最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の24件の記事

2015年3月31日 (火)

【ランチ日記】チャボのホワイトカレー

Kare


Tyabo


会社のある神保町、雰囲気のある喫茶店が多いのですが、
その仲でも有名なミロンガ、そしてラドリオ。
この2件がある細い路地に、もう一軒、気になる店があります。

チャボという小さなお店。
先日、行ってきました。
ここの名物はホワイトカレー。
名前の通り白いんですが、食べてみると、辛い。
なぜこういうカレーなんだろう? と思ってネットを調べたら、
店長さんのインタビュー記事がありました。
それによりますと、カレーの多い神保町で、他店と競合しないカレーを作りたかったから、
なんだそうです。
ちなみに、店長さんお薦めのメニューは煮豚のホワイトカレー。
一晩寝かせて作る、自家製の煮豚を使っているそうです。
偶然ですが、私が注文したのもこのカレー。
たしかに、かなり美味しかったです。

さらに店長さんのインタビュー記事を読み進めると、
店員さんは皆、劇団員とのこと。
そういえば、店内にお芝居のポスターが貼ってありました。
そして、店員さんが可愛かった。
また行かねば。


チャボ
東京都千代田区神田神保町1-3

2015年3月30日 (月)

握手会に参加するのには理由があってだな



売れているものには理由がある。その理由を探らなくては。

という言い訳のもと(言い訳だったのか!)

AKBグループ、具体的にはHKT48のあれこれを研究してまして、

ファン心理を追体験するため、握手会にも参加してます。

(凄い言い訳だなあ)


で、昨日、久しぶりに握手会に参加しました。

半年ぶりくらい、と思うのですが、

その間に、握手会が進化してました。

人気のあまりないメンバー、つまり握手しようと並ぶ人の少ないメンバー限定で、

サイン色紙の抽選がついているのです。

これ、よくできてるなあ、と思いました。

握手会って、握手券一枚につき10秒という決まりがあります。

(だから、ストップウォッチで時間を計る係もいます)

そのため、並んでいる人が少ないとすぐに行列が終わってしまう。

そうなると、メンバーのモチベーションが下がるし、あそこは人気がないらしいということで、

次回以降の参加者も減る。

だからといって、握手券一枚あたりの時間を特例的に延ばすわけにも行かない。

そこで、サイン色紙です。

色紙をその場で書くので、時間がどうしてもかかる。

だから、並んでいる人は少なくても、

なんとなくにぎわっている感を出せるわけです。

この、にぎわっている感が、大事だと思うのです。
メンバーによっては、時間を延長しているところもありました。



で、何が言いたいかと言うと、

握手会のような殿様商売でも、

変化しているわけです。

もっとも、この色紙は今回だけかもしれませんが…。

私も、日々の仕事を見直さなくては。
現状維持ではダメだ。

と思ったのでした。

握手会に行っても、仕事のことを考えているわけですよ。

(本当なのか?)

2015年3月29日 (日)

またもや国会図書館へ




先日、国会図書館に行ってきました。

今月、3回目。

同僚の手伝いで、お原稿に出て来る引用箇所の確認です。

こういう作業、結構好きでして、しかも今回は、探していた箇所がかなりスムーズに発見できて、喜んでいたのですが。

この文献、デジタルデータになってまして、そこからコピーするのですが、紙の本とはコピーのやり方が微妙に違ってまして、30分ほど、ロスが出てしまいました。

前回も同じ作業をしているのに、

もう忘れてしまうとは…。

まあ、引用箇所が2点だけだったのが、救いです…。

次回は、2階にあるらしい喫茶室で、

お昼ご飯を食べなくちゃ。



【本日のAmazon】

・『昭和天皇実録』が1位に!

