最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 年賀状の季節 | トップページ | 今年最後のお仕事は »

2013年12月26日 (木)

1540 同じ出版業界なのに

自社の常識は他社では非常識。
なんてことがあるわけで。

同じ出版業界なのに、他社さんの話を聞いていると
「へえ!」と驚くことがしばしばあります。

本づくりの工程そのものはそれほど違わないと思うのですが、
例えば企画会議の回数であるとか、
参加者の数であるとか、
決定プロセスであるとか。

タイトルのつけ方やデザイナーさんとの交渉も、
会社によって違うようです。

というわけで、先日、他社の編集者さんたちと飲む機会があったのですが、
そこで驚愕の事実を知りました。

他社さん、ノルマがあるらしいです。
A社は年間1億円。
B社は年間2億円。
ううむ。

弊社にはノルマがない。点数の縛りもない。
と申し上げたら、今度はA社とB社の人が驚いてました。

まさに、
自社の常識は他社では非常識。
なんだなあ。

これって、大袈裟なようですがそれぞれの社の文化であり、
遺伝子みたいなものなので、どっちが正しいとか、偉いとか、
そういったことではないと思います。
そういう文化の中で、どうやって最善を尽くすか。
という話でして。

ただ、社の成り立ちから考えて、
上記2社の片方は、小社の文化に近いはずなんですよ。

それなのに、ノルマが決まっている。
これはおそらく(確認したわけではないですが)
最近の出版業界の状況に鑑み、
ノルマを課す文化に切り替えたんじゃないかと思うのですよ。

で、弊社の場合はまだ切り替えていない。
ということなわけで。

少なくとも、弊社のやり方が唯一ではない、ということを
強烈に再認識した夜でした。
繰り返しになりますが、どっちが正しいとか偉いとか、
そういう話ではないですからね。

【本日のアマゾン】
・『揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る』自社本だ。

« 年賀状の季節 | トップページ | 今年最後のお仕事は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/54391490

この記事へのトラックバック一覧です: 1540 同じ出版業界なのに:

« 年賀状の季節 | トップページ | 今年最後のお仕事は »