最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 小宮先生のパーティ | トップページ | なぜこの本が気になったのだろう問題 »

2014年5月24日 (土)

芝居のチラシでQRコードの将来について考える

昨日は会社帰りに池袋で「鍵泥棒のメソッド」という芝居を見ました。
ここ数年、定期公演は毎回見に行っている
演劇集団キャラメルボックスの最新作です。
映画好きな人ならご存知と思いますが、
これ、同じタイトルの日本映画が数年前にありまして、
それの舞台化です。

見終わった後に誰もが幸せな気持ちになれる、
周囲に勧めても多分間違いのない芝居、
だと思います。

で、そのパンフレット、と言いましょうか、
チラシと言いましょうか、
入り口でこのお芝居に関するチラシをもらいます。

そのチラシの裏面に、スタッフさん(のなかでも一番偉い人)の文章が載っているんですが、
文章を読んでいたら、終盤に「全文はネットで」ということで、
QRコードが印刷されてました。

で、そこからネットに飛んだら、
かなり長い文章が載っていました。
たしかにこれだと、チラシには載せられないだろうなあ。

これ、本でも真似ができると思うんですよね。
著者さんの講演会などで本に関するチラシを配らせてもらう。
そのチラシにQRコードを印刷しておき、
そこから本に関するサイトに飛んでもらう。
もちろん、そのサイトには、チラシ以上の詳しい情報を載せておく。

と思う一方で、
QRコードって今後どうなるんだろう?
という気もしてるんですよね。

スマートフォンには、QRコードリーダーが入っていないので、
それ用のアプリを入れないといけないわけで。
それが面倒という人には、QRコードは無用の長物になるのかも。

ひょっとすると、近い将来、QRコードはそれほど
重視されなくなるのかも…。
どうなんでしょうね?

【本日のアマゾン】
・『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』ふうむ。
・『「空気」で人を動かす』ランクイン。ちょっと気になる。




« 小宮先生のパーティ | トップページ | なぜこの本が気になったのだろう問題 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/56301637

この記事へのトラックバック一覧です: 芝居のチラシでQRコードの将来について考える:

« 小宮先生のパーティ | トップページ | なぜこの本が気になったのだろう問題 »