最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【本】『おきにいりと暮らすABC』 | トップページ | こんなところで総選挙 »

2015年7月11日 (土)

2015 返事って難しい

仕事関係の方から聞いた話です。
ある新人著者さん、他社さんから先月本を出したのですが、
「売れ行き好調で,来週、重版の検討に入るそうです。第2弾の可能性もあります」
とおっしゃっているそうです。

大変失礼ながらそんなに売れている感じがしないので、パブラインを調べてみました。
パブラインというのは、このブログでも何度か書いてますが、
紀伊国屋書店チェーンの売れ行きデータのことです。
他社さんの本の売れ行きも,簡単に調べることができます。
で,調べてみたら、やはり、かなり低い数字。
少なくとも、小社だったら重版はとても無理。
その他社さん,たまたま知り合いがいるのでこっそりメールで聞いてみたのですが、
やっぱり、リアル書店の数字が厳しいとのこと。

あ。大急ぎで強調しておきますが、
本の売れ行きはパブラインですぐわかるんだから嘘をついてもダメ、
ということを言いたいのではないのです。まったく、ないのです。

その新人著者さんはたぶん、本当に売れ行き好調と思っているのだと思います。
ではなぜそう思ったのか。
担当編集者の返事を、自分に都合良く誤解したのだと思います。

出版社に売れ行きのことを質問したら、たぶん担当編集者さん、
「ネットのほうでまずまずの売れ行きですね。もうちょっと数字を見た上で、
重版できるかどうか検討してみます」
といった返事をされたんだと思います。
というか、私だったら多分こんな返事になると思うのですが、
そして私の中ではかなり厳しい数字ですよ、
と言っているつもりなんですが、
これ、聞きようによっては上記のような誤解を与える可能性がある。
と思ったのでした。
返事って難しい。

逆のパターンもあると思います。
編集者が他社の売れ筋の著者さんに新企画を提案した場合、
「出版企画がたまっていて当分無理です」
と言われることが多いのですが、これって、
「とりあえず、新しい出版社とはやりたくない」
という気持ちの婉曲表現の場合もあるような。
それだと、あっさり引き下がるのは残念な気がしますが、
本当に仕事がたまっていたら、うるさいと悪印象を与えてしまうかも。
やはり、返事って難しい。

【本日のAmazon】
・『心を整える 高野山のお経CDブック』これもアスコムなのね。

« 【本】『おきにいりと暮らすABC』 | トップページ | こんなところで総選挙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/60706198

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 返事って難しい:

« 【本】『おきにいりと暮らすABC』 | トップページ | こんなところで総選挙 »