最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 昨年10月に出た本が再び売れている理由 | トップページ | 2001【本】『脳はどこまでコントロールできるか?』 »

2015年6月26日 (金)

第2000回に思うこと

パソコンからブログを書く場合は、管理人ページから書き込むわけですが、
その表示によりますと、本日2000回目、らしいです。
へえ! と自分がビックリしてます。
最初の記事を見てみたら、2009年7月5日でした。
ということは、ほぼ6年かかったことになります。
365×6=2190だから、書かなかった日は約190日。
他の日は真面目に書いていたのかあ。

正直、最近の更新頻度は落ちてます。
これ、たうん理由が2つあるのです。

ひとつは、ここに書くほどのネタがない。
つまり、インプットしてないのでネタがない。

もうひとつは、書こう! というモチベーションになかなかならない。
これは理由がはっきりしてまして、担当本が最近、売れてないのですよ。
そんな編集者が、偉そうにブログなんて書いている場合か、
という思いが心のどこかにあるわけで、
モチベーションが上がらない。

ただ、そうはいっても6年間続けていることなので、
書かなかった日は正直、気持ちがよくない。
(酔っぱらってしまってそんなことを思い出さない日もありますが)

それに、ごくたまにですが、「読んでますよ」と言ってくださる人もいて、
そういう時は気分が盛り上がります。
以前、ひすいこたろうさんの本を担当させていただきましたが、
そのとき、「このブログで、編集者の本に対する思いが伝わってやる気になった」
といったことを言ってくださって、この時は猛烈に嬉しかったです。

そういうわけで、まだしばらくは、続けたいと思ってます。

出版業界、これからも厳しい状態が続くと思います。
その変化を、編集者の視点で記録するブログがあってもいいかも。
とも思うのですよ。

で、話が戻りますが、担当させていただいている本、
本当に、売れないのですよ。
最近は、売れる本の作り方がわからなくなった、と申しましょうか、
正直、迷走しつつあるような。

こんな時は、売れている本を作っていた頃を思い出し、
初心を思い出さなくちゃ、と思うのです。

初心って、たぶん丁寧に作業する、ということだと思います。
最近、丁寧でなくなっていたからなあ。
それに、以前はいろんなものから学ぼうという気持ちが強く、
その分インプットもしていた。
だからブログにアウトプットもできた、という気がします。
日々、もっと謙虚に、周囲から学ばなくては。

その点、後輩としゃべっていて、その丁寧な仕事ぶりに感動することがあります。
ヒントを求めて書店をはしごしたり、
一度決まったタイトルを再度考え直したり。
デザイナーさんからのカバーデザインをいろんな人に見せて反応を確認する後輩もいるし、
ネットの情報を丹念にチェックしている後輩もいる。
これらのことは、かつて私もやっていたはずなんですが、
いつのまにかやらなくなっていたような。

というわけで、目の前の仕事をもっと丁寧に、
やっていきたいと思います。

うへ。
長文かつ暗い記事になってしまいました。
次の節目は、2500回か、3000回か。
そのとき、もう少し明るいテンションになっているといいんですけどね。

【本日のAmazon】
・『ひとりぼっちを笑うな』ここに来て再浮上?

« 昨年10月に出た本が再び売れている理由 | トップページ | 2001【本】『脳はどこまでコントロールできるか?』 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

himawari様
お言葉、ありがとうございます。
私、形から入る方なので、できるだけ毎日更新することで逆にモチベーションを上げよう、
と思ってます。
楽しいから笑う、でなく、笑うから楽しくなる。というやつですね。
そして、お褒めの言葉、ありがとうございます。
ごく小数の読者の皆さんに、これからも語りかけるつもりで書いていきます。

モチベーションが上がらないのですね。なかなかそこから脱出するのは大変ですね。

自分の書棚を調べましたら、祥伝社さんの本が2冊有りました。「フットコンディショニング」(有吉与志恵)、「あなたの細胞の神秘な力」(ロバート・B・ストーン)です。本の入れ替えをしたりするので、今までにも有ったかもしれません。

いろいろブログは有りますが、こちらのブログのファンになったのはなぜだろうと考えました。それで思ったのは、読む側に歩調を合わせてくれているからではないかということです。こちらの心にスッと入ってきます。

いろいろお考えは有るかと思いますが、たまにでも結構ですが読ませていただけると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/60526437

この記事へのトラックバック一覧です: 第2000回に思うこと:

« 昨年10月に出た本が再び売れている理由 | トップページ | 2001【本】『脳はどこまでコントロールできるか?』 »