・『子どもはみんな問題児。』気になる。


2015年3月28日 (土)

全6巻、読了

映画を見る前に読んでおかなくちゃ、と思って読み始めた『ソロモンの偽証』、読了しました。
全6巻。4週間足らずで読み終わったようです。
この大長編、ミステリーというよりは登場人物が成長していく教養小説という印象です。
どんでん返しにつぐどんでん返し、というわけでも、意外な真犯人が、というわけでもなく、それでも最後まで読ませます。それは、主人公をはじめ、登場する中学生たちがそれぞれの立場で成長していく、そしてそれをきちんと描いているから、なんだろうと思います。
1990年という時代設定が不思議で、現代ではダメなのかな、と思って読んでいたのですが、公衆電話が重要な小道具ですし、当時の日本経済が重要な伏線になってまして、やはりこの時代でないとよくないですね。
そして何より、1990年にしてくれているおかげで、20年後、つまり社会人となって活躍している主人公の姿を、文庫本用の書き下ろし中編「負の方程式」で知ることができるのです。
この中編のラスト近く、思わずニヤリとしてしまいました。


2015年3月27日 (金)

編集部のフェイスブックページを




忙しくしていたわけでもないのに、個人アカウントのフェイスブックの更新ができてませんでした。
そんなわけで、朝、職場でたたたっと更新し、ついでに編集部の公式アカウントも更新。こっちも一週間ぶり。
個人のはともかく、編集部のフェイスブックページはもう少しマメに更新しないとなあ。と思ったのでした。

「いいね」がもっと増えたら、更新のモチベーションが上がるのでしょうか。
さらに思うに、更新する時間をきちんと確保してないからダメ、なんでしょうね。
朝、仕事を始める前に確保しましょうかねえ。
…できるのかしら。

【本日のアマゾン】
・『昭和天皇実録 第一』東京書籍なのね。

2015年3月26日 (木)

ちきりんさんの講演会




会社帰りに新宿に行ってきました。

ちきりんさんの講演会。

これ、ツイッターで知ったのですが、500人の定員で満席だった模様です。

人気あるんだなあ。

もっとも、ちきりんさんは

「新しい出版社さんとの仕事はしない」

とブログにお書きになってますので、

弊社ならびに私がお仕事をお願いすることは、まずないのですが。



『マーケット感覚を身につけよう』

という本の出版記念講演でして、

この本が『自分の頭で考えよう』

と対になっていること、

直近の書き下ろしである『未来の働き方を考えよう』の続編的立場の本であること、

そしてそれがブックデザインに示されていること。

非常に興味深かったです。



自分だけで作る電子出版を今後も行い、

紙の本にする際には出版社にせりにかけてみたい。

どこまで本気なのかわかりませんが、

そんなお話も。

実に濃い、90分でした。



【本日のAmazon】

・『声優魂』2位。

2015年3月24日 (火)

他社編集者さんと酒を飲みまして

先日、他社編集者さんと夜、酒を飲む機会があり、色々話したのですが、その会社ではかなり数字を重視するらしいです。
黒字にできない編集長は交代させるし、売上の悪い編集者は部署異動に。
ひええ。と思ったのですが、企業としては当然、というか、普通なのかも。
「いい本を作っているから数字なんか気にしない」という考え方もありますが、そしてそれを否定するわけではないのですが、出版社も企業ですから、黒字は出さなくちゃならないわけで。

従来の考え方や仕事の進め方(例えば会議のやり方とか)見直してみるべきなのかもしれません。
少なくとも、いま黒字を出してない編集部と編集者(含む私)は、仕事のやり方を見直すべき。と思うのでした。

2015年3月22日 (日)

【ランチ日記】ととこ






週刊文春の[食味探検隊」というコラムに、たまに会社近辺のお店が紹介されることがあります。
今週号を見ていたら、何だか見たことのある看板が。
よくよく考えたら、これ、新御茶ノ水駅から自社までの途中にあるお店で、毎朝見ている看板でした。
入ったことはなかったので、先日行ってみました。
ランチの日替わり定食、酢ラーメンにサラダ、ゆで卵、さらにご飯がついて、たしか1080円。
ラーメン、美味しかったです。
カウンターメインのお店で、けっして大きくはないのですが、居酒屋としてもかなりよさそうなお店で、これは夜に再訪しなくては。と思ったのでした。

ととこ
千代田区神田小川町3−10−9

【本日のAmazon】
・『ゼロベース思考』気になる。

2015年3月21日 (土)

