最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« こんな表紙カバーです。 | トップページ | 鉄は熱いうちに打ったほうがいいみたい、 »

2014年3月 4日 (火)

1606 企画が企画を生む

昨日は、日付が変わる直前の更新になってしまいました。
他社編集者さんたちとの飲み会で、
それが楽しかったもので。

その中に、猛烈に忙しい方がいらっしゃったのですが、
今進めている企画、かなり面白そうな料理レシピ本なのです。

こんな企画、どうやって思いついたんだろうと思ってお聞きしたら、
そもそもは、1年前に出した全然別の著者さんのレシピ本が、
きっかけなんだそうです。

1年前に出したほうの著者さん主宰の料理の会、というのが
出版後も定期的にあり、その会に編集者さんも参加しているらしいのですが、
参加者を見ていると、その多くが使っている料理道具というのがあるそうで、
「この道具をベースに、レシピ本があるといいのでは」
と思いついたんだそうです。

企画が別の企画を生む、というパタンですね。

私の数少ない事例で言いいますと、
(これ、前に書いたかも。成功事例が少ないもので…)

文庫時代に手相の本を出すことになり、
その占い師さんが、
「このイラストレーターさんの手のイラストがいいので、お願いしたい」
とリクエストがあり、そのイラストレーターさんとお会いすることに。
その方が、杉浦さやかさんでした。
占い師さんの本は1冊で終わってしまいましたが、
杉浦さんの本は、今も出してます。

それから。

やはり文庫時代ですが、元CAさんの持ち込みのお原稿が猛烈に面白くて、
文庫で出しました。
『すっぴんスチュワーデス 教えてあげる!』(静月透子著)
これがかなり売れたので、別のCAさんから持ち込み企画がありました。
それが『国際線スチュワーデスのリッチな節約術』(柏木理佳著)
これも売れたものですから、CAさんでまだ企画できるんじゃないか、
という視点でご著書を読み、企画を考えたのが、
美月あきこさんの『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』

こうやって書き出すと、
企画が別の企画を生むことって、意外にありますね。

となると、どんな企画も、持ち込み企画も、
真面目にやれ、ということなんですかね。
(真面目な結論だあ)

【本日のAmazon】
・『イニシエーション・ラブ』1位。何かあったのかしら。

« こんな表紙カバーです。 | トップページ | 鉄は熱いうちに打ったほうがいいみたい、 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55235814

この記事へのトラックバック一覧です: 1606 企画が企画を生む:

« こんな表紙カバーです。 | トップページ | 鉄は熱いうちに打ったほうがいいみたい、 »