最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ランチ日記「やまや」 | トップページ | 【本】『「自分メディア」はこう作る!』 »

2015年1月20日 (火)

2ヶ月で35万部売れた秘密



kokorou
『フランス人は10着しか服を持たない』という大和書房さんから出ている本、

やたら売れてます。

この2カ月で35万部出ているんだそうで、「ひええ」というしかないのですが、

業界紙「新文化」に興味深い記事が載っていました。



この本の版元である大和書房さんには、

「発売初日にパブラインで20冊以上、日販のトリプルウィンで100冊程度の実売があったら、即重版を社内協議する」

というルールがあるんだそうです。

ここ、初日というのがポイントで、新聞宣伝もまだ行なっていない段階ですから、

本の純粋な力でそれだけ売れた、ということなんですよね。

ちなみに、パブラインというのは、紀伊國屋書店チェーンの数字、

トリプルウィンは日販さんと取引のある書店さんの数字、です。



で、この本は初日にパブラインで22冊、トリプルウィンで98冊売れたんだそうです。

上記のルールに従って協議、発売2日後の10月23日に1万部の重版を決定。

その後も矢継ぎ早に重版を決め、書店店頭での売り損じを防いでいるとのことです。



初日に〇冊売れたらすぐに重版を協議。

こういうルールがあるんだなあ、と思ったのでした。



もちろん、これだけで35万部行ったわけではないです。

こういう本は、書店からの注文には満額で答え、

新聞広告や電車のドア横広告を積極的に展開することになっているそうです。



つまり、初速のいいものは販売部や宣伝部が一丸となって徹底的に売っていく、

という方針があるんですね。



こういうルールがある出版社は強いよなあ、

と思うのであります。



じゃあ、初日に20冊売れる本を作れよ。

という話なんですけどね。


« ランチ日記「やまや」 | トップページ | 【本】『「自分メディア」はこう作る!』 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

私も、初日に20冊売れる本を担当したいです。

こんばんは。お久しぶりです。

出版社内の重版決定の冊数などの情報は
ほとんど知らなかったので、とても興味深く
読ませていただきました。

私も初日に20冊売れる本が書きたいです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/58647824

この記事へのトラックバック一覧です: 2ヶ月で35万部売れた秘密:

« ランチ日記「やまや」 | トップページ | 【本】『「自分メディア」はこう作る!』 »