最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« チョコレートと本は違うわけで | トップページ | アイドルフェスタのリハに行ったのは、アイドル好きだからではありません。 »

2014年3月13日 (木)

本をプレゼントする素敵なシーン



昨日の記事で、
「本をプレゼントするのは難しい」
ということを書きましたが、
先日見たお芝居で、
とても素敵な、本のプレゼントシーンがありました。

演劇集団キャラメルボックスの、
「あなたがここにいればよかったのに」

今まさに、池袋で絶賛公演中です。

ですので、このお芝居のことをまっさらな状態で見てみたい、
という方は、ここで読むのをやめてください。
サイドストーリー、というか、本筋ではないのですが、
ネタばれ、ではありますので。


よろしいですか?


書きますよ?


書きます。


ええとですね、ヒロインは翻訳家の卵でして、
苦労の末あって、翻訳した短編集が出版されます。
で、それを主人公の男性に編集者経由で贈る。
主人公の男性は、海外にいるのです。

そして、男性は「本、ありがとう」という文面の手紙を、
ヒロインは「本、届きましたか」という文面の手紙を、
それぞれ書く。

二人の、恐らくは幸せな将来を暗示する、
とてもいいシーンでした。

そして、こういう本のプレゼントならば、あり。
と思ったのでした。

結局、ポイントは、
本を贈る相手のことを、
贈る側がどれだけ思っているか。
ということなのではないか、と。
必然的に、義理チョコ的なプレゼントは、
本の場合は似合わない。

というわけで、
私が言いたいのは、
ヒロインの林貴子さん、熱演でしたよ。

【本日のAmazon】
・宮本哲也さんの本、依然として売れてるなあ。

« チョコレートと本は違うわけで | トップページ | アイドルフェスタのリハに行ったのは、アイドル好きだからではありません。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55358112

この記事へのトラックバック一覧です: 本をプレゼントする素敵なシーン:

« チョコレートと本は違うわけで | トップページ | アイドルフェスタのリハに行ったのは、アイドル好きだからではありません。 »