最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 遅ればせながら『重版出来』2巻目を読みました | トップページ | 情報発信について。ここで何を考えるか。 »

2014年4月13日 (日)

サンヤツにはめ込んでみる




業界紙「新文化」に、ブックマン社の小宮亜里さんのインタビュー記事が載ってました。

『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』
『ランドセル俳人の五・七・五』
などのヒット作をご担当されている方ですが、
タイトルの考え方がとても印象的でした。

サンヤツ広告にはめ込んでみて、
読者の目を引くかどうか考える。

「そこでしっくりいく本は、だいたいうまくいきます」
とのことで、サンヤツ広告を意識してタイトルを考える、
というのはヒントになる、と思いました。

サンヤツ、つまり新聞1面下ですが、
あそこって、写真や図版類は基本的に使えないそうです。
つまり、文字だけで勝負するしかない。
そして、もちろん大きなスペースではない。
そこでしっくりくるタイトル、というのを、
私も考えたいと思います。

【本日のアマゾン】
・『驚くべき日本語』ランクイン。朝日新聞書評効果か。

« 遅ればせながら『重版出来』2巻目を読みました | トップページ | 情報発信について。ここで何を考えるか。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/55766171

この記事へのトラックバック一覧です: サンヤツにはめ込んでみる:

« 遅ればせながら『重版出来』2巻目を読みました | トップページ | 情報発信について。ここで何を考えるか。 »