、何か時代の空気を表現してるのかな。
私には残念ながら、よくわかりませんが。

参考資料として、
今年の50語を貼っておきます。

PM2.5

NISA(ニーサ)

母さん助けて詐欺

弾丸登山

美文字

DJポリス

ななつ星

パズドラ

ビッグデータ

SNEP(スネップ)

ヘイトスピーチ

さとり世代

ダークツーリズム

ご当地電力

ご当地キャラ

こじらせ女子

富士山

日傘男子

バカッター

激おこぷんぷん丸

困り顔メイク

涙袋メイク

倍返し

今でしょ

ダイオウイカ

じぇじぇじぇ

あまロス

ビッグダディ

ハダカの美奈子

ふなっしー

フライングゲット

マイナンバー

NSC

アベノミクス

3本の矢

集団的自衛権

特定秘密

汚染水

ブラック企業

限定正社員

追い出し部屋

ナチスの手口に学んだら

ネット選挙

アホノミクス

引いたら負け

二刀流

スポーツの底力

シライ

お・も・て・な・し

コントロールされている

【本日のAmazon】
•『蚊がいる』ランクイン。

2013年11月22日 (金)

もうすぐ、12月なんですね。

1385121100313.jpg
打ち合わせのため、
東京ドームホテルのロビーに行ったら、
大きなクリスマスツリーが出てました。

もうすぐ、12月なんですねえ。
正直、新刊の編集作業がバタバタしてて、
季節感がなくなってました。

今日で新刊の編集作業は終わり。
来週は、のんびりできるはずです。
もっとも、週末には見本本ができてくるんですけどね。
これだけヒリヒリしたスケジュールは、かなり久しぶりでした。

12月は、新刊の書店イベントがいくつかあります。
来年出版予定の本の取材もありますし、
後輩担当本のイベントも手伝う予定で、
私にしては珍しく、泊りがけの出張が2、3回入りそう。
楽しみだなあ。

もっとも、まずは今日作業が終わった12月新刊をキッチリ売ること。
それが大事。

そのためにやれることは、
なんでもやりますよ。

と、ブログには書いておこう。

【本日のAmazon】
•『ペテロの葬列』気になる。

2013年11月21日 (木)

【本】『発想をカタチにする技術』

1385040552079.jpg
この2週間ほど、仕事がちょっとバタバタしてます。
こういうときって、帰りの電車で本を読もうという気に、
なかなかなれないのです。

さすがに、職場で活字をずっと見ているせいか、
帰りの時間まで、活字を見たいという気にならないのです。
で、ユーチューブやらグーグルプラスをついつい見てしまうわけですが、
そんな私が一気に読んだのが、
『発送を形にする技術』

つまり、それだけ面白かったわけで、
私、昨日は帰りの電車を、久しぶりに二駅、乗り過ごしてしまいましたよ、
この本を読んでいたために。

著者の吉田照幸さんは、
NHKのディレクターさん。

「サラリーマンNEO」を企画し、
「あまちゃん」の演出も行なっています。
その吉田さんの仕事術の本。

どちらの番組も、いわゆる世間の抱くNHKのイメージとはだいぶ違う番組で、
特に「サラリーマンNEO」は、NHKらしくないコメディ番組でした。

というわけで、個人的に面白かったのは、
NHKという大きな組織の中で、
自分の発想をいかに形にするか、という部分でした。

特に印象に残ったのは、
特番で始まった「サラリーマンNEO」をレギュラー化するために取った作戦。

視聴者の感想メールを全部プリントアウトして、
偉い人に直接持って行ったそうです。

これだけでレギュラー化できたわけではないのですが、
きっかけにはなったらしく。

感想を自分で選ばず、全部持って行った。
メールでなくプリントアウトした。
そして、本人が直接持って行った。

この辺の方法論、自分もいつか真似してみたい。
と思ったのでした。

【本日のアマゾン】
・『ビジネスで一番大切なしつもん』1位。ふむ。
・『グリード』日経で宣伝していたな。

2013年11月20日 (水)

