最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« クリスマスツリーが | トップページ | 同僚の仕事を見ていて »

2015年11月21日 (土)

笑え、書店員





業界紙「新文化」の人気連載「こじらせ系独身女子の新井ですが」を読んでいたら、

印象的な文章が。

その一部だけ紹介するのは危険かもしれないのですが…。



「売れないのは誰のせいだ。作家か? 出版社か? いやいや、案外てめぇのせいかもしれないぞ? 笑え、書店員。本が売れないと嘆く前に」



新井さんが使っているコンビニの店員さんが、

お客さんのいないところでとんでもない失敗をしてしまい、

ものすごくショックを受けていた。

しかし、数時間後,そのコンビニに行ってみたら、

店員さんが笑いながら接客していた。



という文章があって、その直後、今回の締めとして、

上記の文章が来るのです。



ひょっとすると誤読かもしれませんが、



「本が売れないと泣いていても仕方がない。

むしろ、そんな姿を見せることで負のスパイラルになってしまう。

お客さんの前ではにこやかに、元気に振る舞おう」



ということを言いたかったのではないか、と。



出版社社員もまさにそうなんです。

本が売れないと泣いてても仕方がないし、

お客さんには関係ない。

むしろ、そんな編集者の担当本なんて読みたくない、

と思われるかも。

対外的には、やせ我慢かもしれませんが、

明るく振る舞おう。

会社でも、しかめ面ではなく、

にこやかに振る舞おう。



最近、某劇団のトップのメールマガジン(正確には、クローズドの会報的なもの)

を読んでいるのですが、そこには、観客動員数などの、かなりシビアな数字が出てきます。

まあ、私は専門外なので、それがどれだけシビアなのか、

あるいは逆に楽観的なものなのか、わかってませんが。



で,その一方で,フェイスブックやツイッターなどでは、

そういうシビアなことはまったく触れず、

劇団のことを極めて楽しげに綴っています。



私も、編集部アカウントのフェイスブックやツイッターでは、

明るく振る舞おうと思います。

で,その反面のシビアなことは、

読者の少ないこのブログ(←言っちゃったよ,この人)

で、書いていこうと思います。

笑え,編集者。



【本日のアマゾン】

・『ノラや』ランクイン。ん?


« クリスマスツリーが | トップページ | 同僚の仕事を見ていて »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/62620001

この記事へのトラックバック一覧です: 笑え、書店員:

« クリスマスツリーが | トップページ | 同僚の仕事を見ていて »