恥ずかしい話

このブログ、土日は閲覧数がぐっと減ります。
まあ、平日もそんなに多いわけではないのですが。

というわけで、恥ずかしい話、失敗の話を書きます。
今後の、自分への戒めということで。

いま、あるイベントの準備に動いてます。
先日、ようやく日程が決まりました。
著者2名が登壇するので、折り合いのつく日程がなかなか決まらず…。

次の段階として開催場所を探しているのですが、
場所がないのです。
書店さんで、と思っていたのですが、
最適と思っていた書店さん、イベント当日は別のイベントがすでに入っているそうで…。

このままだと、自社の会議室で、ということになりそうなんですが、
キャパシティ的に難あり。です。

で、今回、このように苦しんでいるのは、私の行動が遅かったから。
そこが恥ずかしく、失敗なのです。

日程が決まったのは火曜の夕方。
水曜は私用で会社を休みましたが、
それでも、その次の木曜朝から会場の件で動いていれば、
たぶん書店さんのスペースが確保できたはずなのです、
どうやら、書店さんのその日のイベントが決まったのって、
かなりタッチの差だったらしいので。

さかのぼって考えれば、著者2名に登壇してもらうとしたから
日程がなかなか決まらず、その分出遅れたわけですが、
出遅れたなら出遅れたなりに、
その後でスピードを出せば良かったわけで。
自分の仕事の遅さを、改めて反省してます。
これからは、拙速と言われるくらいのスピード感で
仕事しなくちゃ。

このイベント、本当にできるのかなあ。

【本日のAmazon】
・『運を支配する』2位。

2015年3月20日 (金)

1931 『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』がネットニュースに!

Img_0783

『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』
をネットニュースで紹介していただきました!

「人気コンサル17年の結論“結果を出せるビジネスマンはネクタイが違う”」
です。
よろしくお願いします。

人膨張ランチ日記を書こうと思っていたのですが、
上記のほうが緊急性がありますので。
ランチ日記は来週にでも。

【本日のアマゾン】
止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』講談社なのね。

2015年3月19日 (木)

眠気対策

今日は猛烈に眠かった…。

わが子が午前5時半に起きたので、
それに合わせて起きることに。
奥さんも5時過ぎに起きてましたが、その後、二度寝。
私は二度寝する暇もなく、通常出社。
その分、眠かったわけで。

眠気対策、皆さんは何をしてます?
私の場合、

・顔を洗う
・珈琲を飲む
・炭酸(ダイエットコーラなど)を飲む
・電話に出る(知らない人と喋る)

といったことをしているんですが、
今日はそれでも足りず、
・甘いものを食べる
ということをしてました。
これでまた、太ってしまうわけで。

眠々打破というドリンクがありますが、
私、あれは全然効かないのです。

思い切って、個室で寝たほうがいいのか…。

【本日のアマゾン】
・『たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-』気になる。

2015年3月18日 (水)

舞台にタイムマシンはよく似合う





先日、池袋で演劇集団キャラメルボックスの「クロノス」を見てきました。
この前見たのは「パスファインダー」。つまりこの劇団、二つの芝居を日替わりで(日によっては昼と夜)上演しています。
どちらもクロノスジョウンターというタイムマシンが出てくる話なのですが、スタッフさんは大変だろうなあ、と思います。そして、科学者役でどちらにも出ている役者さんもいるわけで。
それはそれとして、今回見た「クロノス」は、タイムマシンにして悲恋ものでして、グッときます。ひとりで見に行ったんですが、近くのOLさんらしき女性が号泣してました。
お芝居とタイムマシンものって、相性がいいように思います。
生のお芝居は本やビデオと違って時間を巻き戻せません。それが、時間の流れを否応なく意識してしまうタイムマシンのテーマに合っているのではないか、と。
その点、本はどんなテーマと相性がいいのでありましょうか…。

【本日のアマゾン】
・『荒木飛呂彦の漫画術』1位。

2015年3月17日 (火)