俣野成敏さんのセミナーに参加しました。

『プロフェッショナルサラリーマン』で知られる、
俣野成敏さんのセミナーに参加しました。

事前に募集していた参加者からの質問に次々に答えて行く、
という興味深い内容でした。

印象に残ったのは、次のフレーズでした。

「プロフェッショナルサラリーマンとアマチュアサラリーマンとでは、頭の中でしている質問の質が違う」

「相手に考えさせるのは、手抜き」

【本日のAmazon】
•『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』1位になってる。

2013年11月19日 (火)

【ランチ日記】ひげ勘

1384872298142.jpg
最近、自社公認ブログでも記事を書いているので、
たまに「このこと、個人ブログで書いたかな? 会社の方かな?」
と記憶が曖昧になります。

今から書くネタ、多分こっちには書いてないと思うんですが。

先日、神保町のお寿司屋さん「ひげ勘」でお昼ご飯を食べました。

お昼ご飯、週に一度は新規開拓するようにしてるのです。

というわけで、
初めて入ったのですが、
いい感じのお店でした。

寿司屋なのに、お昼は定食だけらしく、
私はアジのたたき定食をいただきました。

アジはもちろん美味しかったのですが、
ご飯と味噌汁も美味しかったです。

小さなお店なので、
お昼休みは混むんだろうなあ。

…という記事、書いてませんよね。

【本日のAmazon】
•『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』ランクイン。なぜだ。

2013年11月18日 (月)

カウントダウン14日

12月新刊、今夜が最後の山場であります。たぶん。

12月刊と言いながら、それは書店さんに並ぶタイミングのことでありまして、
見本本は今月末には出来上がってないといけない、
つまり来週末には本になっている、というスケジュールなわけでして。

まだ印刷所さんとやり取りしているという状況が、
実感が湧きません。

お原稿を活字組みして印刷してもらったものをゲラというのですが、
これを出してもらっては著者さんと編集で赤字を入れ、
再度出してもらったものにまた赤字を入れ。
今回、4回出してもらうことになります。

多くの場合、2回から3回が普通なのですが、
その一方で、先日読んだ『カッパ・ブックスの時代』によれば、
全盛期のカッパ・ブックスは3回、4回出すのが当たり前だったようで。

ですので、今回のやり取りそのものはいいことだと思ってます。
回を追うごとに、ますます面白くなってますから。

ただ、スケジュール管理をする立場である私の、
スケジュール管理が、あまりに甘すぎました。
もう少しきっちり把握できていたら、
著者さんにも印刷所さんにも、
それから校正会社さん、
図版作成をお願いしているデザイン会社さん、
それぞれにご迷惑をおかけせずに、
かけたとしてももう少し楽になっていたはずなのに。

それが、非常に大きな反省材料であります。

なんとかこの本、いい数字にして、
第2弾を出したい。
(出すネタはあるのですよ)
その時に、今回の反省を活かしたい。

と強く思う月曜の夜。
夜食食べて、もう少し頑張ります。
(今週は、太ってもいいや)

【本日のアマゾン】
・『ザ・タイガース』ランクイン。新書なのか。

2013年11月17日 (日)

自社のチラシを書店で見つけました

1384698794428.jpg
自宅近くの書店に行ったら、置いてありました、
『蜩ノ記』の販促チラシ。

直木賞受賞作ということで、
販売部も力が入ってます。
(あ。この本、弊社から出てるのです)

というわけで、全国の書店員さんの声を紹介してます。

著者でもなく、出版社でもなく、応援してくれる人たちの声って、
強いと思うんですよね。
ノンフィクションでも、考えないとなあ。

【本日のアマゾン】
•『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』じわっと順位が上がってるな。

2013年11月16日 (土)

小学校のクラス図書館

1384613112468.jpg


今日は我が子の学校解放日でした。
授業をずっと見ていたわけですが、同時に、学級図書館も見てきました。
子供たちが本好きになってくれないと、将来、出版社は困りますからね。

