最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 編集者視線での良い講演会 | トップページ | カウントダウン1日 »

2015年2月28日 (土)

【本】『広告コピーってこう書くんだ!読本』




『広告コピーってこう書くんだ!読本』を久しぶりに読んでます。

東京ガス「ガス・パッ・チョ」「新潮文庫のYonda?」などで知られるコピーライター・谷山雅計さんの本です。

2007年の発売直後に読んでいるはずですから、7年ぶりということになりますかね。

初心に戻って、こういうことを勉強しなくては。

と思って読んだのですが、やはり勉強になりました。

なにしろ、細部をほとんど覚えてなくて、

冒頭でがつんと来ました。

「『なんかいいよね』という言葉を禁句にしてほしいのです。」

そうなんですよねえ。



他にも、

「コピーの“書く”は散らかす→選ぶ→磨く」

「広告はふつうの人の知性を期待してもいいが、ふつうの人の意欲を期待してはいけない」

「コピーの第一の目的は、描写ではなく解決」

「意味で書いて、整理でチェックする」

「「そりゃそうだ」と「そういえばそうだね」と「そんなのわかんない」この3つの反応の違いに、「常識とコピーと芸術」の違いがあると思うのです」



勉強になりました。



【本日のAmazon】

・『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』ランクイン。

・『できる男は不倫する』ん?


« 編集者視線での良い講演会 | トップページ | カウントダウン1日 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/59098296

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『広告コピーってこう書くんだ!読本』:

« 編集者視線での良い講演会 | トップページ | カウントダウン1日 »