【神保町喫茶店巡り】ミロンガ




昨日まで鹿児島に短期帰省していたわけですが、今日からまた神保町でお仕事です。
神保町と申しますと、古本の街でありカレータウンであるわけですが、喫茶店の名店も多いのです。本を買ったあと、珈琲を飲みながらその本をパラパラめくる、そういう人が多いんでしょうね。
近々、他社編集者さんたちと神保町で打ち合わせをすることになりまして、喫茶店に詳しい後輩に教えてもらったのが、ミロンガ。
(ちなみにこの後輩、AKB情報にも非常に詳しく、秘かに大師匠と呼んでいるのですが、それはまた別の話)
打ち合わせに使う前に一人で入ってみたのですが、確かにここはいいですねえ。
打ち合わせにも使えるし、一人で本を読むのにもいい。ちょうどいい感じに雑然としていて、落ち着くのです。
店員さんの感じもいい。
そして、これはごくついでの情報ですが、店員さんたち、感じがいいだけでなく、綺麗。
というわけで、今後も使いたいと思います。
ご飯もののメニューが少ないみたいで、それだけ気になりますけどね。
余談ながら、ミロンガのすぐ近くにあるラドリオ。ここも神保町喫茶店の老舗です。

3月単行本新刊が朝日新聞に

今朝、つまり3月17日の朝日新聞に、3月新刊の宣伝が載っています。
よろしくお願いします!


2015年3月15日 (日)

鹿児島に来てます。

昨日から、鹿児島に来てます。仕事が一段落したので。というわけで、昨日は鹿児島空港名物の足湯に入り、今日は鹿児島中央駅すぐそばの紀伊国屋書店さんに行きました。
とても混んでいる駅ビルの中にあるせいか、若い人たちがたくさんいました。いい街だなあ。





2015年3月12日 (木)

国会図書館に行ってみました。






今日は、国会図書館に行きました。
かなり久しぶりで、カードの使い方など、だいぶ変わってました。
基本的に、本の貸し出しやコピー依頼など、パソコンでできるんですねえ。
マイクロフィルムを借りてその画像を見る、というのも初めて行いました。面白かったなあ。
こういう作業、意外にも好きなのかも。
雑誌も借りられるので、時間のある時に古い雑誌を見てみたいです。
写真は国会図書館の外観と、
国会図書館の入り口から見えた国会議事堂。

【本日のアマゾン】
…は、ありません。いま、地下鉄で移動中でして。

2015年3月11日 (水)

一生懸命つくらなくては。


本づくり、面倒だなあと思うこともあります。

本の売れ行き、思っていたより悪いなあ、ということもあります。

それでも、好きな仕事を続けられるのだから、

愚痴や不満を言っていてはバチが当たる。



3月11日が来るたびに、そう思うのです。

一生懸命、いい本を作らなくては。



というわけで、ここからいきなり宣伝になってしまうのですが、

つい先日まで編集をしていた本が、書店に並び始めました。

私なりに、「いい本」にしたいと思い一生懸命作りました。

(あくまでも主観的には、ですが)



『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』というタイトルです。

著者は、放送作家にして戦略的PRコンサルタントの野呂エイシロウさん。

23年間「一流の人」と至近距離で仕事してきた野呂さんの結論を、

1冊にまとめていただきました。



一流の仕事人は、自分の見せ方に徹底的にこだわります。

自分の時間にもこだわるし、勉強にも貪欲です。

そんな彼らのまねをするだけで、仕事はドンドン大きくなっていきます。

いわば、野呂さんが仕事の現場で学んできた、

最短距離で最大の評価を得る「正しい努力」のやり方です。



例えば、



●服を変えたらギャラが40倍になったのはなぜか

●オーダーメイドより吊るしのスーツを買うべき、これだけの理由

●野呂流「ちぎって読む」読書術とは?

●なぜ便箋にわざわざ自分のメールアドレスを書き込むのか

●万能機具は、使う人を無能に見せる

●ビニール傘で自宅の傘立てをいっぱいにしていたら運気が落ちる

●フェイスブックにドンドンアップすべき写真とは?



といった内容です。



というわけで、

『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』

よろしくお願いします!