伝記が多いなあ、
と感じました。

あと、『吾輩は猫である』の原文ママの本もありました。
小5になると、こういうのが読めるんですかね。

【本日のAmazon】
•『HUG!friends: セラピーフォトブック』ひすいこたろうさんの最新刊。

2013年11月15日 (金)

大井町へ

夕方、会社を抜け出して大井町に行ってました。
白駒妃登美さんの講演会が行なわれたのです。

白駒さん、福岡にお住まいなので、
東京でお会いできるのは大変にありがたいです。

講演会終了後、次作についてちょっとだけ打ち合わせをしました。
来年、出版の予定です。
今回も、楽しみ!

【本日のアマゾン】
・『小倉優子の毎日ほめられ ごはん』ランクイン。ふむ。


2013年11月14日 (木)

【本】『死神の浮力』

1384424257326.jpg
『死神の浮力』を遅ればせながら読了しました。

先日、かなり久しぶりにキンドルを引っ張り出し、
小説を購入しようと思っていたら、目についたのがこの本。
紙の本より300円ほど安いのでえいやっと購入。

死神・千葉と、その相手の男性、二人の視点で交互に描かれる7日間です。
死神は不老不死なので、ずっと昔のことも知っていて(例えば参勤交代)、
その一方で慣用句などがわからない。(例えば、「タダでも起きない」)
その存在が独特のユーモアになっていますが、
何しろ死神ですから、重いテーマも出てきます。

それに加えて、主人公の男性の設定が、非常に重い。
自分の娘を殺した男に、復讐を果たそうとつけ狙っているのです。

というわけで、独特のおかしみを楽しみつつ、
「死」について考えざるをえない、
そして伏線の巧みな回収に舌を巻くという、
特殊な、そして極上の数時間を楽しみました。

終盤近く、主人公の男性が自分の父親が死ぬシーンを回想するのですが、
ここで不覚にも、通勤途中の地下鉄だったにもかかわらず、
泣いてしまいました。
自分の父親の時を思い出したからですが、
同時に、親が死ぬとはそういう意味があるんだよな。
と深く感じいったのでした。

【本日のアマゾン】
・『野菜いためは弱火でつくりなさい』気になる。

2013年11月13日 (水)

ツイッターで実験

1384351251303.jpg
昨日、編集部アカウントのツイッターで、こんなツイートをしてみました。

【カバーはどれ?】眞鍋かをりさん新刊『世界をひとりで歩いてみた』が12月に弊社より出ます。現在、全力で編集中です。さて、カバーデザインが決まりました。写真のどれでしょう? 正解は18日に発表予定。

そうしたところ、43リツイートという反響を呼び、
編集部アカウントへのメンションも、かなりの数になりました。

これはなんといっても、眞鍋さんの力が大きいです。
何しろ眞鍋さんのフォロワーさん、59万3577人もいらっしゃいます。
(ど、どれだけ凄いんだ…)

そして、あえて付言するならば、クイズ形式にしたことで
参加しやすかったのではないか、と。

ともあれ、眞鍋さんのファンとツイッターの神話性は高いに違いない。
という仮説が、正しかったのではないかと思います。

この本、後輩が担当していて、私は専らネットでの宣伝活動を手伝ってます。
ネットを使って、この本のことをたくさんの人に知っていただく。
そして、ネット書店Amazonやリアル書店で
一人でも多くの人に買っていただく。
そのために、今回のようにツイッターを使ったり、
弊社サイト内に特設サイトを作ったりしているわけです。

ネット書店アマゾンの予約が始まったら、
今度はメール送信を行う予定です。
そのことも、このブログでご報告します。

【本日のアマゾン】
・『君に友だちはいらない』この表紙は「七人の侍」?

