最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今年の予測(今頃かよ!) | トップページ | 【本】『校閲ガール』 »

2014年4月 4日 (金)

1633 追悼集

昨夜、自宅に帰ったら、小さな荷物が届いてました。
あけてみたら、昨年お亡くなりになった弊社の先輩編集者の追悼集でした。

ちょうど1年前、4月3日に告別式がありました。
それから1年、高校時代の同級生の方たちが中心になってつくられたようですが、
中を見てビックリしました。

その先輩の薫陶を受けた弊社編集者、
その先輩が担当されていた作家さんたち、
その方たちの文章が載っていたのは、まあ、わかるのですが、
(それにしたって、忙しいなか、大変なことだと思いますが)
他社の編集者さんたちの文章も、ずらっと載っているのです。

文芸の編集者って、ノンフィクションの編集者と違って、
他社さんとの付き合いが結構あります。
私も大昔、文芸の担当だったのでなんとなくわかるのですが、
文学賞の受賞パーティで会うとか、
同じ担当作家さんの忘年会とか。

ただ、それにしても、これだけの他社編集者さんたちが、
追悼集に書いてくださるとは。
改めて、先輩編集者さんの人徳だなあ、
としみじみ思ったのでした。

人は、自分のことを覚えている人がみんな死んだときに第2の死を迎える。
という趣旨の文章をどこかで読んだ記憶がありますが、
であるならば、先輩編集者の第2の死は、
まだまだ先のようです。

【本日のAmazon】
・『乱読のセレンディピティ』気になる。

« 今年の予測(今頃かよ!) | トップページ | 【本】『校閲ガール』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55643391

この記事へのトラックバック一覧です: 1633 追悼集:

« 今年の予測(今頃かよ!) | トップページ | 【本】『校閲ガール』 »