最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の23件の記事

2016年3月31日 (木)

お花見

昨日は印刷所さんに渡す原稿のお仕事があって結構バタバタしていたのですが、その合間を縫って桜を見に行きました。
会社のすぐ近くに靖国神社と千鳥ヶ淵があるものですから、行かないのはもったいない。
桜、まだ満開ではありませんが、人は多かったです。
で、夜は虎ノ門でお酒。
濃い会だったなあ。




2016年3月29日 (火)

赤羽雄二さんの講演会、やります。

Img_2409


赤羽雄二さんの新刊『もうこれで英語に挫折しない』、
早いところだと明日から、書店さんに並びます。
まあ、31日からというところが多いと思いますが。

そんなわけで、パネルを作りました。
書店さん店頭に、置いていただけるといいんですが。

そして、八重洲ブックセンター本店さんで、
出版記念講演会を行います。

八重洲ブックセンター本店にて、4月4日(月)午後7時~です。
詳しくはこちらをご覧ください。


【本日のAmazon】
・『朝長美桜 ファースト写真集 日向』いつの間にか20位に。
・『1週間で8割捨てる技術』ちょっと気になる。

2016年3月28日 (月)

新たなるカウントダウン

赤羽雄二さんの新刊『もうこれで英語に挫折しない』が、いよいよ今週、書店さんに並びます。
イベントもあれこれ用意してます。
で、ついつい目先の仕事に追われて4月末発売の次の新刊の作業が遅れていたのですが、今日の夕方、スケジュールをチェックしてみたら、かなりやばいことになっていることに気づきました。遅すぎですが。
私はともかく、著者さんにもかなり厳しいスケジュールをお願いすることになりそうです。
うう、申し訳ないです。
もう、完全に私の判断ミスなんです。きちんと日程を逆算していたら、少しずつでも作業を進められたはず。著者さんのお作業も、もう少しは楽になっていたはず。
はあ。
反省することが、最近多いです。

2016年3月27日 (日)

()本】『成功を習慣化する3つの記憶』




この本、少し前に読んだんですが、まだ記事にしてませんよね。
横山信弘さんの新刊『成功を習慣化する3つの記憶』

3つの記憶とは、短期記憶、長期記憶,そして外部記憶。
名前のようにすっと出てくる記憶が短期記憶。
そして、目標は短期記憶に入れなくてはいけない。
何度も繰り返すことで、短期記憶になる。
という話です。
この3つの記憶の話、横山さんのセミナーに行くとしばしばお聞きするのですが、
このように本にまとめてもらうと、非常に分かりやすい。

もうひとつ印象に残っているのが、
先送りをしてはいけない、すぐやる習慣を身につけるべし、
という主張。

先送りすると、「いつかやらなければ」という思いが思考のイズになってしまい、
短期記憶に悪影響を及ぼす。
なるほど,と思ったのでした。

【本日のAmazon】
・『文房具図鑑』朝日新聞夕刊に載っていた本だ。
・何だか全体に、少し前の本が出ている。

二度と英語に挫折しない会




今月末刊行の赤羽雄二さんの『もうこれで英語に挫折しない』。
それに連動して、赤羽さんがFacebookで「二度と英語に挫折しない会」グループを作りました。
詳しくは本書に出てきますが、英語に挫折しない方法の一つとして「仲間と勉強しよう。仲間を見つけるのにはSNSが便利」というノウハウが出てきます。
その具体例として、赤羽さんご本人が作ったSNSのグループ、なのです。
英語学習のことや英語に関する情報交換など、さまざまな発信をしていく予定です。赤羽さんご自身も、すでにいろいろ書き込んでます。
赤羽さん、新刊が出る度にこのようなFacebookグループを作っているそうですが、発売前のこのタイミングとしては、今回のグループは非常に参加希望者が多い、とのことです。
売り上げも、そうなるといいなあ。
ともあれ、英語の勉強に興味のある方は、是非ご覧ください。もちろん、無料ですよ。
Facebook内で「二度と英語に挫折しない会」と検索せれば、すぐ出てくるはずです。

2016年3月25日 (金)

