最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 鹿児島中央駅の書店さん | トップページ | 1560 カウントダウン54日 »

2014年1月14日 (火)

【本】『解錠師』



鹿児島帰省中に読んでいた『解錠師』。帰りの飛行機内で読了しました。

この本、一昨年の「このミステリーがすごい」と、週刊文春の「ミステリーベスト10」で、ダブル1位になりました。

ですので、本当は昨年中に読みたかったのですが、
500ページ以上の小説を読む時間がなかなか取れず…。
その点で、飛行機内というのは非常に貴重な時間でした。

どんな金庫でも開けられる解錠師が、自分の半生を獄中で回想するという話なんですが、
構成が面白い。

学生時代から解錠師になるまでの流れと、
金庫破りを次々と重ね、最後は捕まってしまうまでの流れ、
これが交互に出てくるのです。

そして、終盤はこの二つの流れが近づいてきて、
非常にドラマチックになります。

こういう章立て、ビジネス書で考えられないかしら。

恋愛小説としての要素も大きいです。
主人公が犯罪者になるのには、
恋人の存在が大きくて…。

やはり、評価されている小説には、それだけの理由があるんだなあ。

読めてよかったです。

そして今年は、気になる本をもう少し早く手にしなくては。
と思ったのでした。

【本日のAmazon】
•『子どものための哲学対話』ちょっと気になる。

« 鹿児島中央駅の書店さん | トップページ | 1560 カウントダウン54日 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/54610406

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『解錠師』:

« 鹿児島中央駅の書店さん | トップページ | 1560 カウントダウン54日 »