最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【神保町ランチ日記】クラフトビアーマーケット | トップページ | 動線としてのQRコード »

2015年11月28日 (土)

2141 編集長の教え

先日、小社の大先輩二人と酒を飲みました。
二人ともすでに会社をお辞めになってますが、
私が文庫編集者にいた頃の、
最初の編集長と二人目の編集長です。

というわけで、編集長の心得を聞いてみました。
私にしては珍しく,酒を飲みながらメモも取りましたので、
それを見ながら振り返ってみます。

「企画会議の資料はもらうこと」

これは、企画会議で気になった著者候補は、
その企画そのものは会議でボツになったとしても、
企画を出した人から資料をもらっておくこと、
そこからまったく新しい企画ができることもあるのだから、
という教えです。

「新聞宣伝を意識したネームをつくる」

ネームというのはいわゆるキャッチコピーのことです。
本の帯に印刷されているフレーズですね。
これを、新聞宣伝になることを意識して考えるように、
という教えです。
なるほど! といたく感心したら、
「何度も教えただろ」
と怒られました。
いやあ、記憶にないんですけど…。

「帯ネームは3案つくろう」

これも上記同様、キャッチコピーに関する教えですが、
帯に使うキャッチコピー(ネーム)は非常に重要だから、
3パタン考えるように。
それだけ、視点の異なるキャッチコピーをつくることが大事、
ということなんですが、これ、最近は徹底できてないなあ。

で,最後のメモが

「ぐずぐずの中にも真実がある」

…これ、何だかかっこかっこよさげなフレーズなんですが、
どういう意味なのか、思い出せません…。
まあ、あれですよ、ぐずぐずの中にも真実があるんですよ、たぶん。

【本日のアマゾン】
・『超日本人の時代 お花畑からの脱却 』このカバー、気になる。

« 【神保町ランチ日記】クラフトビアーマーケット | トップページ | 動線としてのQRコード »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/62723797

この記事へのトラックバック一覧です: 2141 編集長の教え:

« 【神保町ランチ日記】クラフトビアーマーケット | トップページ | 動線としてのQRコード »