最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 1874 【本】『小倉昌男 経営学』 | トップページ | 1876 鈴本演芸場で決めた今年の目標 »

2015年1月 4日 (日)

DaiGo式ポップ術とは




業界紙「新文化」を読んでいたら、

メンタリストDaigoさんが書店員向けのポップ講座を行ったとのことで、

その要点をまとめてみました。



・ある1冊の本を店頭で薦める場合も、まず具体的な誰かを想定する。

・次に、その人の悩みを考える。

・インゲンの悩みは大きく分けて、

「健康」「夢・将来」「人間関係・恋愛」「お金」に集約される。

・その人の年齢や現在の環境を考えれば、さらに絞り込める。

・ここまで来ていよいよコピーを考える。その際「他の本でも置き換え可能な表現』は御法度。

・「その本にしかない特性」を考える。

・「その本にしかない特性」を考える際におすすめなのが「だからどうしたゲーム」

そのやり方は次の通り。

1 2人一組になり、一人がその本のよかったところやポイントを伝える。

2 それを聞いた相手は「それで?」と即座に返す。

3 再びおすすめポイントを伝える。

4 再び「それで?」

5 これを繰り返すことで、後半に行けば行くほど、自分でも思ってもいなかった言葉や表現が出てくる。それが、その本にしかない特性。



手軽な買わせるポップ術として、

1 数字を入れる(日付でも可)

2 手書きを添える

3 具体的な体験談を添える

4 ポップ内で物語を展開

5 ほんの途中までを紹介

6 名言・格言のフレーズを利用する

7 語りかけ口調で書く

8 自分(書店員)の写真と名前を入れる



ところでこの講座、かんき出版さんから出版される

『禁断の文章術』の刊行を記念したものなんだそうです。

場所は、かんき出版さん。



こういう、書店員さん向けの講演会って、

弊社ではできるのかな…?

著者によるとは思うのですが…。

とりあえず、1月19日出版の『禁断の文章術』、読まなくちゃ。



【本日のAmazon】

・『置かれた場所で咲きなさい』1位。








« 1874 【本】『小倉昌男 経営学』 | トップページ | 1876 鈴本演芸場で決めた今年の目標 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/58476007

この記事へのトラックバック一覧です: DaiGo式ポップ術とは:

« 1874 【本】『小倉昌男 経営学』 | トップページ | 1876 鈴本演芸場で決めた今年の目標 »