最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日からできる机周りカイゼン | トップページ | デザイナーさんお二人の対談 »

2015年7月 8日 (水)

2012 【本】『細田守の世界』

Img_1343

会社の同僚が作っている本、読みたいのがいろいろあるのですが、
(そりゃまあ、そうですよね。企画会議の段階から知ってるわけですから)
他にも読まなくちゃいけない本があるので、なかなか読めないのが現実です。
そんな中、見本本をもらってすぐに読み始めたのが、
『細田守の世界』
弊社から発売中です。
細田守さんといえば、「おおかみこどもの雨と雪」や「サマーウォーズ」などで知られる、アニメ監督作品。
私自身が細田さんの作品が好きで、11日から始まる新作「バケモノの子」も、
当然見に行く気になってます。
その新作公開にあわせての新刊『細田守の世界』。
読まないわけにはいきません。

細田作品のガイドブック的な内容で、
いわば細田ワールドの初心者でも楽しめるようになってますが、
もちろん、細田さん大好きという人にも、楽しんでもらえる中身になってます。

この手の本というのは、細田作品なら細田作品をより深く楽しむための
「補助線」を提供するものだと思ってます。
その点で、「サマーウォーズ」における食事シーンの見方とか、
朝顔の使い方などなど、気にしなくてもいいけれど、
知っているとぐっと作品が楽しくなる、そういう補助線を提示してます。

そして、読み進めるうちに、細田作品そのものが現実社会をよりよく生きるための
補助線的意味合いを持っているのではないか、という気がしてきたのでした。

とりあえず、「時をかける少女」。
猛烈に再見したくなりました。

ところで。
本書のところどころに、アニメの1シーンが掲載されてます。
近くのお原稿とリンクしている内容のシーン。
これ、さり気なく入ってますが、編集的にはかなり大変な作業だったのではないか、と。
少なくとも、私だったら途中で「きいい」となっていたと思います。

細田作品が大好きな人はもちろんですが、毎日の生活になんとなく閉塞感を感じている人にも、何かしらのヒント1冊ではないか、と。

【本日のアマゾン】
・『宮脇咲良ファースト写真集 さくら』1位。なんですと!


« 今日からできる机周りカイゼン | トップページ | デザイナーさんお二人の対談 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/60665827

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 【本】『細田守の世界』:

« 今日からできる机周りカイゼン | トップページ | デザイナーさんお二人の対談 »