2013年11月12日 (火)

1500 いいめぐりあわせだなあ(と自分に言い聞かせる)

12月出版の本をいま、編集しているわけですが、
この本、巡り合わせがいいなあ、という気がしております。

少し前のことになりますが、この本の著者さんたち(共著なのです)と
タイトルの打ち合わせをしましょう、
ということになったのですが、
その日に、どうしても外せない別件ができてしまい、
(という点で、編集者としては大失態なのですが)
大事な話し合いなのに30分くらいしかいられないなあ。
と思っていたら、台風が関東を直撃、その打ち合わせは延期に。
結局、その次の週に再設定し、きっちり話し合えました。
よかったあ。

さらについ先日。
今回の本とはまったく関係ない仕事関係の方と
お昼ご飯を食べましょう、
ということになったのですが、
先方のご都合でその食事会が延期に。

そして、まさにその日に、12月出版の著者校その他で、
猛烈なデスクワークになってしまいました。

予定通りお昼ご飯を食べに行っていたら、
大残業は必至だったと思います。
よかったあ。

というわけで、今回の本、スケジュール的になんだかいいめぐりあわせです。
というか、巡り合わせがいいなあ、
と少々強引でも自分に言い聞かせてます。

本を作っている時の編集者って、
非常に心細い存在であります。

そういうわけで、
ちょっとでも自分に都合のいい情報があると、
それを過大評価するのです。
(私だけ?)

【本日のアマゾン】
・『どんな人でも一流に育つしくみ』ランクイン。ふむ。
・『「昔はよかった」と言うけれど』ランクイン。天声人語効果だな。
・『蜩ノ記』ランクイン。自社文庫だ。
・『帝国の逆襲』これも自社本。

2013年11月11日 (月)

1499 カウントダウン21日

さてさて。
12月発売の新刊、編集作業も大詰めです。

12月と言ってますが、書店さん店頭に並ぶのが12月4日で、
ということは、本そのものはもっと前にできてないとまずい。
11月下旬には完成しないと、まずいのです。
つまり、今月中でありますよ。

ということで、かなりバタバタしてきました。
むしろ、やることが多すぎてどこから手をつけたらいいか考えているうちに時間が経つ。
そんな状態です。

値段の関係で224ページにしなくてはいけなくなったのですが、
現状はちょっとオーバーしそうなのです。
そういうわけで、どこをカットすればいいか、
あれこれ考えてます。
パズルのような感じ。
ただ、パズルには正解がありますが、
これには正解があるのかなあ…。

ともあれ、今週と来週が、山場でありますね。

【本日のアマゾン】
・『キウイγは時計仕掛け』ちょっと気になる。
・『新装版 日本語の作文技術』ランクイン。某メルマガで褒めているのを読んだのだけど、そんなに影響力があるのか!

2013年11月10日 (日)

AKBドラフト会議で考えた

世間一般には知られてない気がしますが、
今夜は、AKBグループのドラフト会議をやってました。

このイベントにはあまり興味がなく、情報もいれてなかってんですが、
ネットを見てみるとかなり面白そうな感じでした。

運営側がブログや動画などで情報をアップし、
それに対してファンもツイッターや2チャンで反応する。

ネットと相性のいい企画なんだな、と改めて思ったのでした。

いま、仕事でネットでの情報発信をしているので、
かなり気になりました。
まあ、向こうとは規模から予算から、
まるで比較になりませんけどね。
それでも、動画の使い方など、参考になりそうな。

それと、どうやらこの会議、
細かいルールは途中でどんどん決まったみたいです。
つまり、走りながら考えた。
そういうフットワークのよさは見習わなくては、と思ったのでした。
これだけのグループが朝令暮改でとにかく走ってるんですから、
弊社はもっとフットワーク軽く走らなくては。
走ってみて、問題あったら軌道修正。そのくらいで、いいんじゃないかなあ。

【本日のAmazon】
•『「これでいい」と心から思える生き方』気になる。

2013年11月 9日 (土)

新橋でお酒を飲んでました

1384000612555.jpg
昨夜は新橋で飲み会がありまして、
ブログ更新をし忘れました。

この会、朝日新聞の記者さんが幹事で、
そのせいか活字関係の方が結構多いです。
もちろん、それ以外の業界の方もいますが。

昨夜も、他社の方数名と喋ることができました。
同業者からは「最近、どんな本を編集してるんですか」、
他業種の方からは「どんな本を編集したんですか」
と聞かれることが多いてます。
未来と過去。

