最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 忙中閑あり、芝居見物 | トップページ | 年賀状を投函した朝 »

2015年12月23日 (水)

【本】『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』

先日参加した土井英司さんのセミナーで、
猛烈な勢いで売れている新刊、ということを聞き、
慌てて丸善で購入、読みました。
『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』というタイトルです。
テレビドラマ「女帝」「特命係長只野仁」などの脚本を執筆した、
旺季志ずかさんの初めての著作。
キャッチコピーにある通り、
「ワクワクして、勇気が湧いて、しかも涙がこぼれる」ストーリーです。
主人公のキラは、青い髪に生まれた少年。
彼と、クラスメイトのリクが、願いを叶えてくれる「七つの石」を集める、
という冒険譚。
謎の老師やドラゴンが登場したり、どんでん返しがあったり。
ジャンルとしてはファンタジー小説になると思いますが、
「自分には無理、と思える壁を乗り越えたい」
「自分を変えたい」
と思っている人に、そのやり方を教える自己啓発の本としても読めます。
そして、この本が売れているということは、
そういう人たちが今の日本には多い、ということなんでしょうね。
サブタイトルにある通り、「自信が湧き出す」1冊です。
カバーの青色がとても印象的ですが、
めくると、海を思わせるデザインになってます。

【本日のアマゾン】
・『自分を変える習慣力』ふむふむ。

« 忙中閑あり、芝居見物 | トップページ | 年賀状を投函した朝 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/63118266

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』:

» 臆病な僕でも勇者になれた七つの教え [こんな世界だからこそ本音を]
臆病な僕でも勇者になれた七つの教え 旺季志ずか (著) ワクワクして、勇気がわいて、 しかも涙がこぼれる。 テレビドラマ界の大人気脚本家がはじめて放つ、 最高の冒険ファンタジー小説が誕生。 青い髪に生まれ、「バケモノ」と呼ばれる少年、キラ。 失意のなか、森で出会った老師に導かれ、 どんな願いも叶えるといわれる 「七つのストーン」を集める冒険に出る。 そこで...... [続きを読む]

« 忙中閑あり、芝居見物 | トップページ | 年賀状を投函した朝 »