最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1735 本を送る際のちょっとした試み | トップページ | 私もその場にいたのに。 »

2014年7月27日 (日)

自社本ですが、『幸せな美的ハウスのつくり方』



『ミセス美香の幸せな美的ハウスのつくり方』を読了しました。
弊社の後輩担当本です。
先日、一気に読了した『迷子の星座たち』同様、
女性著者さんを担当することの多い私としては、
気になる1冊であります。

著者の中村美香さんは、
ハウスキーピングサロンを主宰し、
自宅でサロンを開いているサロネーゼとして大人気、なのだそうです。
なにしろ、レッスンは今や7年待ちとのことで、
他社さんから出ている『ミセス美香の美的ハウスキーピング』はベストセラーになっています。

本書は、初の書き下ろしエッセイということで、
写真はあえて少なめ、文章メインの1冊になってます。

中村さんのサロンは「パワースポット」と呼ばれることが多いそうで、
レッスンに通っている人たちから、
「妊娠した」とか、「プロポーズされた」という報告を受けることがしばしばあるのだとか。
この本は、自宅をパワースポットにしてしまう秘密を教えてくれる1冊、といえるでしょう。

整理と収納の中村流メソッドを詳しく紹介していますが、
それだけでなく、家族との付き合い方や時間管理に着いても、
説明しています。

「動線を見直せば、かかる時間は半分に」
「自分の時間を作り出すたった1つのコツ」
「“悪妻”が家族を育てる」
などなど、気になる見出しも多いです。

編集者的にとても面白いと思ったのは、
表紙カバーの写真。
著者である中村さんがご自宅でサロンの準備をしてい写真なんですが、
中村さんは下を向いてます。
楽しそうに笑顔なのはわかるのですが、目線(視線)が読者を向いていない。
この手の本にしては珍しいと思うのですが、
先日参加した土井英司さん主催のセミナーで、「目線」の話が出たのですよ。

『思わず二度見される美人になれる』の著者、神崎恵さんの最新刊は、
『一瞬で美人の秘密が手に入るメイクの魔法』で、
この帯に神崎さんの写真が入っているのですが、
横を向いていて、目線が読者に向いていない。
その理由を土井さんが編集者に聞いたところ、
「今回の本はメイクがテーマで、読者が実践するべきものなので、
著者の正面の顔が出てしまうとテーマからずれる。
だからあえて正面の顔は出さなかった」
といったニュアンスの返事だったそうです。

本書も、読者の実践が大事なわけで、
そこまで考えての、この写真ではなかろうか、
としたら、この写真の選定は深い。
と思ったのでした。

【本日のアマゾン】
・『憲法主義』1位。朝日新聞の天声人語効果だな。

« 1735 本を送る際のちょっとした試み | トップページ | 私もその場にいたのに。 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/56916296

この記事へのトラックバック一覧です: 自社本ですが、『幸せな美的ハウスのつくり方』:

« 1735 本を送る際のちょっとした試み | トップページ | 私もその場にいたのに。 »