ポテトチップス理論

社内ホームページ内に特設サイトを作ることになり、
ここ数日あれこれと悩んでました。
実際に作るのは専門の人で、私は全体のイメージを考え文章や写真を用意するだけなんですが、全体のイメージがなかなかできない。
いつまでもうろうろしていられないので、一昨日の夜、とにかく始めようとA4の紙にサイトのイメージを書き始めたら、意外にもスルスルッと書くことができました。頭のなかに、なんとなくの形ができていたんですね。

その後、別の仕事をやっていて一時中断していたのですが、
昨夜、今度は文章を書くことに。
イメージができているせいか、予想以上に順調に進み、
1時間に4本分の記事ができました。
(1本が短いんですけどね)

というわけで、今日、専門の人にもろもろデータを送りました。
来週には形になるはずです。間に合ったあ。

以前、営業関係の本でお世話になった朝倉千恵子さんが、
「ポテトチップス理論」
というのをおっしゃっていました。

ポテトチップス、食べないままにしておくと存在そのものを忘れ、
賞味期限を過ぎてしまうことがある。
ちょっとでも食べて輪ゴムで縛っておくと、
その存在を忘れることはなく、賞味期限が来る前に食べ終わる。

仕事も、ちょっとでもいいから手をつける。
そうすると、気になってしまい、
締切前に終わらせることができる。

という話だったと思います。

今回のサイトの件はまさにそれ、だと思いました。
A4の紙に書きだしたことで、
次の日に終わらせることができた。

面倒な仕事も、というよりも面倒な仕事だからこそ、
ちょっとでいいから手をつける。
そうすると、意外にスルスルッと終わらせることができる。
と思ったのでした。

というわけで、別件のたまっているワード原稿、ちょっとだけですが読みました。
スルスルッと、行くかな。

…写真は、A4に書きつけたサイトのイメージです。
こんなに雑でも、手を付けたことになるわけで。

【本日のAmazon】
・『銀行員が教える 一生困らないお金の増やし方』あ、これ、知り合い編集者さん担当本だ。

2016年3月24日 (木)

新刊見本本、できました!



新刊、できました。
赤羽雄二さんの『もうこれで英語に挫折しない』。
黄色が目立ってます。
書店さんには今月末ごろから並びます。
そして、この本、イベントが多いのです。八重洲ブックセンター本店での出版記念講演会を皮切りに、ワークショップもやる予定。特設サイトも作ります。
というわけで、見本本ができたんですが、なんだかバタバタしてます。
心地よい緊張感です。

【本日のAmazon】
・五郎丸選手の日めくりカレンダーかあ。

【本】『お金を整える』




2か月連続で英語の本を編集したわけですが、
来月は一転して「節約」の本を出します。

その参考にしようと思って、
サンマーク出版の『お金を整える』(市居愛著)を読みました。
かなり売れているらしいですが、これはたしかに素晴らしい。
本作りの面で、とても勉強になりました。
売れているのには理由がある、と改めて思います。

「整える」がキーワードでして、
お金を貯めるには整えることが必要。
具体的には「財布」「通帳」「冷蔵庫」「手帳」「借金」「お家」「夫」を整える。
ということが冒頭で語られ、その後、各論となります。
つまり、話の流れが非常にシンプルで分かりやすい。

財布なら財布を,どう整えればいいのか。
それが最初に箇条書きで出てきて、
そのあと、それぞれを詳しく説明。
そして章の最後に、財布を整えた人はどれだけ得をしたか。

これをやればいいんです、というのが箇条書きで説明されているので、
とても真似しやすい。
しかも、真似したらこれだけお得なのね、と最後にきちんと説明されている。
じゃあ、やってみよう。
という気分になります。

さらに、これだけ整えるにどれだけ時間がかかるか、
とか、この手続きにこれだけお金がかかるか、
といった説明も。痒い所に手が届く、感じなんです。

こういう本は、読んだあとで、あるいは読みながら、
「やってみよう」
と読者に思わせることが大事だと思うのです。
その点で、この本は「やってみよう」という気持ちに強くなります。
私自身、早速財布を整えました。

財布から夫までの順番も、実に良く考えられた順番だと思います。

というわけで、とても勉強になりました。
私が担当させていただく節約の本、この本をパクるわけにはいきませんが
本作りの精神は参考にさせていただこう!
と思ったのでした。

【本日のAmazon】
・『生きるため選択』朝日新聞「ひと」欄に、著者が紹介されていたなあ。


2016年3月23日 (水)

長澤まさみさんも読んでいる!




