最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第2000回に思うこと | トップページ | 2002 業界紙によるベストセラーの分析 »

2015年6月27日 (土)

2001【本】『脳はどこまでコントロールできるか?』




さてさて。2001回目の記事であります。

ブログも初心に戻って、書くことにいたします。

そもそもこのブログ、週に1回は仕事の状況の報告をし、

週に1回は読んでいる本のことを書き、

そして仕事のヒントになりそうなことや、

セミナーのことを不定期に書いて行く、というのが基本パターンだったわけで。

初心に戻って、最近読んだ本の感想を。



『脳はどこまでコントロールできるか?』

著者は脳科学者の中野信子さん。

私、よく知らないのですが、テレビにもよくご出演されてるらしいですね。



妄想が大事であることを脳科学の立場から論じた本です。
気になったところを書き出してみます。



「意志力と妄想が相反している場合は、妄想のほうが勝ってしまう」

「実力のある人ではなく、確信のある人がリーダーになる」

「教科書を100回読むより、問題集を3回こなすほうが効率がいい」

「脳内でセロトニンを作るスピードは、男性が女性よりも52%速い」



実は、この本の中でもっとも印象に残ったのは、

脳とダイエットの関係。

痩せやすい生活スタイルを身につけるには、

「動いていることが楽しい」と脳に思わせるのが一番効果的。

電車の中では、座っているより立っているほうが、

車内がよく観察できるし車内の風景もよく見えて楽しい。

こういう風に考えるらしいです。

ふむふむ。



【本日のAmazon】

・『めし屋の親父 60歳からの挑戦』1位。ん?


« 第2000回に思うこと | トップページ | 2002 業界紙によるベストセラーの分析 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/60537407

この記事へのトラックバック一覧です: 2001【本】『脳はどこまでコントロールできるか?』:

« 第2000回に思うこと | トップページ | 2002 業界紙によるベストセラーの分析 »