最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 森美術館へ。 | トップページ | カウントダウン35日 »

2014年4月27日 (日)

【本】『情熱の伝え方』



『情熱の伝え方』を読みました。
テレビ番組「情熱大陸」のプロデューサー、福岡元啓氏の本です。

人気テレビ番組のスタッフの本、というジャンルが定着しているようで、
それらは、確かに面白いです。
人気テレビ番組は、人気があるだけの理由があるわけで、
それをスタッフが分析してくれているのはとても興味深いし、
苦労話も迫力があります。
それらを読むのは仕事の参考になりますし、
なにより、テレビ番組の裏側をのぞき見る面白さがあります。

本書は、最初こそ「情熱大陸」のプロデューサーになるまでに学んだことが
今、どう活かされているか。
という時系列にそった話なのですが、
その後は、番組制作で学んだあれこれを内容別に説明していて、
その中で番組の裏話が語られます。
つまり、番組制作の時系列に沿ってないのです。
こういう並べ方もあるんだなあ、と勉強になったのでした。

印象的なフレーズが多かったですが、もっともグッと来たのは、

「とかくサラリーマンは、この仕事は別の部署の仕事、
ここだけ自分の領域の仕事、と、たらい回しにしがちですが、
もうそんなことは言ってられない時代です」

…そうかあ、テレビ業界もそうなのか。
出版業界もそうなのよ。
と思ったのでした。

【本術のアマゾン】
・
『こうして、思考は現実になる』ちょっと気になる。

« 森美術館へ。 | トップページ | カウントダウン35日 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55964475

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『情熱の伝え方』:

« 森美術館へ。 | トップページ | カウントダウン35日 »