最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【本】『校閲ガール』 | トップページ | メールマガジン、たまには整理しないと »

2014年4月 7日 (月)

数の迫力




会社帰りに、有楽町に行ってきました。
有楽町マルイに入っているTSUTAYA BOOK STOREを見るためです。
知り合いの某書店店長さんから、
「この本屋さんは凄い」
と聞いたので、自分の目で確認に行ったのです。
確かに、凄かったです。

同じ文庫が、ドーンと平積みされています。
その数、たぶん4桁。
そのくらい、置いてます。
同じ表紙カバーがずらっと並んでいるのは、壮観です。
当然、そういう並べ方ができるのは限られていて、
私が見た限りでは、3点だけ、そういう展開でした。

そして、その3点はどうやら、
このお店で売るから、ということで版元と交渉し、
重版を決めたみたいなんですよね、ポップなどの説明によると。

ミステリー2点とコミック文庫1点が、
ドーンと平積み状態になっていましたが、
コミック文庫に関しては、
「この書店だけの限定重版」
と帯に書いてありました。
ということは、最低でも2000冊程度は印刷しているはずで、
それだけを1店舗で売れる、
ということなんでしょうね。

本の並べ方といい、
売る冊数といい、
非常に驚きの書店さんです。

私に教えてくれたのは広島の書店の
店長さん。
全国的にもこの書店さんのこのやり方、
有名なんでしょうね。

ちなみに、上記コミック文庫って、
弊社のでした。(!)
明日、担当の人に聞いてみようっと。

【本日のコミック】
・『小説 外務省-尖閣問題の正体』気になる。
・『ムリせずやせる! はらすまダイエット』新しいダイエットか。

« 【本】『校閲ガール』 | トップページ | メールマガジン、たまには整理しないと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55686985

この記事へのトラックバック一覧です: 数の迫力:

« 【本】『校閲ガール』 | トップページ | メールマガジン、たまには整理しないと »