長澤まさみさんといえば、映画「海街diary」で存在感を示し、大河ドラマ「真田丸」で重要な役を演じている、今をときめく人気女優さんですが、その長澤さんが今はまっているのが『だし生活、はじめました。』なんですって。
長澤さんのインスタグラムに写真がアップされてました。
もちろん、長澤さんがテレビ番組などでこの本を紹介するなんてことになりましたら、著者の梅津さんともども、スタジオにご挨拶に参上します。来なくていいと言われても、参上します。
というわけで、自分が担当させていただいた本を女優さんも読んでくれている、というのももちろん嬉しいんですが、もひとつ嬉しいことが。
私、インスタグラムってやってないのです。この写真、休みの日に後輩が携帯から送ってくれました。
その心配りが、嬉しいのです。

【本日のAmazon】
・『シャープ崩壊』気になる。

2016年3月21日 (月)

横山さんの日めくりカレンダー








『絶対達成』シリーズなどのベストセラーで有名な横山信弘さん。弊社ではお付き合いがまだありませんが、横山さんのメールマガジンで紹介してくださった弊社の本がネット書店Amazonでバカ売れするなど、お世話になっております。
そんなこともあり、今年1月の横山さんのセミナーに参加したのですが、お土産に日めくりカレンダーをもらいました。(参加者全員の特典です)
ぐっと来る言葉が多いです。
「仕事は皮を剥いたリンゴ」というのは、皮を剥いたリンゴは酸化して食べる気をなくすからすぐに食べないといけない。仕事もすぐに始めないとやる気が落ちます。というお話。
「平面を見続けない」というのは、パソコンやスマホばかり見ていると多角的な視点が手に入りません、というお話。
気をつけなくちゃ。

2016年3月19日 (土)

2日続けてのんびりと

新刊の見本本が来週できてきます。先月に続いて今回も、英語の本です。著者さんは違いますけどね。
というわけで、見本本ができるまではちょっとだけ時間に余裕があるので、昨夜は柏でひなたなほこさんのライブ、今夜は池袋で演劇集団キャラメルボックスのお芝居見物。立て続けに、のんびりしすぎました。
ひなたさんのライブは元気が出てくる歌が多いし、言葉使いの勉強になります。キャラメルボックスのお客さんを楽しませようという思いは、読者を楽しませなくては、という私たちの思いにも通じるような。
いや、まあ、結局どちらも楽しいから行くんですけどね。
というわけで、来週もお仕事、頑張ります。

【本日のAmazon】
・『これから始まる「新しい世界経済」の教科書』ちょっと気になる。





2016年3月18日 (金)

八芳園の勉強会

今朝は月に一度の勉強会。横山信弘さん主催で、白金台であるのです。といっても、この会、名古屋や大阪でも同時に行われてて、横山さんはそっちの会場にいることも多いのですが。ちなみに横山さん、今朝は福岡会場でした。
横山さんのミニ講演が冒頭にあるのですが、今朝の講演によると、

気分を変えることは自分の意思ではできない。
気分を変えるには三つの手段があり、
1 動作 2 表情 3 言葉

とのことでした。
ネガティヴな言葉、口にしないようにしなくちゃ。
そして、この勉強会で得たことを職場で口にしなくては、と思ったのでした。


2016年3月16日 (水)

【神保町ランチ日記】神房

Img_2346


Img_2350


久しぶりに、神保町のランチのお店情報をば。
つまり、久しぶりに美味しいお店を見つけられたのです。
神房、と書いて「じんぼう」。
神保町の厨房、ということでしょうかね。
古書センターノビルの1階、裏側の路地が入り口で、
入ってみると意外に狭いのですが、それが隠れ家っぽくて、
かえっていい感じです。

今週号の週刊文春で、阿川佐和子対談のところに載っていたのです。
今週のゲストは逢坂剛さんで、逢坂さんの神保町の事務所での対談だったそうで
すが、終了後、このお店にお二人で行ったとのことで、気になって調べたら、弊
社のすぐ近くだったのです。


ここって、カレーの有名店ボンディが始めたお肉の店なんですね。
ランチメニューはステーキ、ハンバーグ、ボンディでは食べられないカレーと、どれも気になる
ものばかり。
結局、ハンバーグにしたのですが、美味しかったなあ。肉はもちろんですが、付
け合わせもいい感じで、満足しました。ちょっと高いので頻繁には行けそうにな
いですが、覚えておかなくちゃ。

