最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1600 短文登録してますか | トップページ | ネギッコの本。表紙カバーはこんな感じ »

2014年2月27日 (木)

1601 どこで著者に会いにいくか

著者候補にいつ会いにいくか。
という話題が先日、職場でちょっと出ました。

弊社の場合、
社内の会議で企画が通ってから著者に会いにいく。
というパタンが最も多いです。

会社によっては、著者候補と会って企画を練って、
それから会議にかけるところもあるようです。
というか、むしろそっちの方が多いかも。
もちろん、会議の結果、ボツになることもあるわけですが。

弊社方式だと、「必ず本にします」と最初の段階で言えるので、
著者さんにしてみればかなり安心だと思いますが、
会わずに企画を考えるというのは、
材料が決定的に少ないので、これはこれで難しい。

以前、会議にかける前に著者候補さんに会い、
結局その企画が通らなかったことがありますが、
他社の編集者さんは、こういうパターンも普通にあるわけですよね。
これはこれで、大変だなあ…。

というわけで。

私が時々行っているのは、
気になる著者さんの講演会をまずは聴きにいく、というパタン。
で、面白いと思ったら、講演会終了後、ご挨拶に行けばいいし、
面白くなかったらとりあえずまっすぐ帰る。

いつもいつも企画が通ってから会いにいく、
と決めているとフットワークが悪くなるので、
定期的に講演会に行かなくては。

というわけで、最近は、
アカデミーヒルズのメールマガジンを読むようにしています。
「これは!』というテーマが、なかなか見つかりませんが…。

【本日のアマゾン】
・『稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ』ランクイン。

« 1600 短文登録してますか | トップページ | ネギッコの本。表紙カバーはこんな感じ »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55164858

この記事へのトラックバック一覧です: 1601 どこで著者に会いにいくか:

« 1600 短文登録してますか | トップページ | ネギッコの本。表紙カバーはこんな感じ »