最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 同僚担当本の中に | トップページ | 敗因分析 »

2014年12月27日 (土)

「しっくり来ない」は大事にしたい




今月は、記事を更新できてない日が多いです…。

目先の仕事に追われているうちに、

時間が経ってしまうわけでして。



昨日もバタバタしてました。

仕事納めの日なんて、普通はのんびり大掃除をしていることが多いのですが、

昨日はそれどころじゃなかったのです。



先週15日に新刊のタイトルに関する社内会議があり、

私が担当させていただく2冊のタイトルも決まったのですが、

このうちのビジネス書のタイトルがどうもしっくり来ない。

内容を正確に伝えていないような気がするし、

ビジネス書と思ってもらえない可能性もある。

作業を進めるに従って、その感じが強くなる。



というわけで、年末も年末、押し詰まった一昨日の木曜に、

上司である編集長に「タイトル変えたいです」と提案。

そこから、じゃあどんなタイトルがいいのかを話し合い、

もちろん著者さんともメールや電話でやり取り。

で、ようやく木曜の夜、「このタイトルがいい!」というのを思いついたのですが、

金曜の朝、つまり仕事納め当日の朝、著者さんと電話でしゃべったら、

どうも今ひとつの反応。

さらに編集部の同僚たちも、今ひとつの反応。

ええ!と驚いたのですが、

とにかく年内に決め直さなくては、ということで、

編集部で新規に作り、それを著者さんにも納得していただく。

という作業を、仕事納めの昨日、やっていたのです。



最終的には著者さんも納得してくださいました。

よかったあ。



最終的なタイトルは、本が出れば皆さんにもわかるわけですが、

では最初はどんなタイトルだったのか。

その本が売れたら、裏話ということで、

このブログ限定で書くことにします。



今回の作業、本来だったらとんでもないことなんですが、

しっくり来ない感じがずっとあったもので。



たぶん、こういう感じ、印象というのは、

大事にしたほうがいいのだと思います。



ただ、その際に信じられるのは自分の勘しかないわけで、

その勘を養っておく必要があると思うのですよね。

そのために、人がたくさん行くところには自分も行く、

売れている本屋映画は自分も見る、

そういう作業が必要なんだろうなあ、

と思うわけでして。



というわけで、昨日は他のことまではなかなか手が出ず、

結局今日、出社したのでした。

さすがに、年内はこれが最後の出社(のはず)です。

神保町、いい天気でしたよ。

(写真は、本日の神保町)



明日からは、自宅で作業します。



【本日のAmazon】

・『書く力は、読む力』ランクイン。なぜだろう。

・『添削!日本人英語』これは気になる。


« 同僚担当本の中に | トップページ | 敗因分析 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/58396779

この記事へのトラックバック一覧です: 「しっくり来ない」は大事にしたい:

« 同僚担当本の中に | トップページ | 敗因分析 »