神房
千代田区神田神保町2?3

2016年3月15日 (火)

ハインリッヒの法則

あ。3日連続で書いてない。まずいなあ。

ハインリッヒの法則、というのがあります。
ウィキペディアによれば、「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。」

ここのところ、仕事で小さい異常が続いてまして、ここできちんと対応しないと軽微な事故、さらに重大事故につながってしまう、と危惧してます。

小さい異常とは、例えば、
社内メールの誤字が増える。
他部署の人との打ち合わせを忘れる。
カラーコピーを取ったことを忘れ、再度コピーする。
といったことです。これが続いたんですよねえ。

仕事がバタバタしていたから、というのが大きな理由だと思いますが、相手にはそんな言い訳は通用しないわけで。
ここらで生活を立て直さなくては、と思います。

メールを送信する前に再度チェックする。
スケジュールをこまめに手帳に書く。
机の上は整理する。
当たり前のことをバカにしないでちゃんとしなくちゃ。

【本日のAmazon】
・『「バカな」と「なるほど」』ちょっと気になる。

2016年3月11日 (金)

広島からフリーペーパーが!



仕事でいろいろしんどいこともありますが、仕事できるだけでありがたいのではないかしら。と今日は思うのであります。
で、そんなこととは別件なのですが。
広島の紀伊国屋書店さんからフリーペーパーを送っていただきました。
これ、写真ではわかりにくいかもしれないのですが、広島愛、書籍愛が溢れていて、とても素晴らしいです。
実は私も寄稿してます。手書き文字で書いていただいてますので、通常より2割ましですけどね。





2016年3月 9日 (水)

2221 宮端さんの講演は凄かった

Img_2334


昨日の記事に書いたとおり、昨夜は元はとバス社長・宮端清次さんのご著書『は
とバスをv字回復させた 社長の習慣』を売りに厚木まで行ったわけですが、本
を売るのは休憩時間なので、それまで、宮端さんのご講演を会場の隅で聞いてま
した。役得ですね。

本ができるまでに、ご本人から直接お話を起きしてましたが、
ご講演を聞くのは、実は初めて。
かなり衝撃を受けました。
何よりも、お元気です。聞いているこちらも元気になります。
たしか、今年で80歳のはずですが、まったくそう見えません。

はとバス、実はかなり深刻な経営危機に陥ったことがあるのですが、
それを救ったのが、都庁役員だった宮端さん。
東京都ってはとバスの大株主なのです。それで、宮端さんが社長になることに。

本を作る時に「凄いなあ」と思ったエピソードがいろいろあるのですが、
ご講演を聞いているうちに、それらを思い出しました。
例えば、「出発するばすに乗り込んで社長自らお客さんに挨拶。4時間で130台」
「月に3回、自腹ではとバスに乗る」…実にもう、現場主義なのです。

そして、印象深いフレーズも公演中にたくさん出てきました。
印象的だったのは、

「トップは退路を断つしかない」
「役に立っている、必要とされている、と思った時に部下はやる気を出す」

うわ。と思って思わずメモしたのでした。
『社長の習慣』、久しぶりに再読しなくちゃ。


【本日のAmazon】
・『広報の仕掛け人たち PRのプロフェッショナルはどう動いたか』気になる。

2016年3月 8日 (火)

厚木で本を売りました。

今日は厚木で、本の販売をしました。
はとバスの元社長、宮端清次さんのご講演があるので、その後で売りまくろうという目論見。20冊持って行って19冊売れました。ありがたいことです。
これが昨日でも、明日でも、時間的にかなり厳しかったのです。今日はうまい具合に仕事がぽかっと空きまして、それほど焦らずに厚木に向かうことができました。

それにしても。
宮端さん、今年で80歳のはずですが、ご講演が熱い。聞いていて元気がでます。やる気になります。
この本、もう一回読まなくては。



2016年3月 7日 (月)

カウントダウン15日

今月末刊行の本を、作っています。
もう少し正確に言いますと、
3月29日に取り次ぎ外車に入れないといけない本です。
で、そのためには1週間前の22日には見本本ができてないといけないのです。
つまり、カウントダウン15日。