どちらも、短時間で説明できるようにしておかないとなあ。

写真は、挨拶している幹事です。

【本日のAmazon】
•『人間にとって成熟とは何か』1位。
•『帝国の逆襲――金とドル 最後の闘い』ランクイン。

2013年11月 7日 (木)

1496 他社の編集さんと飲むという楽しみ

12月新刊の作業が佳境になってきました。
昨夜は、かなり久しぶりの徹夜になりました。
徹夜するとその後数日がつらいので、
10年くらいしてなかったのですが、
今回はそんなのんきなことも言ってられず、
作業をしてました。

で、朝8時に会社を出て、自宅へ。
仮眠を取って、会社に戻ったのが午後5時。
なんだか、時間感覚が変な感じです。

そんなことはどうでもいいのですが、
先日、他社の編集者さん2名とお酒を飲みました。

お二人とも、お仕事できっちり成果を出している方で、
お話をお聞きしていると、とにかく熱いです。
熱いから、結果を出しているんでしょうね。たぶん。

そういう人たちの話を聞いていると、
こちらも「もっと頑張ろう」という気になります。
そういうわけで、自己啓発書を読むよりもよほど刺激的な時間でした。

恥ずかしがらずに、メモ取りながらお酒を飲むべきでした…。

それでも、
「店頭で特別扱いされる本を目指す」
「出版は水商売。だから呼び込みをする」
というフレーズは覚えてました。

【本日のアマゾン】
・『図解でわかる!最新ビジネス理論大全』1位。
・『言葉ひとつで“儲け"は10倍!』27位。

2013年11月 6日 (水)

関谷英里子先生のセミナーで

1383745759685.jpg
『同時通訳者の頭の中』の著者、関谷英里子先生のセミナーが新宿であったので、
会社を抜け出して参加してきました。

セミナーは、同時通訳者の仕事について。
参加者のワークもあり、事前に募集していた質問に答えるコーナーもあり、
かなり濃い時間でした。

そして、セミナー終了後は本の販売とサイン会。
弊社の本も、売らせていただきました。

関谷先生のセミナーって、ご著書のことも必ず言及して下さるのです。
今回は4社きていましたが、4社の本全部、セミナー内で紹介していただき、
大変助かりました。

そういうわけで、私が持って行った『同時通訳者の頭の中』も、
とてもよく売れましたが、
すでに買っているよ、という方もかなりいらっしゃいました。

販売と同時にサイン会も行なったのですが、
今日買った本だけでなく、すでに買っている本でもいい、
ということで、見ていたらたくさんの人が、
オレンジ色の弊社の本をお持ちになっていました。
セミナーで私の隣に座っていた青年も、
「その本、読みましたよ」
と言ってくれましたし。
ありがたいことです。

というわけで、編集者ですが、本も売ります。売らせていただきます。

写真は、販売時に使ったパネルです。

【本日のアマゾン】
・『しあわせの書』5位。テレビで紹介されたのかな。これ、文庫でしかできないことをしています。
・『帝国の逆襲――金とドル 最後の闘い』19位。自社本です。

2013年11月 5日 (火)

カウントダウン27日

12月発売に向けて、だいぶ切羽つまってきました。
1日間違えたらアウト。
そのくらいの緊張感であります。
といいつつ、夜は会社近くの居酒屋で飲んだんですけどね、

【本日のAmazon】
•『天然石かっさプレートつき 黒かっさ美点マッサージ―毎日3分! でリフトアップ』1位。ふむふむ。

2013年11月 4日 (月)

【本】『キミに力をくれる言葉』

1383575969697.jpg
ひすいこたろうさんの最新刊です。
今回も、とても面白いです。
長嶋茂雄氏やカーネル・サンダースといった有名人の
知られざるエピソードを紹介しつつ、最後は元気をもらえる。
読後感の素晴らしい話が10本、入っています。

