最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« エンターテインメントのお手本としてのキャラメルボックス | トップページ | こうすると、ツキが逃げるらしい »

2015年6月 3日 (水)

あえてアナログで




仕事が一段落したので、

弊社ホームページ内の文庫ブログや

編集部アカウントのフェイスブックを更新してました。

これらは私の中での優先順位がどうしても低いので、

仕事がバタバタしてくるとついつい更新し忘れるのですが、

文庫ブログ、先月は1回しか更新してない、という衝撃の事実に気づきまして。



今月はもう少しまじめに取り組みたいと思います。



ま、先月はこのブログすら、更新がなかなか出来ませんでしたからね。



というわけで、小一時間ネットの作業をしてましたが、

今年はリアルの活動もやらなくては、と思ってます。



具体的には、手紙をまめに出す。

(と言いつつ、これも最近サボリがちなんですが)



そして、人にはできるだけ会いに行く。

もちろん、状況によりますが。



そういうわけで、今朝はデザイナーさんの事務所へ。

6月新刊『わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由』の装丁をお願いした方です。

見本本をお持ちしたのです。



いつもだと郵送するのですが、そしてそれで全然問題無いと思いますが、

今回、最初からずっと電話とメールのやり取りで、

直接お会いする機会がなかったので、

せめて見本本は直接お持ちしよう、と思ったのです。



そういう、直接人に会う機会。

ネットでなんでもできる今だからこそ、

大事にしたいと思います。



ま、どこまでできるか不安ですけどね。



【本日のアマゾン】

・『SAPEURS - Gentlemen of Bacongo』が45位、

『フランス人は10着しか服を持たない』が46位、

という並びが、偶然だが面白い。

« エンターテインメントのお手本としてのキャラメルボックス | トップページ | こうすると、ツキが逃げるらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/60241465

この記事へのトラックバック一覧です: あえてアナログで:

« エンターテインメントのお手本としてのキャラメルボックス | トップページ | こうすると、ツキが逃げるらしい »