最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 関谷先生の壮行会 | トップページ | 1667 カウントダウン21日 »

2014年5月11日 (日)

変化に耐えられる準備はできているのか(←大げさな…)

知り合いにチェーン書店の店長さんがいらっしゃって、
Facebookも使っていらっしゃいますが、
ここで、書店のフェアなどに関してつぶやくことがあるのです。

例えば、
「書店のスペースがちょっと空くのだけど、どんなフェアをやったらいいかなあ」
的な。

そして、それにバババッと反応する出版社の営業の人たちがいます。
で、「じゃあ、そのアイデアで行きましょう」となって、
Facebookで注文も出してしまう。

この店長さん、
以前、「Facebookの方がスピードがある」
と書かれていたような気がしますが、
たしかにそうだろうなあ、と思わせます。

ひょっとすると、
このようにFacebookで出版社の営業さんとやり取りしている書店店長さんは
もっとたくさんいらっしゃるのかもしれませんし、
ひょっとするとツイッターでやり取りしてる店長さんがいたりして。

要するに、書店さんと出版社のやり取りって、
以前のような電話とファクシミリだけではない、
と思うのです。
変化しているのです。

と考えた時に、弊社販売部でFacebookかツイッターで
書店の人とコミュニケーションを取っている人がどれだけいるのか。
というか、いるのか?
素朴に疑問なんですが…。
私が単に知らないだけならいいですが…。
変化に耐えられるんだろうな。

上記の通り、
他社の販売部陰惨の中には
確実にいらっしゃいますし、
これからも増えていくと思うんですけど。

そして、この店長さんの投稿に書き込みしている
弊社販売部はいませんでした。

【本日のアマゾン】
・『シャンパンタワー交渉術』へええ。
・『おかんメール』ふむふむ。

« 関谷先生の壮行会 | トップページ | 1667 カウントダウン21日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/56157474

この記事へのトラックバック一覧です: 変化に耐えられる準備はできているのか(←大げさな…):

« 関谷先生の壮行会 | トップページ | 1667 カウントダウン21日 »