そのためには、明日、印刷所さんに全てお渡ししなくてはいけないのですが、
それはちょっと無理のようです、今回。
というか、当初の予定を今あらためて見てみると、
今回の実際の進行は、むちゃくちゃ遅れてます。
明日、すべて渡すどころか、再度やり取りしなといけない。
怖くて、当初の予定をきっちり見てませんでした…。
ううむ。
どこで帳尻を合わせたらいいのか…。
そして、どうしてこうなってしまったのか…。
くうう。
浅草で電気ブランを飲んだのが、ずい分昔のような…。


2016年3月 6日 (日)

電気ブラン







忙中閑あり、という言葉が好きです。

忙しくても無理矢理に時間を作りたい。

で、閑ありと言いたい。



というわけで、先週、強引に浅草に行ってきました。

1月に浅草に行き、数年ぶりに神谷バーで飲んだのですが、

閉店間際であまりゆっくりできず、もう少し早い時間に行きたい、

と思っていたのです。

で、先日、午後8時過ぎに神谷バーへ。

電気ブランを3杯、のんびり飲みました。

本を読みながら飲めたのが、何だか嬉しいのでした。



お店は相変わらず賑わっていて、雑然としてました。

それがいい感じです。

以前よく注文していたラビオリがなくなっていたのが残念でしたが。



今週もバタバタしそうですが、

強引に閑を作りたいと思います。



今日日曜はその分お原稿を読まなくちゃ、

と思っていたのですが、中学の息子に代数を教えることになり、

思わず時間を取られたのでした。



【本日のAmazon】

・『血流がすべて解決する』気になる。


2016年3月 4日 (金)

当たり前のことができてなかった、という話です。

最新刊のカバー候補の感想を、書店員さんに聞きました。
デザイナーさんがいくつかの候補を出してくださったので、それらのどれがよいか、聞いたのです。実際には、小社の販売部員が聞いてくれたわけで、私が直接聞いたわけではないんですけどね。

思っていた以上に、参考になりました。
例えば、棚に入った時のことを考えて、背表紙はこうした方がいい、とか。
斬新すぎるデザインは、書店員の好き嫌いが出て定番にはなりにくい、とか。
端的に言って、その視点はこれまで持ってなかった、と感じました。

ものづくりのメーカーさんにしてみれば、これが普通ですよね、ユーザーの意見を聞くという作業。
この普通のことが、できてませんでした。少なくとも、小社はできてませんでした。もっと、聞くようにしなくちゃ。

ただ、あまりにしつこく聞いちゃまずいですよね、書店も忙しいのですから。その辺の塩梅、考えなくては。
そして、本当ならば販売部経由でなく私が直接書店員さんに聞く。そういうことを聞ける書店員さんとの関係を築いておく。これが本当なんでしようね。
まだまだだなあ。

ともあれ、書店さんの声を反映させた本、今月末にはできます。

2016年3月 3日 (木)

日本経済新聞の効果

『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』(三木雄信著)がネット書店Amazonの「ビジネス英語」部門で1位になりました。
ちなみに、総合でも84位までなったようです。
理由は明らかで、今朝の日本経済新聞で新刊全点の宣伝を打ったのです。
しかし、これだけ明らかにAmazonのランキングが上昇するというのは、珍しいです。
英語学習本と日経新聞の読者層、相性がかなりいいのだと思います。覚えておかなくちゃ。

2016年3月 2日 (水)

パネル、作りましたよ




『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』のパネルを作りました。
浜松町の文教堂さんがこの本を大きく展開してくださる、ということで、作ることに。
で、どうせ作ったんですから他の書店さんでも使ってもらえないかなあ、と販売部にパネルの画像付きでメールしたら、早速4枚、注文が。
これはとてもありがたいです。
パネルを他の書店さんに持ち込もうと思ってくれたわけで。
この流れがさらに加速するように、頑張らなくては。

2016年3月 1日 (火)

朝の神田明神






今日は出社前に、神田明神に立ち寄りました。
秋に出した本の重版御礼と、3月新刊の重版祈願。
ま、つまりは神頼みであります。
それはそれとさして、定期的にこういうところに来るのは、理屈抜きに気持ちいいです。特に朝は。

参拝の仕方が英語と中国語で説明してあって、その辺に時代を感じました。さすがに絵馬の爆買いなんてことはないと思いますけどね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »