最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 見本本ができました! | トップページ | 1766 一番売れてない本と著者さんに認定されてしまった… »

2014年8月30日 (土)

【本】『逆転力』




巷で話題の指原莉乃さんの新書、『逆転力』を読みました。
この本、リアル書店で2件ほど探したのですが見つけられず(完売?)
ネット書店で注文、金曜にようやく入手したのでした。
指原さんのインタビューを文字おこししたものが
ベースになっているようです。

この本、というか、指原さんってやはり面白い人ですね。
かなり、面白い。
こういう人を見つけ、福岡に移動させた秋元さんというのは、
本当に凄い。と改めて思ったのでした。

この本、どこが面白いかというと、
言っていることがビジネス書のようなのですよ。

「挫折がある方がストーリーは面白くなる」
「相手の土俵では戦わない」
「自分なりの武器をひとつ見つけて、鍛え上げて、その武器で戦う」
「一生懸命探せば、ラッキーはどこにでも見つかると思う」
「明るいってすごいです。元気がいいってすごい」
「あいさつって超重要」
「好感度貯金」
『絶対無理だとわかっている企画を必ずひとつ入れておく。そうすると、やる気があると思われる」
「好き!は言いまくる」
「自分の中の結論を「だけど私は楽しかった」にする」
「自分を幸せにしてあげられるのは、自分」
……まるで、自己啓発書です。

これを、21歳の人が言えるところが凄いというか、
芸能界でがんばっている人は独自の考えをしっかり持っているというか、
ライターさんが優秀というべきか。
(ただ、どんなにライターさんが優秀でも、取材対象、この場合であれば指原さんに核となるべきものがなかったら面白くできませんが)

HKTファンの人には、HKTのコンサートがどのような考えで
作られているかわかって興味深いですし、
指原さんのファンには、
「2ちゃんを小5から見ていた。今も見ている」
「恋愛禁止のルールは破っちゃった」(とはっきり宣言したのは初めてでは?)
などなど、ちょっとびっくりする発言も。

というわけで、非常に面白い1冊ですが、
気になる点がひとつ。

これまでのシングルで兒玉遥さんもセンターになったことがある、
という記述があるんですが、これは間違いのはず。
なりたいのになれてないのです。
兒玉さんのファンはちょっとむっとしているのでは…?

【本日のAmazon】
・『アドラーに学ぶ部下育成の心理学 「自ら動く部下」が欲しいなら ほめるな叱るな教えるな』気になる。

« 見本本ができました! | トップページ | 1766 一番売れてない本と著者さんに認定されてしまった… »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/57231987

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『逆転力』:

« 見本本ができました! | トップページ | 1766 一番売れてない本と著者さんに認定されてしまった… »