最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 眞鍋かをりさんのサイン会、大阪で。 | トップページ | 婦人公論が売れている、らしいです。 »

2013年12月19日 (木)

【本】『善き書店員』




先日、天狼院書店さんで購入した1冊。
ただいま、ゴリゴリと読んでいます。

書店員さん6人にじっくり話を聞いた本でして、
6人の仕事に対する考えや、
実際のお仕事ぶりが浮き上がってきます。

意識的に、だと思いますが、
本書には小見出しが出てきません。
ひたすら、書店員さんの話言葉だけで進みます。

静かなノンフィクション、という印象であります。

それでもぐいぐいと読み進められるんですから、
著者の木村さんの構成が、
よほどしっかりしているのだと思います。

先行きが決して薔薇色とは言えない出版業界。
その最先端で働いている人たちの話を読んでいると、
この業界のつらさと、その先のかすかな希望が見えてきて。
複雑な思いになります。
そして、ちょっと泣きそうになるところも。

私も仕事、頑張らなくては。
と切実に思います。

« 眞鍋かをりさんのサイン会、大阪で。 | トップページ | 婦人公論が売れている、らしいです。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/54313236

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『善き書店員』:

« 眞鍋かをりさんのサイン会、大阪で。 | トップページ | 婦人公論が売れている、らしいです。 »