最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 本だけじゃないんだなあ。 | トップページ | 【ランチ日記】タレカツ »

2014年8月27日 (水)

年に何冊担当してます?

知り合いの他社編集者さんに教えていただいて、
『ビジネス書の9割はゴーストライター』を読みました。

私と私の周囲では、「ゴーストライター」という言い方はしてません。
ライターさんと呼んでますが、
ビジネス書を作るときに、しばしばライターさんにお願いしているのは、
事実です。
ただ、9割も頼んではいないと思いますが…。

業界内の裏話や他社さんの本づくりの考え方などがわかる、
かなり興味深い一冊であります。

この本の論の根幹をなすのは、たぶん次の2点です。

・ひとりの編集者が年間作っている本は24冊から30冊前後。だからどうしても粗製乱造になる。
・ゴーストライターの名前も本に印刷すれば、事情はだいぶ変わる。

この2点に関しては、正直「え!」という感じでありました。
まず後者のほうですが、弊社、少なくとも私の担当本では、ライターさんのお名前も本に入れてます。というか、むしろ当然ではないか、と。
(著者と同レベルの扱いではありませんが)

そして、前者なんですが、世間一般の編集者さんは、
月に2冊以上本を作っているということですよね。
そうなんですか!
私、たぶん今年は10冊近く出すことになると思いますが、
それでもかなりヘロヘロでして、この倍近いペースなんて、
想像すらできません。
そして、私の周囲の他社編集者さんも、
お話をお聞きする限り、
そこまでたくさんは出していないように思うんですが…。

そして、たくさん出す理由は、
たくさん出さないとホームランも出ない、というのが理由らしいんですが。
ううむ。そうなの?
ううむ。月に2冊以上が業界標準なの?

【本日のアマゾン】
・『薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬』医者じゃなくて、薬なのね。




« 本だけじゃないんだなあ。 | トップページ | 【ランチ日記】タレカツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/57202173

この記事へのトラックバック一覧です: 年に何冊担当してます?:

« 本だけじゃないんだなあ。 | トップページ | 【ランチ日記】タレカツ »