最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1567 今年の抱負を書きました | トップページ | 電車で本を読む時間が激減している理由 »

2014年1月23日 (木)

【本】『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方』



『計算力の鍛え方』を読みました。
この本、内容の前にビックリすることが2つありまして。

ひとつめ。
この本、実は著者の小杉拓也さんが送ってくださったんですが
(ありがとうございます!)
私がこのブログで、「気になる」と書いたことに反応してくださったのです。
おそらく、ご著書のタイトルで検索をおかけになっていて、
それで拙ブログまで来てくださったと思うのですが、
そのブログに反応して本を送ってくださるとは!
小杉さんの行動力にビックリしました。

ふたつめ。
奥付を拝見しましたら、4刷、さらにネットで調べたら、直近で5刷になってます。
売れてるんですねえ。
ビジネスマンが計算力を求めているんだ、と痛感しました。
本が売れない時代に5刷りとは。ビックリしました。

というわけで。

この本、とても面白いです。
2ケタ×2ケタを暗算で行なう方法、
計算ミスをすぐに見つける方法、
平均値をすぐに出す方法などなど、
「これは確かに仕事の現場で使える」と思えるネタがてんこ盛りです。

そもそも、カバーがいいんですよね。
この本のよさを端的に表現してます。

「おみやげ暗算法」「小数点のダンス」といった著者の造語センスも楽しく、
ふむふむと読み進めました。

この中に「割合計算のパラドクス」という項目がありまして、
統計の読み方に気をつけろ、という話なんですが、
こっちの方向をさらに読んでみたいなあ。
と思ったのでした。

【本日のAmazon】
・『コンサルタントのための“キラーコンテンツ"で稼ぐ法』これって、某メルマガの効果か。

« 1567 今年の抱負を書きました | トップページ | 電車で本を読む時間が激減している理由 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/54718976

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方』:

« 1567 今年の抱負を書きました | トップページ | 電車で本を読む時間が激減している理由 »