最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 松井玲奈さんが自社の文庫を! | トップページ | 【神保町ランチ日記】WAG »

2014年7月 3日 (木)

電子書籍のコンテンツとしての講演会

『日本人の9割に英語はいらない』でお世話になった成毛眞さんの、
電子書籍を購入しました。
ネットであれこれ検索していて、
気になったもので。

この本、電子書籍のみの販売で、
なおかつネット書店アマゾンでは売ってないみたいで、
別の電子書籍の書店さんからの購入。
購入後はキンドルに移せるみたいです。

で、それはまあいいとして、
この電子書籍、成毛さんのご講演を活字化したものです。
私もその講演を聴きにいきましたが、
たしか100人くらいの会でした。

電子書籍に詳しい人にしてみれば、
何をいまさら、という話なのでしょうが、

著者さんの講演会、電子書籍にすればいいんだ!

と感心しました。

弊社で講演会を行ったこと、ありませんが、
例えば、

新刊のプロモーションとして講演会を行う。
そして、その文字起こしを電子書籍として販売する。

こういうパタンが確立したら面白いんじゃないか、と。
というか、そういうことをやっている版元、あるのかしら。

講演会のギャランティの相場がまったくわかってませんが、
会社内の大き目の会議室で行い、
参加者からはちゃんと代金を取れば、
意外に簡単に黒になりそうな。

もちろん、著者さんによるとは思いますが。

【本日のアマゾン】
・『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』執事かあ。

« 松井玲奈さんが自社の文庫を! | トップページ | 【神保町ランチ日記】WAG »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/56683733

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍のコンテンツとしての講演会:

« 松井玲奈さんが自社の文庫を! | トップページ | 【神保町ランチ日記】WAG »