2015年3月10日 (火)

キャラメルボックスはここまでやっている!

会社帰りに、池袋のサンシャイン劇場で演劇集団キャラメルボックスの新作「パスファインダー」を観てきました。
タイムトラベルものの最新作でして、鉄板の面白さにして30周年の幕開きにふさわしい作品、とだけ書いておきます。いろいろ書きたいのですが、ネタバレになりそうで。
で、内容とは別に、びっくりしたのがカーテンコール。
昨年から撮影タイムという、客席から携帯に限り撮影OKという時間があります。
その写真をツイッターやフェイスブックにアップしてくださいね、宣伝してくださいね。ということなんですが、その時間が進化してました。
これ、ネタバレになるかなあ。
ても、写真見ればわかりますからねえ。

実は、お芝居のある重要なシーンを再現するのです。カーテンコールに。撮影用に。
これ、凄いと思いませんか?
常に進化しなくては。
現状維持じゃダメだわ。
と思ったのでした。

それにしても、昨日はひとり酒、今日は芝居と、
ブログやフェイスブックをしていると何をしているか情報が丸見えなわけで、これを「ドラグネット」というらしいですよ。
(微妙に違う気もする…)





2015年3月 9日 (月)

西大井の居酒屋で

今日はなんだかバタバタしてました。
午前中は丸の内で新企画の打ち合わせ。およそ10年ぶりの著者さんです。この企画、形になるといいのだけれど。
夕方は、田園調布で取材。
こちらは予定通り終わったのですが、ここから西大井までそれほど遠くないことに気づき、西大井へ。
先日、西大井の居酒屋さんに行ったのですが、なかなかいい感じだったので、再訪したのです。
日本酒が美味しく、刺身も美味しく、1時間ちょっとでほろ酔い。まあ、こんな日もあります。というか、飲み会の予定は自分から埋めてくつもりでないといけないのではないか、と。どうせ飲むのなら、自分でコントロールしたいと思うのであります。







2015年3月 7日 (土)

お菓子の城へ

今日は取材で、愛知県犬山市へ。
お菓子の城というテーマパークがありまして、
そこでの取材。
朝10時集合とのことで、午前5時半に家を出ることに。平日より早起きでした。
今回が初めての打ち合わせで、年内に出せればいいなあ、くらいのつもりでしたが、著者さんのご意向で、もっと早くなるかも。それはそれで、ありがたいです。






2015年3月 6日 (金)

NAVERまとめをつくってみた

NAVERまとめというネットサービスがあります。
ツイッターやブログなどなど、ネットのさまざまな情報を集めて紹介する、
というもので、ウィキペディアでは

「NAVERまとめ(ネイバーまとめ)とは、韓国のIT企業ネイバーの日本法人、LINE株式会社が運営する
CGM型Webキュレーションサービスである。様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、
ひとつのページにまとめてインターネット上に公開。アクセス数に応じてユーザーが広告収入を
得られる独自のシステムを展開している。」

と説明してます。
この説明にもありますが、LINE株式会社が運営してるんですね。

で、このまとめ記事、誰でも作成することができます。
3月新刊『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』(野呂エイシロウ著)を
このサービスで紹介するといいんじゃなかろうか。
本の宣伝になるし、ひょっとすると売上につながるかも。
と考えまして、昨日、登録。
ま、要するに本の宣伝になりそうなら、
そしてお金がかからないなら、なんでもやってみようと思うわけでして。

で、この本をまとめる前にためしにやってみようと思いまして、
弊社の文庫新刊をネタに、

NHKの英語講座をフル活用して英語力をアップさせるためのポイント

というのを作ってみました。
画像も何もない、テキストだけの
物凄くシンプルなものですけどね。

画像入れたものも、作ってみますかね。
「なぜ兒玉遥を押さなくてはいけないのか、これだけの理由」とか。

で、来週中には新刊のまとめを作るつもりです。

【本日のアマゾン】
・『株しかない』気になる。
・『エレベーターピッチの達人』96位!