それだけでも十分に楽しいのですが、
編集者として興味深かったのは、あとがきです。

実はこの本、『心が折れそうなときキミを救うコトバ』の第2弾なのですが、
ひすいさん、続編ということでなかなかモチベーションが上がらない。
そんなひすいさんをその気にさせた編集者さんとのやり取りが
あとがきに紹介されていて、
興味深いのです。
こういう裏話って、なかなか読む機会がないですから。

詳しいことは現物を読んでいただくのが一番ですが、
猛烈にはしょって書くと、
担当編集者一人のために本を書こう、
そう思った瞬間に、ひすいさんにスイッチが入りました。

つまり、
この人のために本を書かせようと思わせる言動を、
担当編集さんが取ったということです。

本作りの基本って、
一人のために、なのかもしれません。
一人の読者のために。

【本日のアマゾン】
・『柔訳 老子の言葉』1位。ん?

2013年11月 3日 (日)

今朝の朝日新聞に!

1383483486482.jpg
今朝の朝日新聞読書欄「売れてる本」に、
『一の悲劇』(法月綸太郎著)が出ています。
チームが違うので、
新聞見るまでまったく知らず、驚きました。

確かにこの本、よく売れてます。
累計15万部。

それ以上に凄いのは、この本、1996年に出た文庫本なのです。つまり、前世紀。

今年の2月にポップを新しくし、
数字がいいので日販が仕掛け、売り上げ急増。
もちろん、法月さんの作品に力があるから、というのが大前提ではありますが。

昔の本であっても、
内容がよくてきちんと仕掛ければ、再び売れることがある。
編集者にとって、とても心強い話であり、
それを自社が実践している、というのがとても嬉しいです。

【本日のAmazon】
•『原発ホワイトアウト』1位。
•『一の悲劇』35位! ただ、在庫切れみたい。補充してなかったのか。

2013年11月 2日 (土)

Kindle、やはり売れてるらしいです。

1383400248865.jpg
最近、電車などでiPadやKindleを持っている人が増えたなあ、という気がしてます。
単なる直感で、数字的根拠はないんですけどね。

で、そんな折、業界紙「新文化」に気になる記事が出てました。

読書専用端末のシェア、
Kindleが38.3%。
楽天koboが33.0%。
なんですって。

コボがここまでシェア持っていることに、驚きました。
電車や街の中で、
コボを持っている人、見たことないんだけどなあ。

私が持っているのが
Kindleだからかな。

それから、
アマゾンジャパンにおいて、
紙の本の冊数とKindle本の販売冊数をグラフにすると、
Kindleが全体の2割ほど、らしいです。
これはなんとなく、そんな感じがします。
これから、どんどん大きくなるのではないか、と。

そして、Amazon側が強く推奨している紙と電子書籍の同時発売、
やはり効果があるらしいです。

アマゾンって、具体的な数字をださないので、
「らしい」とか「約」とかいったフレーズが多くなるんですけどね。

【本日のAmazon】
•『原発ホワイトアウト』1位。
•『あなたにメッセージが届いています』ふむふむ。

2013年11月 1日 (金)

1490 文庫ブログの数値

このブログでも何度か記事にていますが、
弊社サイト内に「文庫編集部ブログ」というのがありまして、
10月にリニューアルしました。

で、10月1カ月分のデータが判明しました。

アクセス数 18299
訪問者数  4250


これがどのくらいの数値なのか、よくわかってません。
企業サイト内にあるコンテンツとしては、
たぶん、決していい数字ではない。

それでも、それ以前の数字に比べたら飛躍的に上昇してます。
(リニューアル前はどれだけひどかったんだ、ということですが)

とりあえず、月間アクセス数3万を目指して、
当分の間、頑張っていくつもりです。

やはり、数値があると目標が立てやすいです。

【本日のアマゾン】
・『あまちゃんメモリーズ』気になっている。
・『1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり』今朝、エフエムでこの話題をやっていたような。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »