最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 大人気の焼き鳥屋さんに行ってみた | トップページ | ひなたなほこさんのライブに行ってみた。 »

2015年8月13日 (木)

2047 映画の第2弾と本の第2弾は違うのね

Img_1475


先日、夜中にテレビを見始めたらそれがかなり面白く、
結局最後まで見たので寝不足になってしまいました。
「日本国内歴代総合興行収入ランキング」1位から30位までを当てる、
というものです。
こんなもの、ネットで調べればすぐ分かるんですが
クイズ形式にされると、ついつい見ちゃうんですね。

書籍の帯ネームも、部分的に虫食いにしたら面白いかも。
といったことはさておき。

寝不足になるだけではもったいない、
ブログのネタを1個くらい見つけなくては。
と思って見ていたら、ありました。ブログのネタ。


私には、
「映画と本は宣伝の仕方が似ている。口コミこそ最大の宣伝である」
という持論があるのですが、
タイトルを細かく見ていたら、本と映画、決定的に違うところもあるんですね。


というわけで、「日本国内歴代総合興行収入ランキング」の1から30位です。
念のため左から順位。興行収入(億円)、タイトル、公開年、となります。

この30本をよくよく見ると、出版業界とは異なる点が見えてくる。
と思うのですよ。

1 304.0 千と千尋の神隠し 2001
2 272.0 タイタニック 1997
3 259.2 アナと雪の女王 2014
4 203.0 ハリー・ポッターと賢者の石 2001
5 196.0 ハウルの動く城 2004
6 192.1 もののけ姫 1997
7 173.5 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 2003
8 173.0 ハリー・ポッターと秘密の部屋 2002
9 163.5 E.T. 1982
10 156.0 アバター 2009
11 155.0 崖の上のポニョ 2008
12 142.0 アルマゲドン 1998
13 141.1 ジュラシック・パーク 1993
14 137.0 ラストサムライ 2003
15 135.0 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 2004
16 132.6 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 1999
17 118.0 アリス・イン・ワンダーランド 2010
18 116.4 風立ちぬ 2013
19 113.1 インデペンデンス・デイ 1996
20 110.0 ファインディング・ニモ 2003
21 110.0 マトリックス リローデッド 2003
22 110.0 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 2005
23 109.0 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 2007
24 108.0 トイ・ストーリー3 2010
25 103.2 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 2004
26 100.3 南極物語 1983
27 100.2 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 2006
28 98.6 ロスト・ワールド 1997
29 97.8 ターミネーター2 1991
30 97.0 ミッション・インポッシブル2 2000

…お分かりになりましたか?

シンプルといえばシンプルな答えなんですが、
出版業界では、パート2や3が1作目よりも売れることは、
まずありません。
ベストセラーの第2弾って、ものによっては前作の半分も売れないことも。

ところが。
映画の場合は、パート一はそうでもないのに2位が売れている、
ということがしばしばあるのですね。

「踊る大捜査線」も「トイ・ストーリー」「ミッション・インポッシブル」
「マトリックス」も、1作目よりもその後の作品がヒットしてます。
場合によっては1作目が入っていないことも。

これはいったいどうしたことなんでしょう。

残念ながら、答えの持ち合わせがないのですが、
例えば、1作目を見た人が2作目の口コミをバンバン行った。
あるいは、1作目がそれなりにヒットしたから、映画会社が宣伝を大きく展開できた。
あるいは、映画館では1作目を見なかったけれどビデオで見た、という人たちが2作目を待っていた。

出版業界だったら、シリーズ1巻目を文庫にして新しいファンを増やしておいて、
その段階で第2弾を、という流れでしょうか。

興味深いなあ、と思ったのでした。

…深夜テレビから記事1本、作ったぞ。
(長すぎるわ)

【本日のアマゾン】
・『最速でおしゃれに見せる方法』スピードが必要なのか。
・『無敵の経営』気になる。
・『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』幻冬舎はこういうタイトルがうまいなあ。

« 大人気の焼き鳥屋さんに行ってみた | トップページ | ひなたなほこさんのライブに行ってみた。 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/61158279

この記事へのトラックバック一覧です: 2047 映画の第2弾と本の第2弾は違うのね:

« 大人気の焼き鳥屋さんに行ってみた | トップページ | ひなたなほこさんのライブに行ってみた。 »