2015年3月 4日 (水)

渋谷駅ホームのラーメンについて考える

あわわ。時間がないので写真だけアップしておきます。渋谷駅ホームの、ラ王のお店とラ王。
ここから、仕事がらみの話に展開する予定なんですけどね。




おっと。
続きを書くのを忘れてました。

このラーメン屋さん、思わず写真にとってフェイスブックにアップしました。
おもしろいから、写真に撮りたい、人に教えてあげたい、
という気持ちになるんですよね。
そして、これが強力な宣伝になるんだよなあ、
と思ったのでした。

私自身、このお店を知ったのは、
自分のフェイスブック上で、「お友達」がアップしたこのお店のラーメンの写真を見たから。

こういう形の口コミ、本でも起こせないかなあ。
と思ったのでした。
もちろん、こういうのって、狙ってできるものではないわけで、
自然に「人に教えてあげたい」と思わなきゃだめなわけで、
そこらへんの方程式なんかないんだろうなあ。
ちょっと考えてみなくちゃ。

2015年3月 3日 (火)

見本本、できました!




本日午前、3月新刊の見本本が編集部にドーンと届きました。

野呂エイシロウさんの最新刊『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事がで

きるのか』です。



書店さんに並ぶのは、来週火曜あたりから、です。

どんな本なのか、ネット書店アマゾンの紹介文をコピペします。



一生モノを買うとしたら、ネクタイ? ボールペン?

スポーツジムに行くなら朝? 夜?

オーダーメイドの背広、形状記憶シャツ、ビニール傘……NGはどれ?



23年間、「一流の人」と

至近距離で仕事してきた結論です。



CEOの「ワードローブ」と「習慣」を知っているか否か。

それだけであなたの仕事人生が変わる!



スーツ、カバン、手土産、お金、時間管理……

最短距離で最大の評価を得る正しい努力、知ってますか?





●服を変えたらギャラが40倍に

●ビジネスマンのスーツは宇宙飛行士の宇宙服だ

●ネクタイは月に3本は最低買い足す。そして買った同数を捨てる

●一流の人にとって、マイ靴ベラは必需品

●オーダーメイドより吊るしにすべきこれだけの理由

●野呂流「ちぎって読む」読書術

●なぜ便箋にわざわざ自分のメールアドレスを書き込むのか

●「情熱大陸」の取材が入ったと思って行動しよう

●フェイスブックには自分撮りをどんどんアップする



超一流の人のマネをしたら、ビジネスが大きくなった!

努力した人がそれだけのものを得るのがビジネスの基本です。

ただし、「努力」というのがクセモノで、

ただ闇雲に頑張っているだけではダメなのです。

真に成功している人たちには、独特の「一流感」が存在します。

そしてペーペーのうちから自分を一流に近づけようとしている人たちもいて、

彼らはやがて確実に頭角を現わしていきます。それが正しい努力なのです。

そのことに気づいたボクは、早い時期から一流の人のマネをしてきました。

コンサルタントを始めてからは、財界の一流の人たちとの交流も増えていきました。

そんなボクが見てきた一流の人たちのノウハウをみなさんにお伝えして、

一緒に少しでも成長していこうというのが本書の狙いです。(1章より)



よろしくお願いします!



【本日のアマゾン】

・『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』本日も1位。

2015年3月 2日 (月)

カウントダウン1日




3月新刊の見本本が、明日3日にできてきます。今回は予定通り。よかったあ。
(いつもは…?)
放送作家にして戦略的PRコンサルタント、野呂エイシロウさんの最新刊、
『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』です。

この本の話は、改めてするとして。

今朝は慶應大学に直行、8時半には三田キャンパスにいました。
ちょっと先、たぶん来年の本の取材であります。
来年ですから、まだお原稿としては一字もできてませんが、
本のイメージはじわじわとできてます。

それにしても。
明日は最新刊の見本本が編集部に到着するわけで、
そっち関連の仕事あれこれが待ってます。
来年の本の仕事、今日できてよかったです。

それにしても。
三田キャンパスに行く途中、東京タワーが見えるんですね。
これは気分がいいわ。

【本日のアマゾン】
・『Amazonに勝てる絶対ルール』ちょっと気になる。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »